夢を叶える!シニアがフィリピン移住する前に考えておきたい4つのこと

シニアのフィリピン移住

最近では、海外へ移住する日本人が毎年増加。中でも会社を退職して海外に移住をするシニア層が特に増えてきています。

夢の海外移住、日本で一生懸命働きリタイア後のびのびと海外で生活をするという素敵な生活です。特にフィリピンは日本と比べると物価がとても安く、セブ島などのリゾート地でも数百万円でコンドミニアウムを購入することができます。しかし、いいことばかりでないのが海外移住です。

今回は海外移住で見落としがちなポイントをご紹介します。

目的にあった移住先を選ぶべき

移住先を選ぶ

海外移住をするとなると簡単には帰国をすることができないですよね。一時帰国をするとなってもあまりにも出入国数が多いとイミグレーションで注意を受けることがあります。

また、移住をしてからではやり直しがきかないこともあるので、「こんなはずではなかった……」となる前に海外生活の目的をはっきりしましょう。

人それぞれ移住先に求めるものは全く違います。

安全な場所・温暖な気候・経済的に安い場所などなどそして、近年、東南アジアが移住先としてとても人気が高いです。

カナダやオーストラリアやニュージーランドなどの自然が豊かな国も移住先として根強い人気があり、「自分が移住をするときに何を大切にしたいのか」これをはっきりすることで国を選ぶ基準がより明確になるのです。

ビザの問題を解決しよう

フィリピン移住時のビザ

海外で住むとなると誰もがぶつかる問題が「ビザ」です。

若いうちは学生として勉強できる「学生ビザ」や海外の文化を勉強できる「ワーキングホリデー」などがありますが、今回の場合は「リタイアメントビザ」が適しているでしょう。

リタイアメントビザとは?

リタイアメントビザとは一定の条件をクリアした方達の永住権です。国により条件は様々です。

現在フィリピンでは35歳以上の方を対象に国が管理する銀行に約500万円以上の預金をしている人を対象に永住権を発行しています。

  1. 35歳以上の方
  2. 預金500万円以上

60歳以上の方であれば約100万円程度の預金額でリタイアメントビザを取得することが可能です。特に60歳を越えた方であれば条件が格段に緩くなるためリタイアメントビザの取得は容易になるはずです。

ビザが有効期間内であれば国を行き来することが可能になるため海外移住のストレスもだいぶ減るでしょう。

海外生活のストレスを知ろう

いざ、海外移住となると日本の「おもてなし」という文化や素晴らしいITサービスを受けることはまずできません。そのため、移住先のフィリピンの現状を知る必要があります。フィリピンの情報をできる限り多く得る必要性があるのです。

特に、フィリピンに行くとよくあるカルチャーショックやデメリットはこちらです。

  1. 言葉の壁
  2. 治安が心配
  3. 気候が合わない
  4. 食事が合わない
  5. 病気の際に病院が心配
  6. 親戚や家族に気軽に会えない

これを頭に入れながらシュミレーションをすることも実は大切なことなのです。

移住前に長期滞在(仮)をしてみよう

近年では、海外移住の前にロングステイをする方が大変増えています。フィリピンは日本のパスポートを持っていれば観光ビザで30日間滞在することが可能です。一か月もの滞在があれば生活のシュミレーションができます。

コンドミニアムなどを借りて数週間のステイをしてみるだけでその地域や町を知ることは可能です。フィリピンと一言で言ってもエリアや島が違えば生活環境もだいぶ違雨ので、本格的な移住の前にお試し滞在をしてみることをおすすめします。

そのため、自身にあったエリアを探すのもとても大切になってくるのです。

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

まとめ

いかがでしたか?

現在はインターネットで簡単に情報を手に入れることが可能です。そのため、どこの国や町にいてもたいていの情報を手に入れることができます。しかし、いざ移住となるとイメージと違うということは多々あります。

海外の移住というのはビザの問題や銀行の準備など簡単ではありません。準備に準備を重ねることが大切なのです。

シニア海外移住を考える前にもう一度ご自身のやりたいことや譲れないことなどを頭に入れて移住の準備をしてみてくださいね!

おすすめ!

マニラ(フィリピン)でノマドするなら知っておきたい3つのこと

やっぱり来てよかった、フィリピン・セブ島の魅力はコレだ!6選

ここがフィリピンと日本の違い!セブに来てびっくりする5つのこと

 

フィリピンお役立ち

中学英語で十分?フィリピンで働くなら専門用語よりも伝わる英語が大事

時間にルーズ!フィリピン人と付き合っていくなら知っておきたい4つの特徴

安全?危ない?セブ島とかマクタン島の治安とトラブルを避ける対応策

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. フランス人
  2. フランス生活
  3. workingholiday
  4. 海外で働く
  5. 馬車:delman(デルマン)
  6. 結婚

おすすめ記事

  1. 台湾で朝食を買う人の列
  2. これがベトナムのファストフード!バインミー
  3. B-STORY
  4. 香港
  5. インドのなるほど
ページ上部へ戻る