カンボジアのプノンペンで両替しよう!両替時の注意点

カンボジアでの両替

生活していく上で、お金に関してはしっかり知っておいた方がいいですよね。特に日本円をカンボジアへ持っていくとどこで換金するのか迷うもの。

空港での換金が手軽で簡単ですが、ちょっとレートが悪く、できれば少しでもいいレートで両替したいところですよね。

今回は、カンボジア・プノンペンでの両替事情について紹介します。

カンボジアの通貨はリエル

カンボジアの現地通貨はカンボジアリエルです。

細かいレートの推移はありますが、ざっと1$=4000リエルと考えてもらうといいでしょう。現地通貨はリエルなのですが、米ドルも普通に流通しており、スーパーや市場、タクシー、バイクタクシーなどでもドル払いは可能です。

給料もドル払いのところがほとんどで、米ドルの信用度が高いことが伝わるかと思います。

ただ、リエルも米ドルもお札しか流通していない(コインのお金はありません)ので、米ドルで支払ってもお釣りはリエルで返って来ることが多いです。

米ドルであればカンボジアへ行く前にも準備が簡単にできるので、ある程度持っておくと使い勝手が良いでしょう。

お釣りや両替の米ドルは必ずチェックすること

カンボジアリエルのお札は、黄ばんでいたり、泥がついていたり、汚れていることも多いのですが、米ドルに関してはちょっと汚れていたり、切れていたりすると、レストランやお店で受け取りを拒否されることもあります。

ですから、買い物をしたときのお釣りや両替で受け取る米ドルは必ずチェックをするようにしましょう。そして、少しでも切れている場合は、交換してほしい旨を伝えて、きれいなお札に替えてもらってください。

100ドル札は使い勝手が悪い?

他に、レストランなどで、100ドル札で支払おうとすると、拒否をされることがあります。

これは、100ドル札の偽札が流通しているからです。一時期、カンボジアに偽札を作る施設があると噂をされたときもあり、かなりの量が流通しているのではないかと思います。

両替で100ドル札の偽札を渡されるのではと不安な人は、細かいお金(20ドル、50ドルなど)に替えてもらうといいでしょう。

カンボジアのリエルに両替をするなら、街の両替屋

米ドルは普通に流通しているので、特に、カンボジアリエルに両替をする必要はないと思いますが、日本円を米ドル(又は、カンボジアリエル)に両替をするときはどこがいいでしょうか。

銀行などでも両替はできますが、比較的レートがいいのは、町の両替屋です。

セントラルマーケットとオルセーマーケット周辺が狙い目

特に、両替屋が並んでいる、セントラルマーケットとオルセーマーケットの近くの両替屋通りは、レートの看板が大きく掲げてあり、その日のレートを比較することができるので、安心できます。

他にも、市場でいくつかの両替屋があるようなところは、それぞれのレートを確認して、一番レートがいいところで両替をするといいでしょう。

リエルへ両替する時は上手に交渉しよう

街の両替屋では、交渉することができます。

交渉をすると、ほんの少しですが、レートをよくしたりしてくれるので、交渉をしてみる価値はあります。

米ドルからカンボジアリエルの両替は1ドル=4000リエル前後ですが、レストランやスーパー、市場などでは、1ドル=4000リエルで計算されているところがほとんどです。

一部のファーストフードショップでは、1ドル=4100リエルで計算されているところもありますが、ほとんどが1ドル=4000リエルなので、計算は楽です。

クレジットカードはあまり使えない

プノンペンでは、クレジットカードが使える店は、とても少ないです。

クレジットカードを愛用している方には少し窮屈かもしれませんが、なるべく現金を持つようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

カンボジアの両替事情について、ご紹介しました。カンボジアでは米ドルも流通していますので、米ドルがある程度あれば困ることはありません。

その際はなるべく、100ドルではなく10ドルや50ドルを準備しておくと良いでしょう。両替で失敗して、後でしまったと後悔しないように、チェックしてくださいね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

カンボジアの生活を知るにはローカル市場!プサーには魅力がいっぱい

東南アジアに行くなら絶対にここ!カンボジアで体験出来る素晴らしい3つの体験

カンボジア人の習慣?ちょっと驚くカンボジアの子供たち

 

カンボジアお役立ち

知っておきたいカンボジアの治安、盗難被害に遭わないために

月4万円台で生活可能!カンボジア1か月の生活費シミュレーション

大学を出てすぐ新卒の私がカンボジアで生活することを選んだ理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. サイアムパークシティのシンデレラ城
  2. セブにあるダイソー(DAISO)
  3. ベトナム・ホーチミンでの1ヶ月の食費
  4. 芸術に触れるならここ!音楽の都ウィーンのおすすめのコンサートホール5選
  5. 愛の力で乗り越えろ!タイ人との国際結婚の手続きとは?
ページ上部へ戻る