言語の数だけチャンネルがある!インドのテレビ事情とは?

インドのテレビチャンネル

インドでは22の言語と英語があるため、通常はケーブルテレビ会社と契約をして自身の母語チャンネルなどを選んで見ることができます。インドにはどんなチャンネルがあり、日本人がみることができるテレビチャンネルはあるのでしょうか。

今回はインドのテレビ事情を紹介します。

日本語チャンネルはあるの?

残念ながら日本語の番組は放送されていません。唯一「NHK WORLD」が選択番組としてありますが、番組が基本的に英語ですので、日本情報を英語で見ることになってしまします。

最近ではネット上で日本の番組が見れる設備などの販売も見られますが、今回はローカルテレビの情報のみとします。

チャンネルの選択肢が多すぎる

言語がたくさんあるため選択可能なチャンネル数が多すぎます。しかし、自分が聞き取れる言語に絞ってしまうと、途端にチャンネル数が減ってしまいます。

やはりその中でも公用語であるヒンディー語のチャンネルが多い印象です。

もちろん英語チャンネルもあります

BBCやCNNなどの日本でも見かける英語チャンネルは基本的に選択肢としてあります。また、映画チャンネルも同様に選択できますから、日本でケーブルテレビなどを利用していた方には比較的同様の環境ではないでしょうか。

日本で地上波のみ視聴していた方には若干慣れるまでに時間がかかりますが、英語の勉強と思って見てみましょう。

アニメチャンネルに見る日本の力

インドのテレビチャンネル

ケーブルテレビ内で見られるアニメチャンネルの内、半数以上のチャンネルで日本のアニメが放送されています。

特に「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「忍者ハットリくん」はヘビーローテーションで放送されていて、どの時間帯でも大抵見ることができます。

ちなみに、「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」はヒンディー語、「忍者ハットリくん」は英語です。また欧米で人気のある「ドラゴンボール」の英語は欧米アクセントですが、「ハットリくん」はインド訛りの英語です。

また、最近追加されたANIMAXでは日本のアニメが日本語のまま放送されるようになりました。ディズニーチャンネルなどもありますが、他の言語でこういったチャンネルがないことから見ても日本のアニメの力を知ることができるでしょう。

「風雲たけし城」はワールドワイド

子供向けアニメチャンネルの中で、なぜか「風雲たけし城」が放送されてます。若い人にはピンと来ないかも知れませんが、伝説のお笑い番組で現在のSASUKEなどのベースになってる視聴者が体を張って挑戦する番組です。

もちろんナレーションはヒンディー語になってしまっていますが、お笑いは世界共通なのでしょう。

「ポケモン」を追って「妖怪ウォッチ」もインド上陸

ゲームではなく、アニメです。共に英語になっていますが放送されています。ポケモンは偽ポケモンのおもちゃや文房具のキャラクターとしてあるほど、インドではある程度の認知度があります。

妖怪ウォッチの偽物はまだまだ見かけません。

まとめ

いかがでしたか?

日本のテレビが恋しい方にはケーブルテレビでは満足できないかもしれませんが、英語がわかる方、勉強したい方には何とか楽しめます。

ローカル言語の番組を見て、言ってることは分からないけど雰囲気は楽しめますし、ローカル言語をそのまま勉強するのも良いかもしれません。またインド映画、映画音楽が多く放送されてますから、インド文化に興味があれば流しているだけでも楽しいですよ!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ!

これがインドの日常!面白いインドあるある10選

インドの学校行事は何をする?特徴的な4つの学校行事

インドで生活!1ヶ月の生活費シミュレーション(バンガロール編)

 

インドお役立ち

快適な部屋を探そう!インドでの部屋の探し方

インド治安は場所によって全然違う!バンガロールの治安はどうなってるの?

インドで海外就職!日本人向けの求人と仕事の探し方ガイド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

indonanomiライター

投稿者プロフィール

インド人の旦那さんと日本で生まれ育った二人の息子とインドのバンガロールで生活しています。
里帰り旅行で来るインドと生活するインドとでは全く違いますが、ツッコミどころの多いインドでネタを収集中です。インドネタ、子育てネタ、人生ネタを中心に書いてます。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. フランス人
  2. フランス生活
  3. workingholiday
  4. 海外で働く
  5. 馬車:delman(デルマン)
  6. 結婚

おすすめ記事

  1. スイスの高速道路
  2. サイアムパークシティのシンデレラ城
  3. ピンクドルフィン
  4. 洛東江エコバス
  5. スイスの名物グルメのお土産
ページ上部へ戻る