ロンドンの日系金融会社へ就職!イギリスでの生活に慣れるため仕事を始める

ロンドン

イギリスで日系金融企業に海外就職。今回は、国際結婚でロンドンに移住し、現地の生活に早く慣れたいと就職した朝野さんをご紹介します。

求人はどうやって見つけたのでしょうか。就職してみて、働き方や休暇の取り方は日本とどう違うのでしょう。

言葉の壁についてやストレス解消法など、色々教えていただきました。

海外就職者プロフィール

45歳(女性)

海外就職先:ロンドン(イギリス)

給料:1400ポンド

海外の勤務先:日系金融業

海外求人への応募は会社のHPから

応募はオンラインの海外求人情報からです。

人材会社も使いたかったのですが、WEBでも求人を探せるし、直に会社のHPから人事宛てにCV(履歴書)を送れるので、自分で探しました。

日系人材会社もロンドンに各種あり、人の話によると頼ったほうが楽らしいです。

ロンドンでは共働き夫婦が多い

国際結婚でイギリスに移住しました。ロンドンの物価は東京より高く、共働きの夫婦が多いのです。

金銭的に余裕があるほうが気分的にもいいし、生活費の足しになるからという理由でロンドンで就職しました。

あと、働いていないと感覚がにぶるというか、現地の生活にも早く慣れたかったし、常識を得るということで会社員がいいかと思ったんです。

海外で働くのはかっこいいという思いもありました。人と関わるのが基本的に好きだったんです。

イギリス人は残業が嫌い

勤務時間は9時から5時までで、基本的に残業はありません。5時になると皆、家に帰ります。どうしても残業しないといけないときは、許可がいります。

サービス残業などというものは皆無で、もしも残業したらその時間だけ休みをとるか、残業代を請求するようになっています。

イギリス人は残業が嫌いで、仕事が終わったら5時きっかりに家に帰ります。そのまままっすぐ帰宅する人がほとんどです。

強制飲み会もないし、非常に働きやすいです。

イギリスでは有給休暇を全部使える

イギリスの企業では年間25日の有給休暇が支給されます。基本的に全部消化しなくてはいけません。

年末近くになって有給が残っていると、上の人に「もうそろそろ使い切ってくださいね」と言われます。

最低1度は2週間連続で有給休暇を使って長期休暇を取ることが会社のルール。休みを取ることに罪悪感を感じないし、当然のルールになっています。

有給休暇はあくまでも遊びのためで、病欠の場合は別に病欠休暇があって、病欠でも給料は出ます。

イギリスでは仕事をするなら英語ができないと辛い

英語は、私は読み書きは大丈夫なのですが、「聞く」ことが難しいんです。日本で習った英語はアメリカ英語なので、イギリス英語の発音には慣れていません。

イギリス英語には地方や地域の訛りがいくつかあって、北の方の地方の英語は大変聞き取りにくいです。

スコットランドの人からの電話は訛りがきつく、本当に分からなかったです。どうしても分からないので、同僚に電話を代わってもらいました。

ストレス解消には散歩と日本食

天気のいい日は郊外や公園に歩きに行きます。軽いジョギングもいいです。

あとは、やっぱり日本食を作ったり、お寿司を食べにいくことがストレス解消ですね。

スカイプで日本の友達と会話したり、ネットでドラマやお笑いの動画を見て笑うとすかっとします。

それから、日本の本をネットでお取り寄せして部屋でまったりしながら読むなど、けっこうストレス解消法はあります。

まとめ

いかがでしたか?

残業がなく、長期休暇を取ることや有給休暇を使い切ることが必須とは、日本とは大違いでうらやましいですね。

イギリス英語の癖に悩まされながらも、日本食や日本語に触れてストレスを解消し、ロンドンで充実した会社員生活を送っています。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 約束の時間
  2. シンガポールで働く
  3. アルゼンチンの国籍別のお仕事の特徴
  4. カンボジアの良さを伝える
  5. ドイツベルリンで部屋探し
ページ上部へ戻る