微笑みの国タイならでは?タイでは「歯の矯正治療 」がステータス?

タイで歯科矯正

タイの街を歩いているとやたらと目に入る建物があります。それは「歯医者」、とりわけ歯の矯正を専門としている歯医者さんです。

おそらく田舎の小さな街でも少なくとも一つか二つは歯の矯正を専門としている歯医者を見つけることができることでしょう。

そこで今回はタイで歯の矯正をする場合どれぐらいの期間がかかるのか、その料金などについてご紹介します。

タイで歯科矯正!タイ語で「歯の矯正」は何ていうの?

タイ語で歯の矯正を「จัดฟัน:ヂャットファン」と発音します。

  • 「จัด ヂャット」: 整える
  • 「ฟัน ファン」: 歯

この2つの単語が合わさり「歯の矯正」というタイ語になります。分かりやすいですね。

それで歯の矯正を専門としている歯医者の店先には必ずこの「จัดฟัน」と書かれた看板があります。

ほとんどの場合、歯のイラスト、もしくは写真が一緒に掲げられていますので探すのはそれほど難しくありません。

タイでの歯の矯正にかかる料金

日本でも歯並びを良くするために矯正治療は一般的な方法と見なされているのではないでしょうか。

歯医者によってその値段は変わってきますが、日本では大人なら矯正に平均約100万円ほどかかると言われています。

昔からよく「歯の矯正には車が買えるくらいのお金が掛かる」といいますが、確かに高いですね。

ではタイではどうでしょうか?

もちろんタイでも選ぶ歯医者によって料金が変わってきますが平均すると日本の10分の1ほどの料金で矯正治療を受けることができます。

つまり、約10万円ほどです。

この約10万円の中に矯正治療の全行程が含まれています。しかし、最新の施設やレントゲン設備などがあるところだと15万円ほど掛かることもあるようです。

タイでの歯科矯正に掛かる期間

こちらも日本の10分の1……というわけにはもちろんいきません。個人差はありますが最初の診断から歯の矯正器具を外すまでに約2年ほどの期間を必要とします。

矯正を始めたばかりの時は週に一度、もしくはそれ以上の頻度で歯医者に通わなければなりませんが、そのうち月に一度、矯正器具を調整してもらうだけでよくなります。

もちろん腕の良い先生に施術してもらいたいと思うのではないでしょうか?

タイには矯正を専門とする歯医者たちの団体がありその名簿がこちらのサイトに記載されています。

参考:http://www.thaiortho.org

もし、どうしても良い歯医者さんにお世話になりたいと思われるのでしたら参考にできるかもしれません。

しかし、サイト内は全てタイ語ですのである程度のタイ語力、もしくはコミュニケーションを取れるタイ人の友人が必要となってくるでしょう。

タイでは歯科矯正もオシャレの一部

タイでも歯の矯正にワイヤーを使うのですが、そのワイヤーの色を選ぶことができそれが非常にバリエーション豊かなんです。

街で見かけるタイの若者たちの口元を観察していると本当に色んなカラーワイヤーで矯正をしています。

赤、青、黄色、緑、紫と好みに応じてワイヤーの色が選べ、歯科矯正はおしゃれの一部なんです。歯の矯正をすると同時にお洒落の一環としても捉えていて、おしゃれは口元からということなのかもしれません。

日本人の私としては、矯正していることができるだけ目立たないホワイトが良いなと思うんですが……国が違うといろんな考え方がありますね。

タイでは若者の多くが歯科矯正

タイに居ると歯の矯正治療をしている人の多さに驚かされます。

とりわけ10代の若者たちを見ていると4人に1人ぐらいの割合で歯列矯正を受けており、彼らにとって綺麗な歯並びや矯正を受けていることは一つのステータスのようです。

また、「微笑みの国」と呼ばれるくらいですから笑顔で人に歯を見せる機会も多いのかもしれませんね。本当に素敵な国です。

まとめ

いかがでしたか?

「タイで歯の矯正」と聞くと、一歩踏み出すのにかなり勇気が必要と感じられるかもしれません。しかし、約10万円で歯並びを治せるというのは魅力的ですね。

バンコクなどの大都市なら日本語を話せる歯医者もいくつかあります。そうしたところはいくらか割高かもしれませんが、それでも日本よりはかなり割安でしょう。

歯の矯正をするにはタイに長期滞在する必要があります。もしあなたがタイに移住しておられ、矯正の必要を感じているなら挑戦してみるものありですよね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ記事

バンコクのスーパーで買えるおすすめのお土産9選

タイの国内移動に格安バスを使おう!ナコンチャイエアーがいい3つの理由

タイのお土産に歯磨き粉!意外に喜ばれる高級歯磨き粉「Dentiste’」

 

タイお役立ち記事

タイから日本へ郵便を送ろう!タイからの郵送方法(料金・書き方)

タイで長期滞在!現地採用者が移住前にしておくべき5つのこと(準備編)

タイで長期滞在!バンコクで就職が決まった現地採用者がするべき5つのこと(移住後)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
tanyao

tanyaoライター

投稿者プロフィール

タイ在住6年目の日本人、2011年に夫婦でタイへ移住。
タイの中でも特に自然豊かで昔の名残を残しているイサーン(東北)地方に住んでいます。
自分たちの目で見、肌で感じた経験を記事にしていけたらと思います。
日常で使えるタイ語も記事の中に盛り込んでいきますので語学に興味ある方にも見ていただけたら嬉しいです。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. マレーシアからタイへ入国ツアー会社選び
  2. 海外で働く
  3. タイの現地採用
  4. 锅巴
  5. マレーシアの時間感覚
ページ上部へ戻る