シドニー(オーストラリア)で海外就職、料理に自信があり日本料理屋で働く

オーストラリア

シドニーの日本料理店で調理師として就職。今回は、日本食ブームのオーストラリアで和食の料理人として海外就職した女性の経験談をご紹介します。

どうやって職を見つけたか、日本と働き方はどう違うのか、休日はどう過ごしているのか、等々をうかがいました。

海外就職者プロフィール

30歳(女性)

海外就職先:シドニー(オーストラリア)

給料:日本円にして25万円ほど

海外の勤務先:日本料理店

ワーキングホリデービザで渡航

ワーキングホリデービザを申請して渡航し、まずはアルバイトができる職場を直接探すことにしました。

時間はたっぷりとあったので、日系の求人情報誌やネット上の求人サイトを見て、ゆくゆくはビザサポートありという条件で求人を探しました。

腕に自信があってもハードな労働条件

もともと飲食店で働いていて、調理師の資格もあったので、料理の腕に自信はありました。オーストラリアでは日本食がブームでしたし、技術がある者はあちらこちらから引っ張りだこなんです。

私は和食を専門としてきたので、すぐに採用されました。けれど確かな技術がないとビジネスビザをいただけることはなく、労働条件もけっこうハードなものでした。

オーストラリア人はけっこうマイペース

オーストラリアの人は、休憩時間も決まっておらず、のんびりとワインを飲み終わるまで仕事場に戻ってこない新人の方もいます。

日本では考えられないことです。新人は休憩などなく常に先輩の分まで隠れて働くというイメージだったので、なんて楽なんだと衝撃をうけました。

私もオーストラリアの習慣に合わせるよう、まったりと休憩を過ごすようにしましたが、染みついた習慣とは恐ろしいもので、結局休憩時間も一人で仕込みをしたりと動いています。

技術があれば、どんどん昇給できます

たとえ新人であっても、技術があればどこまででも仕事をさせていただくことができます。

そして、提案や試作も自分からどんどん出せる環境です。私は頼まれてもいないのに試作や案を次から次に出し、それが採用されたことも何度かあります。

給料は週払いですが、意欲と技術を評価されて一週間で先週の倍ほどの給与をいただくこともありました。

やる気が出てきますし、働きを見てもらえて楽しいです。

口約束は信用してはいけない

ビザを出すと約束していたのに、いつまで経ってもビザを出してくれません。

海外だと、口頭での約束の場合、気分が変わっただのと反故にされることが多々あります。書面できっちりと契約を結び、証拠を残しておくことが必須です。

それから、相手から言い出してくれるのを待っていると、いつまで経っても行動は起こしてもらえません。自分ですべてアクションを取らないと何もしてくれないのでトラブルになります。

お酒でストレス解消

気候がとても良く、ビールが最高においしいです。庭付きのハウスをシェアで借りているので、何人かの人たちと毎晩ワイワイお酒を飲むことでストレスを解消しています。

また、お酒を飲むことによって恥も忘れて会話をするようになり、語学習得も比較的スムーズにできていると思います。

休日はいつも海に行き、釣りをしたりのんびりしていますが、あまり休みを取った記憶はありませんね。

まとめ

いかがでしたか?

腕に覚えがあると、海外で就職するときにも心強いですね。

日本と違う休憩の習慣に衝撃を受けたり、意欲と技術が評価されて昇給したり、口約束がいつまでも叶えられなかったりと、様々な経験も海外ならではなのではないでしょうか。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 部屋
  2. スイスの学校
  3. 中国での妊娠
  4. これがベトナムのファストフード!バインミー
  5. シンガポールで働くということ
ページ上部へ戻る