タイで海外就職!タイの都市別求人と給料相場を知ってアジア就職しよう

タイでの都市別アジア求人事情、海外就職を目指す人にオススメ情報

タイ・バンコク。そう憧れの海外生活、海外で仕事をしたいと考えている人も多いのでないでしょうか。

バンコクで生活しようと思った時に、どうやって調べるのか、情報はどこで仕入れるのかなど困ったことがある人もいると思います。

そこで今回は、タイでの仕事情報やどんなタイプの仕事があるのかなど紹介していきたいと思います。

タイの求人では地域によっても職種・業種などが変わってくるのでその現場・お仕事事情・求人・給与・ビザなどについても見ていきましょう。

タイで海外就職!仕事をする上で必要なビザは?

タイで仕事をするにあたって、どうしても必要になるのがビザです。ビザにも種類が沢山ありますが、仕事が出来るビザは2種類あります。

 

ビジネスビザ

まず一つ目は一般的に仕事をしている人が持っている『ビジネスビザ』です。これは、会社側が日本人を雇った際に、国にその旨を申告し、国に会社がお金を支払って発行してもらうビザです。一年更新のビザになります。

 

Oビザ

こちらは、配偶者がタイ人の場合に発行さ れる家族ビザ(結婚ビザ)です。この2種類のビザを持っている人が、タイで仕事 をすることが出来ます。

その他のビザは、仕事をする権利が無く、万一仕事をしていると見つかった場合には、多額の罰金及び、強制退去を命じられます。いわゆる、不法労働者となってしまうため注意が必要です。

タイで働く!タイの求人にはどんな職種があるの?

一口にタイといってもタイはとても広い国です。そこで、今回はタイを三つに分けて、その地域ごとにご紹介致します。

 

タイの北部『チェンマイ』

まずタイの北部『チェンマイ』近隣になると、日本人を必要としている仕事は少なくなります。比較的多い求人の種類は工場勤務の求人になります。

工場勤務でもタイ語がビジネスレベルだとスムーズに仕事が見つけられます。英語は日常会話程度の能力が必要となります。

給料も低く、20000バーツ~30000バーツが平均給料です。

 

タイ中部のバンコク近隣

次にタイ中部のバンコク近隣はたくさんの求人を常に募集しており、日本人の求人募集は常にあります。街も東京レベルと言っていい程の近代都市で、たくさんのホテルや日本企業も進出している場所です。

工場勤務やホテル勤務、また、会社の秘書、営業等、職種もさまざまです。英語やタイ語は必要となる場合もありますが、日本語のみでも大丈夫という求人も多数あります。

もちろん給料が上がるほど英語やタイ語の会話レベルも必要になる場合もありますが、職人関係(営業、コールセンター、工場管理・作業や車修理などの実績がある人やエンジニア他)は、日本語のみで大丈夫な求人が多いです。

それだけ日本人を必要としているということでしょう。

給料は30000バーツから良いところは60000バーツ以上貰える企業もたくさんあります。

 

タイ南部のプーケット近隣

次にタイ南部のプーケット近隣はまさにリゾート地区のため、ホテル勤務や旅行代代理店での求人が中心となります。しかし採用条件は厳しいものが多くあり、英語がビジネスレベル以上必要ないと採用が難しい場合が多いです。

日本人が必要だと求人募集をしている所は他のタイ国内の求人と比べて少ないのが現状です。もし、タイ南部での求人をお探しなら日本人オーナーの旅行会社が狙い目でしょう。給料相場は13000バーツ~25000バーツ程度になります。

タイのアジア求人!仕事のタイプは?アルバイト?正社員?

タイでの求人で多いタイプは『契約社員』と言えるでしょう。ビジネスビザが1年更新の為、契約期間 がその仕事によって決まっています。その後、延長するかはその企業とのやりとりになります。

企業によっては、昇給やボーナス的なインセンティブのある所もありますが、有給休暇的なお休みがないところも多数あります。 また、ホテルなどではインターンとして働く人も多いです。

インターンでは給料は貰えない場合と多少の生活費を出してくれるところもや住居や光熱費、食事代を会社が負担してくれるところもあります。語学向上や自分のスキルアップを目指す為の、『トレーニング兼仕事』と捉えるとわかりやすのではないでしょうか。

待遇が良いのは駐在で働くことだが…

仕事をする上で条件が良いのは『駐在』と言う形で働くことです。給料やお休みなどの待遇が非常に良いです。

しかし、駐在するためには日本で仕事を探し、日本企業側で日本と同じ条件で雇ってもらった上で、タイへ転勤するという形を取らなければならないため、日本で仕事を探さなければなりません。

もしそんな企業があれば、雇われる時の条件や給料などは日本の給料と同額プラス海外手当をもらえるので、かなりの豪華生活が出来ます。

タイでの求人はどうやって探すの?

タイ中部のバンコク近隣には、たくさんの人材紹介会社があります。

実際に人材紹介会社へ訪問するかインターネットで探すことになります。自分のレベルと条件に合った企業を紹介してもらい、面接をして雇ってもらうのが一般的です。Skype面接を行っている会社もあります。

また、現地新聞(日本人向けフリーペーパー等)にも日本同様にお仕事募集のページがあるので、そこから求人を探す人もいます。

 

Phuket Gazette

プーケットをはじめ、タイ全土での仕事を募集しているタイホームページ

参考サイト(英語版):Phuket Gazette

プーケットをはじめ、タイ全土での仕事を募集しているタイホームページです。

 

VolunteeWorkThailand.org

タイでボランティア参考サイト(英語版):VolunteeWorkThailand.org

英語のできる人がこういったサイトの方が、仕事の種類が豊富です。

海外就職・求人・日本人Guanxi

まとめ

いかがでしたか。

タイなどのアジアや海外で仕事をすることは、日本とは文化の違いもあるため慣れない部分が多いかもしれません。しかし、日本では得られない知識や人生経験を得られるのも、海外就職の醍醐味です。

求人を探し海外で就職するまでかは大変ですが、いざやってみると思ったより簡単に出来るものです。せあなたの人生経験を豊かにする為にもトライしてみるのもありかもしれませんね。

おすすめ記事▷

  1. タイでの生活が最高!バンコクで生活&仕事する7つのメリット
  2. 初めてのバンコク就職のすすめ、タイで現地採用として就職してみよう
  3. ネット上にない隠れ求人に応募しよう!海外へ飛び込み自ら就職活動する方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 一度は行ってみたい。ウィーンのステキな大晦日とお正月の過ごし方
  2. 目標
  3. タンソニャット空港
  4. ダイナソー・バーベキューDINOSAURBAR-B-QUE
  5. プサンシティツアー
ページ上部へ戻る