シンガポールで働くには?シンガポールで海外就職する前の基礎知識

シンガポールで働くには

ここ数年で日本の将来に不安を感じてか、海外に職を求める方が増えています。しかし、島国の日本ではまだまだ海外就職はハードルが高い印象です。しかし、シンガポールで働くには実際のところそんなにハードルは高くありません。むしろハードルは下がっています。

そこで今回はシンガポールで実際に働いて分かった事をご紹介します。

シンガポールでの求人の探し方

私の場合は自分で会社を設立し、就労ビザを取得しましたが、シンガポール勤務をする場合、ほとんどの方は人材紹介会社から求人を紹介されることになります。

日本にも転職支援のエージェントがいますよね。登録された事がある方はお分かりかと思いますが、まずは人材紹介会社に登録します。

求人募集中の企業とニーズがマッチした際は人材紹介会社から連絡が入りますので、紹介を受け、面接となります。もちろん、直接現地企業にコンタクトを取る方法もあります。

シンガポールでの求人を探すときに

人材登録をしようにも「英語がわからないから無理です……」という方も日本人には多いのではないでしょうか。言語の問題で二の足を踏む方は少なくありません。

しかし、はっきり申し上げますが「No problem」問題ありません。

現在のシンガポールは日経企業の進出が多く、人材紹介企業も日系企業が複数社進出しています。当然、エージェントも日本人ですから、スムーズに進められることでしょう。

シンガポールの給与

「東南アジア=物価が安い=給与も安い」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

しかし、シンガポールにおいては実際のところVISA取得の問題もありますので、ほとんどの方は日本よりも給与が上がると思ってもよいでしょう。もちろん、もともとの所得が多い方は下がる可能性もあります。

シンガポールの物価

給与が高いという事は、物価も高い?かといえば、シンガポールに限定して言えば「高い」です。

例えばランチにラーメンを食べに行ったとします。

だいたい、普通のラーメンで12〜15シンガポールドル(約900円〜1130円)程度です。東南アジアなのに高いですよね?チャーシューなど、トッピングを追加すればさらに高くなります。

もちろん、全てが日本より高い訳ではなく、タクシーは安いです。

シンガポールの勤務時間

就労時間は日本ほどは長くないです。企業によっては、役職がつくと変わるケースもありますが、基本は残業代もキッチリ貰えます。現地の方も、時間が終わればスパッと切り上げます。

仕事のオンオフがきっちりしていてプライベートを充実させることができるでしょう。ちなみにシンガポール人の朝はルーズです。

シンガポールでの交通手段

電車やバスが移動の中心になりますので、ラッシュアワーはあります。ただ、日本の様にギュウギュウに詰め込まれる様な乗り方はしません。

ある程度混んでいる場合、誰も乗りません。また、どうしても遅れる事が出来ない場合、タクシーを利用する事も多々あります。

まとめ

いかがでしたか?

さらっと書きましたが、日本人が現地で就職するのは、さほど難しい事ではありません。また、職種によっては日本とは考えられない程の好待遇が期待出来ます。

英語に関しても、もちろん話せないよりは話せたほうが良いですが、現地に行ってから学ぶ方も多いので、英会話スクールがたくさんありますし、日本人が世界で一番と言っても良いほど、英語に関して厳しいです。

実際、様々な国の方と話をすると、欧米の方でも発音が悪く聞きとれない方や単語をめちゃくちゃに繋いでいる様な方は大勢います。それでも堂々と話しています。

一度、日本を飛び出して海外就職してみるのも良い刺激になると思います。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

シンガポールで働く!日系製造メーカーで海外勤務し自信と語学力が身に付いた

シンガポールで海外就職!1ヶ月生活したら生活費はいくらかかるの?

シンガポールで海外就職しよう!日系企業の求人と仕事の探し方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. 台湾のお茶
  2. タイガーテッドカフェ(Tiger Ted Cafe)
  3. オーストラリアでワーホリ
  4. タイは常夏の国
  5. 韓国に来てよかったこと
ページ上部へ戻る