タイの飲み物はお茶でも甘い!タイならでの知っておきたい飲料水事情

タイの飲み物事情

海外旅行した際にふと思うこと、それは、日本のお茶が飲みたい〜ということです。タイでも日本のお茶が大人気!!CMなどでも日本で撮影したと思われる風景、日本の学生服を来てお茶を飲んだり、お相撲さんがひょっこり出てきたり?オイシ(oishi)という名のお茶まで販売されています。

がしかし、そこは甘いもの大好きタイらしく全てが甘いお茶。いや、お茶ではなく普通に紅茶に砂糖がたんまり入った味になっているタイのお茶。

今回はタイの飲み物の甘さ事情をご紹介します。

お茶の甘さに要注意!

タイのお茶

皆さんもよく行くコンビニ、タイのコンビニも日本と同じように500mlのペットボトルがずらりと並んでいます。

値段もタイの物価に合わせた値段で日本よりもかなりお安めで助かります(差はありますが約15バーツ〜25バーツくらい)ただし、日本のブランドのお茶だぁ!と思い、ラベルをよく読まずに買うとだいたい失敗してしまうんです。

というのも日本の渋いお茶(甘くない私たちが思う普通の緑茶)を探す方がタイでは難しいからです。

手に取ったお茶のたいはんは甘さがあるお茶と考えていいでしょう。レベルはありますが、ほのかに後味甘いなぁ〜というレベルから砂糖水!というレベルまであるのです。味は実際に飲んでみないと分かりません。

タイのお茶は甘い

最近では緑茶とフルーツを合わせた味だとか、レモン味のお茶(もう完全に紅茶と思えますが、一応お茶のくくりで置かれています)もあります。

リプトンや午後の紅茶と思えばまぁ〜という感じですが……。

甘くないお茶を買うときはしっかりとラベルをみること

甘くないお茶

甘さを全面に出すお茶がタイ人には人気なわけで、砂糖ゼロの普通のお茶を探すにはしっかりとラベルを見ないといけません。ラベルにsugar free とかno sugarなどと明記してあれば私たちの思うお茶です。

たまに sugar lessなどありますが、日本人にとってはやはり甘いかな、人工甘味料が入ってますね?という感じで甘かったです。買うときは注意してくださいね!

辛いタイ料理に甘い飲み物の絶妙な組み合わせ

コーラ

タイ人と一緒に食事をしていてビックリする事、それは食事中に甘い飲み物を飲むということです。

日本ならばお茶やお水、そもそも味噌汁があれば特に飲み物はいらない私からすると、おいおい!食事中だぞ!甘い飲み物飲むなんて、子供じゃないんだからと……古臭い?考えをしてしまいますが、タイではとにかく味付きが基本です。

時にはコーラやスプライトなど普通の食事中に飲んだりします。ファーストフードなら分かりますが、どれもタイ料理にです。

タイ料理が辛い分、甘さでマイルドにしているのかとも思いましたが、いやいやそもそも普段でさえも甘い飲み物が主流のタイ。甘い飲み物に甘いデザートが大好きなタイ人。フルーツも大好きですから相当の糖質を毎日摂取していると思われます。

レストランやカフェでは甘さ調整可能

コンビニでは甘さとの戦いですが、レストランやカフェに行くと甘さを調整してくれる所がほとんどです。言えば、シロップと飲み物を別々に出してくれて自分で甘さ調整が出来ます。

私はマイ ワーンと言って最大限甘くしないようアピールします。(マイとはタイ語で「〜しない」で、ワーンが「甘い」です。マイ ワーン「甘くしないで下さい」となります)

普通にno sugarと言っても分かってくれますよ!

まとめ

いかがでしたか?

タイ料理の辛さに驚いたかといえば、飲み物の甘さの方が強烈だったように思えるタイの飲み物事情。暑さに疲れてやっとこ見つけたコンビニで飲んだお茶が甘かったら、テンションが下がる事もありますよね。

それも旅の想い出、暮らしの笑える失敗と言えますが、どうせなら自分の好きな味をタイでも見つけましょう!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告はこちら

あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

タイ流の夫婦のあり方、タイでは夫婦別姓と事実婚率が高いの?

【インタビュー】タイで働く同性愛者に聞くタイでの生活・前編

自宅用&お土産用におすすめ!タイ刺繍柄マットレス&クッション

 

タイお役立ち

バンコクで安心安全にタクシー乗車するたった2つの方法

バンコクの日本人向けのマンションってプール付きが普通なの?内見してみた

タイで歯の治療、バンコクの歯医者の選び方(ポンサク歯科体験)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Emilia

Emiliaライター

投稿者プロフィール

タイ人の夫と結婚し、2015年年末にバンコクにやってきた新米嫁です。初めてでも十分に楽しめるタイの暮らし、観光スポット、ちょっと変わったタイの文化などお伝え出来ればと思っています。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. タンソニャット空港
  2. ウィーンでレストランに入ったら
  3. ベトナム・ホーチミン到着して5分でぼったくりに遭う神対応をしました
  4. 海外就職時の福利厚生
  5. 一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
ページ上部へ戻る