どこに住みたい?オーストラリア・ケアンズ近郊エリアを分析

ケアンズ

10数年前、初めてケアンズにやってきたとき、最初に泊まっていたのは、バックパッカーと呼ばれる安宿の、ドミトリーという、一部屋に2段ベッドが5台ほど置かれた雑魚寝部屋でした。

トイレ・シャワー・キッチンは共同で、夜中になると、ゴキブリが走り回る、恐ろしい宿です。そして、1週間の間に、まずは自転車を購入、そして部屋探しというのが、ワーキングホリデーのスタートでした。それ以来ずっとケアンズに住んでいます。

海外生活の最初の関門は部屋探しと言ってもいいかもしれません。

今回はケアンズ(オーストラリア)での部屋を借りる際のエリアをご紹介します。

ワーホリならシティー周辺

単身で、移動手段は徒歩、または自転車、となると、ケアンズシティー周辺エリアで住居を探すのがおすすめです。

サバーブ名でいうと、ケアンズシティー・ケアンズノース・パラマッタパーク・ウエストコート辺りまでが便利。なるべく家賃は抑えたいという場合は、シェアハウスを探すとよいでしょう。

日系の旅行会社や食料品店などにある貼紙や、不動産屋のサイトのシェアコーナーを見て、気に入ったものがあれば、連絡を付けて予約し、実際に見に行く、という段取りです。

その場合、物件の前で待ち合わせ、ということが多いです。

私が最初に住んでいた所はケアンズシティー内で、クイーンズランダーと呼ばれる、木造高床式の家のシェアハウスでした。

シティーで一番大きなショッピングセンター、ケアンズセントラルの裏という、便利な立地が決め手となりました。

治安が良く、安心できる住宅街

ケアンズシティー周辺は便利ですが、治安がよくて安心できるエリアなると、車で5〜10分ほど行った住宅街になります。

人気のサバーブは、エッジヒル・カニンブラ・ブリンスミッド・ウィットフィールド辺りです。

敷地面積が広く、住宅の裏に大きな庭やプールがある家が多く立ち並んでいます。丘の上に行けば行くほど、お値段も高くなります。

シェアハウスに入るのではなく、自分で住居を借りるとなると、不動産屋に直接出向くかネットで検索するなどして、希望の物件を探しコンタクトを取るという形になります。

人気の物件は競合が激しくなるので、収入や家族構成などが考慮されます。

また、物件の内覧が予約形式ではなく、何日の何時から何時まで内覧できると決まっていて、それに合わせて見に行くという、オープン形式で設定されていることもあります。

契約は半年からの場合が多いです。

この地域で、大きなプールからケアンズ市内が一望できる大豪邸を、数人で借りてシェアしていた友人がいました。そんな暮らしもステキだと思います。

ノーザンエリアでのんびりビーチライフ

ケアンズから空港を越えてさらに北に向うノーザンエリアには、ビーチが点在しています。海の近くに住んでみたいという人は、このノーザンエリアで住居を探せば夢を叶えることができます。

これぞ、南国!というような、ヤシの木の茂る砂浜が幾つもあり、のんびりムードが漂っています。ビーチ周辺には、子供の遊べる小さな公園や、BBQ台があるところが多く、割と治安もいいです。

一軒屋だけでなく、アパートメントタイプの住居も多く、交通の便がよくないことを気にしなければ、住んでみたい地域です。

ただ、雨季になると、道路が水没してし通行止めになってしまうこともあります。「しょうがないから、今日はもう出掛けるのはやめにしよう」ということになるので、本当にのんびりでないと、住めない地域なのかもしれませんね。

新興住宅地のサウスエリア

最近どんどん開発が進んでいるのが、ハイウェイを南に下ったサウスエリアです。

盛んに道路工事をして高架道路が完成し、山を切り開いて土地を整備した新興住宅地が増えています。ケアンズで住宅購入を考えるなら、サウスエリアが本命ではないかと思います。

高級住宅地のカニンブラだったら土地だけでも買えないような値段で、新築の一戸建てを建てることができてしまうところもあります。

シティーまで車で15〜30分くらいかかるので、何でもコンパクトなケアンズの中では「サウスは遠い!」ということになりますが、日本の感覚だったらそれくらいの移動時間はアリなのではないでしょうか。

賃貸物件についてくるものは?

それぞれの物件には、ベッドルーム数、バスルーム数、駐車スペース数の他に、ファニッシュ(Furnished) =家具付き、アンファニッシュ(Unfirnished)=家具なし、の表記があります。

ファニッシュの場合は、全ての家具と簡単な食器類まで揃っていることが多く、入居してすぐに生活が始められます。

アンファニッシュだと通常は、ホワイトグッズと呼ばれる、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機が付いているといった感じ。

Partly Furnished=一部家具付きと書いてある場合は、何が付いているのか、要確認です。

ケアンズの家賃相場は?

シティーに近いほど、家具付き率は高く、離れるほどに、家具無しの物件が多くなります。家賃は通常1週間分の金額で表示されていて、相場としては最低でも1ベッドルームで週$150から、といったところです。

ざっくりですが、月6万円ほど。田舎の割には、結構家賃が高いです。近頃は、賃貸の値段がどんどん上がっているので、買ったほうがお得という傾向があります。思い切って買っちゃいますか?

まとめ

いかがでしたか?

ケアンズはコンパクトで住みやすい街です。自身の好みによって住み分けが出来るので、足を運んで部屋を探してみてくださいね!

きっと素敵な部屋が見つかると思いますよ!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ記事

オーストラリアのゴールドコーストの日系旅行会社で海外就職した話

1年間のオーストラリアでのワーホリで得られたものは貯金と貴重な経験

オーストラリアでの仕事の探し方マニュアル。足で探す仕事探しを実践してみよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. 中国大連の治安
  2. カナダへ持っていかなくても良いもの
  3. 憧れのメルボルンで働きたい!留学やワーホリで働ける仕事と給料
  4. カードスワンケーオ
  5. 携帯電話
ページ上部へ戻る