フランスで海外就職、フランス人の友人の会社にインターンシップし入社

フランスのパリ

フランスのパリで海外就職。今回ご紹介するのは、フランスで仕事をしている藤田さんです。

藤田さんが実際にフランスで仕事をしながら感じたこと・海外就職に向けて準備しておくこと・海外に適応するために必要だと思うことについてご紹介します。

海外就職者プロフィール

30歳(女性)

海外の就職先:パリ(フランス)

給料:月額約2500ユーロ(正社員)

海外の勤務先:フランスの貿易会社

フランスでの海外就職のきっかけ

パリで語学留学中に出会ったフランス人の友人の父親の経営している会社に、インターンシップに来ないか誘われ、2か月程そこでインターンとして働きました。

それがきっかけで、語学留学期間終了後に正社員として採用されました。

その会社は日本にもクライアントを持つ貿易会社で、フランス語と日本語の使える社員を募集していたので、インターンで仕事をある程度覚えていた私なら雇い易かったようです。

フランスでの仕事をする上で重視したこと

その職場を紹介してもらった時は、まずは給与に注目しました。パリは家賃がとても高いので、給与額はとても重要なのです。

そして、人種差別的なことが社内で無いかどうかも私にとっては大切なポイントでした。日本人である自分が他の平等に扱ってもらえるのかを見極め、フランスでの就職を決めました。

フランスでの仕事内容

主に日本にワインや食料品を輸出する際に、日本のクライアントとやりとりをする業務を担当しています。

なかでも重要な業務は、商品の見積書の作成や、請求書の作成と発送等のお金に関わる書類が絡んだもの。また、クライアントからの金額の希望を社内に通し、こちらの希望額と擦り合わせる仲介のような仕事もしています。

フランスで働いて驚いたことは昼休みが長く2時間あること

フランスの会社では昼休みが日本に比べてとても長く感じます。

日本では1時間以内が通常の昼休憩の長さだと思いますが、フランスのその会社では2時間も与えられていて、社員によっては自宅が近ければランチを自宅まで食べに帰ることもあります。

外食費が高いフランスでは、それはそれで節約になるので良いことだと思います。

フランスの会社はプライベートと仕事の線引きがされている

フランスで勤めている私が残業をしたのは1年間に5回程度です。他の社員も残業や休日出勤はほとんどしていません。

日本では、社員はほぼ毎日残業をし、人によっては残業代も出してもらえないということも多いものですが、フランスでは定時以降は働かず家庭や自分のプライベートを大切にすることが会社にとっても普通のことのようです。

プライベートを充実させるならフランスで働くというのもありだと思います。

フランスならでは!職場で口説かれたり、道で声を掛けられることがよくあり、日本人の女性は口説きやすいと思われている

これは人種差別と言うほどでも無いかと思ったので、あまり気にしない努力をしていますが、職場の同僚からデートに誘われることがよくあります。

また、普通に道を歩いていてもよく声を掛けられたり、ナンパされたりしていたので、恐らく日本人女性は押しに弱く、口説いたら付いて来てくれそうだと思われているように感じました。

何かあって職場でギクシャクするのも嫌だし、外でナンパされるのも怖いので、毅然とした態度をとるようにしています。

海外で生活や仕事に適応していくために必要なこと

まずは現地の言葉をしっかり勉強することだと思います。

いくら紙の上でフランス語を勉強してきたといっても、話し言葉で使う微妙なニュアンスを含む言葉は、辞書を見るだけでは分からないこともあります。

フランス人と(安全に)交流を持ち、仲良くしてくれる現地の人を見つけて、会話の機会をたくさん持つことで、日常会話をマスターするのが近道です。

フランスでの休日の過ごし方

日曜日は、フランスではほとんどの店が閉まっているのですが、朝は決まった場所で市場が開催されています。そこで食べ物を買ったり、顔見知りの店主と話をしたりするのが、私の休日のストレス発散方法。

また、私と同じくフランスで働く日本人の友人とカフェやバーに行き、フランスで働くことの大変さを分かち合ったりしています。

海外で働くために準備しておくべきこと

まず、日本で慣れ親しんで使っているものがあれば、それを持って行って海外生活を始めるのがおおすすめです。

例えば石鹸やシャンプー、化粧品等です。なぜなら、現地のそれが自分の体に合わないかもしれないためです。

現地にも慣れないうちに、その上、肌や体に合わないものを使って体を壊したり肌が荒れたりしたらテンションも下がってしまいます。少なくとも職場に慣れるまでは、自分に合っていることが分かっているものを使いましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はフランスの貿易会社で勤務している藤田さんをご紹介しました。インターンシップからそのまま就職するというのは海外ではよくあることです。

特に事前にその会社を知っているだけあって安心感がありますよね。もし、いきなり海外で仕事をすることに悩んでいるのであれば、まずはインターンシップで仕事の体験をするというのもありかもしれませね!

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. 留学生活で使い勝手の良かった4つの英語表現
  2. タイのコンビニ
  3. Bo’s Coffee
  4. 北京で生活
  5. 北京の帝玛(D-MART)
ページ上部へ戻る