日本語を教える仕事!ベトナムで日本語教師として働いてみよう

ベトナム

東南アジアの国、ベトナム。民族衣装アオザイや米の麺フォーのイメージが強いかもしれませんね。実は、教育の分野では、まだまだ日本語熱の高い国なんです。

そんなベトナムで、日本語教師として働くということ、日本語教師の1日とベトナムの日本語教育事情についてご紹介します。

第1外国語に採用

ベトナムの日本語教師

ベトナムでは、これまで、大学や日本語学校で学ぶ人が大半でした。現在では、ベトナムで現地工場や事務所を開設する日本企業も多く、日本語を学ぶことで就職にも有利になると考える人は多いです。

在越日本大使館とベトナム教育訓練省は、日本語をベトナム現地の小学校、中学校、高校でのカリキュラムに入れることで一致。

2016年度には、ハノイにある3つの小学校で、第1外国語に採用されています。

日本語を教える場

ベトナムで日本語教師として働く場合、教えるのは、

  • 現地の日本語学校
  • 現地の大学
  • 現地の日本企業

等になります。日本語学校といっても、様々な種類があり、企業に出向いて、日本へ研修生として旅立つ人に教えたり、夜間に社会人に教えることもあります。

ベトナムでは、社会人になっても、何かを学ぼうと考える人は多く、会社帰りに学校、というのもよく見られる光景です。

日本語教師の1日

これだけ日本語を教える場所が多岐にわたると、日本語教師一人が担当するクラスも多くなるのが現状です。

ベトナムの学校は、朝始まるのも早く、7時半~ということも多々。特に南部ホーチミンでは、気候が暑いので、朝早く始まるのも利にかなっているのかもしれません。

お昼ご飯はベトナム飯

ベトナムでは、朝は軽めに食べ、昼はご飯、おかず、スープが揃った定食をしっかり、朝10時頃と夕方早めに軽食やフルーツを食べることが多いです。

学校の近くには、必ずといっていいほど、学生が集まる食堂があり、毎日違ったおかずを出してくれます。

合言葉は「ご飯食べた?」

ベトナム

ベトナムでご飯の時間帯によく言われるのが、「ご飯食べた?」。

自分が食べている時に、他の人がやって来たら、その人が食事をしたと明らかでも聞き、まだだと言われたら、「私はあなたをご飯に招待します」と伝えます。

おごってあげるとかいうことではなく、礼儀として、「どうぞ、一緒に頂きましょう」の意味を込めた挨拶なんです。これを知っているだけで、少しベトナム人との距離も縮まるはずです。

午後からも授業、授業、授業

お昼ご飯を食べたら、1時間ほど休憩して、また授業が始まります。休憩時間には、誰もが、横になり、寝ます。

だから休憩室には、鏡と櫛の用意が。日によっては、夕方~夜まで授業は続きます。

忙しいけど大きなやりがいがある仕事

こんな風に朝早くから夕方、夜までクラスはありますから、自分が担当するクラスがあればクラスに出て、合間にミーティングや授業の準備をすることになります。

結構忙しいので、体力勝負。頑張って勉強している学生の姿に感化されて、奮闘する毎日です。

まとめ

いかがでしたか?

授業に終われる毎日ではありますが、学生たちが慕ってくれ、少しずつ日本語が上手になっていってくれる嬉しさは何事にも代えがたいものです。

まだまだ日本語教師の需要は増えていく傾向にあります。海外で就職を考えておられる方が、ベトナムを一つの選択肢としてくださればうれしいです。その時は大変でも、後になってみればきっと自分にプラスになる経験ができますよ!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

長期滞在時におすすめベトナム・ハノイで日本語教師をやる3つのメリット

安全対策はどうするの?行く前に知っておきたいホーチミンの治安

海外就職でベトナムVSタイ生活費が安いのはどっちだ!

 

ベトナム

ベトナム就職する前にハノイ現地企業でインターンシップに挑戦してみる

ベトナムでの銀行口座の開設の仕方ガイド

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
藤田朱希

藤田朱希ライター

投稿者プロフィール

小学生の時にテレビで観た映像にショックを受け、「オーストラリア人になる」ことを目指す。
大学でオーストラリア留学を果たし、20代はベトナムに。
ベトナムでは、日本語教師、現地日系企業、ベトナム料理教室の通訳、翻訳を経験。現在は、毎日畑で土をいじる時間が癒しのひとときになっている。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. オークランドのMezze bar(メッツェバー)
  2. ドイツ、ベルリンの壁、イースト・サイド・ギャラリー
  3. シンガポール
  4. 北京空港
  5. バリ島の物価と生活費
ページ上部へ戻る