プノンペンで理想の部屋を探そう!カンボジアでの部屋の探し(家賃・注意点)

プノンペンで部屋探し

カンボジアに住むにあたって、どんな家や部屋に住むかはとても重要です。

日本と環境がまったく違う中で、住まいはホッとして安心できる場所にしたいですよね。では、どのように住むところを探せばよいのでしょうか?

今回はカンボジアでの住まいの探し方をご紹介します。

どんな家?家賃はいくらぐらい?

日本人が比較的安全に住めるタイプのプノンペンの家賃相場は、ワンルームのようなところで1ヶ月100から200ドル、いわゆる2LDKのような家で180から250ドル、部屋数があと2つぐらい多い家だと300から500ドルですが、新しい建物はもっと値段が高くなります。

家賃を抑えたいなら郊外がおすすめ

もう少し安めの家を探したい場合は、プノンペンの中心地から外れた地域で探すといいでしょう。中心地から離れても、必要な物を買う店はどこにでもあるので、生活するにはそれほど不便を感じないと思います。

家具や家電がついていて家賃が高いという家もあり、家具を自分で揃えたい人にとっては、自分の好みのイメージと全然違う家具が備えられているという場合もあるでしょう。

周辺の環境もチェックしよう

家の周りがあまりにもゴミが多いところは気が滅入るかもしれません。それから家の前の道路は整備されているでしょうか?人通りはありますか?あまり人通りがないと治安の面で少し不安になります。

カンボジアの家では、シャワーとトイレ、洗面台はひと部屋になっています。そして、各部屋にトイレ&シャワー室があるのが一般的な家のスタイルです。

ですから共同で暮らすのも都合がいい造りになっています。

貸し家、貸し部屋はいたるところにある

不動産屋のようなところはなく、家探しは自分でしなければいけません。住みたい地域で、まずこんな貼り紙を探してください。

ផ្ទះ ជួល(貸し家) បន្ទប់ ជួល(貸し部屋)という貼り紙です。街をよく見て回ると、家のドアにこのような張り紙がある建物はいっぱいあります。

そして、その家の周りの様子や外から見て惹かれるものであるなら、張り紙に必ず電話番号も一緒に書いてあるので、その電話番号に電話をかけましょう。

カンボジア人は英語が話せる人もたくさんいます。相手が英語ができない人であれば、英語かカンボジア語ができる知り合いにお願いして、代わりに話してもらうといいでしょう。

電話に出た人がその家の大家さんということになります。

大家さんに尋ねたいこと

大家さんに尋ねたいこと

大家さんに、貸し家または貸し部屋の張り紙を見たのだけれど、と言うとすぐ相手は分かってくれますから一ヶ月の家賃、デポジット、エアコンやホットシャワーのあるなしなどある程度の情報を聞きます。

そして見に行きたいと伝えましょう。そうすると大家さんが、その貸し家の近くに住んでいるなら、家を見せるためにすぐ来てくれることがあります。

最低限聞いておきたいこと

  • 一ヶ月の家賃
  • デポジット
  • エアコンやホットシャワーのあるなしなど

すぐ来れないなら家を見に行く日取りを約束しましょう。

その時に注意しないといけないことは、大家さんは約束しても約束の時間に来てくれないことがありますから、時間を無駄にしない為に、前もって大家さんに、もう一度電話をかけて日にちや時間の確認をするのがよいでしょう。

大家さんの家の二階部分などが、貸し部屋になっているところもあります。自分がどんなところに住みたいか、いろいろな家を見て回るのをおすすめします。

断るときは遠慮せずに断ろう

実際、家を見る前にはっきりと自分の希望条件と異なっているなら、見てもしょうがないので家賃などが希望条件とかけ離れているなら電話で終わりにしてもよいでしょう。

でも家賃交渉ができる大家さんもいるので、いくらだったら借りたいんだけどなっていうことを伝えてみましょう!家賃を年間で払うので安くしてほしいと言うこともできます。

入居を決める前に確認したいこと

家賃、デポジットは何ヶ月分か、支払いは月々か年間か、電気の基本料、玄関口や窓の鍵の状態、家の中で壊れているところはないか、水の出具合い、雨漏りの跡はないか、明るさ、風通し、エアコン、ホットシャワー、冷蔵庫、洗濯機のあるなしは家を見たときに確認したいところですね。

最近、家電付のところもあるので、もしついているならそれらがちゃんと作動するかも確認しましょう。壊れているところや、壊れそうな箇所を見つけたら、大家さんに入居前に直してもらえるのかも確認しておきたい重要ポイントです。

さらに、網戸をつけてほしいとか、鍵を増やしてほしいなど、要望があれば大家さんにお願いしてみてください。

そして、大家さんが快く、大家さん側で要望のものをつけてくれたり、壊れた箇所を修理してくれるなら、契約してからも、その後も安心してその家に住めるのではないかという気がします。

住むことに決めたなら

条件にかない、住まいとして気に入ったらいよいよ大家さんと契約です。

契約時にデポジットや家賃を現金で支払い、その後も家賃は現金で大家さんに払うことになるのがほとんどです。

まとめ

いかがでしたか?

カンボジアでは部屋契約しても気にいらないところが生じれば自己責任となってしまいます。 家の契約は、自分と大家さんとの間で交わされるので、あとでこんなはずじゃなかったとならないようにしっかり見て決めたいものです。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

シェムリアップにはどんな部屋があるの?カンボジアで住まいを探そう

知っておきたいカンボジアの治安、盗難被害に遭わないために

ちょっと困る!?カンボジア生活5つの「あるある」

 

カンボジアお役立ち

生活の必需品!カンボジアで携帯電話SIMカードを購入してお得に使おう

ちょっと困る!?カンボジア生活5つの「あるある」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. フランス人
  2. フランス生活
  3. workingholiday
  4. 海外で働く
  5. 馬車:delman(デルマン)
  6. 結婚

おすすめ記事

  1. これであなたもファッションリーダー?タイ・東南アジアの6つ最先端ファッション
  2. タイでの市販での商売は値札が貼っていない商品は値段交渉が必要なところが多い
  3. バンコクのお土産MAMAカップラーメン
  4. インターナショナルな街ベルリン
  5. カードスワンケーオ
ページ上部へ戻る