カナダで働いて気づいた日本と違う8つのこと

こんにちは、Guanxi [グアンシー] 編集部です。

ワーキングホリデーでカナダに行った時、ローカルのお店で接客業をしていたときのお話しです。

今回はGuanxi編集部員の体験と周りの友人の経験を元に、現地で働いていて感じた日本との違いをいくつか紹介します。

ただ、現地の仕事と言ってもアジア人オーナーの職場とは全くやり方や雰囲気が違いますので、あくまでも今回はネイティブのオーナーと同僚という環境にしぼっています。

私自身もしくは周りの環境を見て感じたことなので、例外ももちろんありますが、だいたいこんな感じなんだと思ってもらえたら嬉しいです。


仕事の出勤は開始時間ギリギリが基本


例えば9時から仕事が始まるとしたら、2.3分前に出勤は当たり前。15分前に出勤なんてありえない!という感じです。

もちろん職場にもよるかもしれませんが、私が働いていた2つのローカルの職場ではこんな感じでした。一度20分前くらいに出勤していると「そんなに早く来なくてもいいよ」と言われたこともあります。 

いろんな意味で逆に時間に厳格なのかもしれませんね。


チップはそれぞれがもらえるので嬉しい


これも職場によるかもしれませんが、お客さんからもらったチップは基本的に自分の取り分になります。ジャパニーズレストランや他のアジアの国の職場では、もらったチップは皆で分けるという考え方のところが多いですが、ローカルの職場ではもらった分はすべて自分のもの。

人によってはチップだけで家賃代を稼いでいた人もいました。真面目働けばそれだけ稼げるということですね!


休みが取りやすいので嬉しい


パートタイムであろうとフルタイムであろうと、休みたい日にすんなり休めます。

「休みは当然の権利」とされているので誰も嫌な顔しませんし、2週間の休みであっても「何も問題無いわ」と言われます。他のスタッフが休みを取る場合はお互いにフォローをし合います。

1ヶ月休みを取ってバケーションに行っている人もいましたが、現地では結構普通のようでした。


日本と違って上下関係はあまり気にしない


日本では、先輩には敬語で接し何かと気を使ったりするものですが、カナダのネイティブ相手には全く気にしなくて大丈夫のようです。

ある日朝出勤してきた20代前半のネイティブのアルバイトが、明らかに年上のおじさん先輩に向かって開口一番「What’s up men〜?(調子はどうだーい?)」とハイタッチをし始めた時は一瞬ポカンとしました(笑)


 個人主義者も尊重される


女子の場合、日本だと特に協調性が重視されるので人付き合いが苦手な人もいるのではないでしょうか。

ネイティブとつるんでいるとその煩わしさは一切ありません。嫌な時は嫌だと言えるし、一人になりたい時は尊重してくれます。

誰も気に留めないので休み時間など自由に過ごせます。


おしゃべりが多いけれど、とにかくみんな楽しそう!


リラックスして仕事をしているからか、皆楽しそうに仕事をします

笑顔が多いし従業員同士の笑い声がしょっちゅう聞こえてきます。お客さんとも友達にように気軽に話し始めます。


日本人の当たり前がローカルでは超働き者になる


あまり私語をせずに時間厳守で黙々と仕事をしているだけで、つまり日本では当たり前なのですが、ごくふつーに働いているだけで現地のボスから「すっごく良く働いてワンダフルな人物」だと思われ、簡単に評価がうなぎのぼりです(笑)

だから日本人は働き過ぎと言われるのかもしれませんね。


辞める人を引き止めない


ワーキングホリデーで来ている外国人が多いし、カナダでは転職をした分だけ「たくさんの経験をした」という証明になるところもあるらしく、転職を繰り返す人は決して珍しいことではありません。

その日に辞める電話を掛けてくることもあるくらいです。

そんな訳でオーナーも従業員も突然辞められることに慣れています。


まとめ


いかがでしたか。

日本の職場環境とは違うところがたくさんありますね。カナダで働いてみた印象としては、皆比較的自由に楽しそうに働くなぁということでした。

せっかくならネイティブに囲まれて仕事をした方がローカルの友達が増えるし英語も伸びますよね。せっかくカナダで働く機会があるのならば、ローカルの環境でネイティブに囲まれて働いてみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. タイのお土産
  2. ベトナム・ホーチミンでの1ヶ月の食費
  3. タイで部屋を借りる
  4. これで安心!ベトナムでiPhoneをお得に使う方法
  5. フランクフルト
ページ上部へ戻る