メルボルンの日系レストランで海外就職、海外で働き日本の良さを再発見

メルボルン

オーストラリア・メルボルンで海外就職し、日本の良さも再発見する。今回ご紹介するのは、会社を辞めて海外で働くという夢を叶えた宮崎さんです。

日本と海外の働き方や考え方、文化の違いを、どう感じたのでしょうか。海外で働く際に大事なことや、休日の過ごし方も話してくれました。

海外就職者プロフィール

32歳(女性)

海外就職先:メルボルン(オーストラリア)

給料:月によってまちまちだが月2000ドル以上

海外の勤務先:日系レストラン

求人へ応募しその場で面接、翌日からお試し

求人への応募は、求人サイトを見てひたすら電話するか、直接行ってレジュメ(履歴書)を出しました。メールで送った場合はほとんど返ってきませんでした。

直接行った場合はその場で面接してもらい、では明日からトライアル(お試し)、上手くいけば採用という流れでした。

海外で働くと日本の良さを再発見できる

海外で暮らして働くことが、大学時代から社会人の頃の夢だったんです。

一念発起して7年間勤めた会社を退職し、最初に選んだ街はオーストラリアのメルボルンでした。

理由は、ヨーロッパ風の建物に魅力を感じたことと、世界一住みやすい国ランキングがいつも1位だったからです。

日本とは違った環境、言葉、文化を通して、日本の良さを再発見できることと、私自身の可能性を広げられると感じたことが最大の理由です。

オーストラリアではお客様は神様ではない

日本ではお客様は神様、売り手はいつも下手(したて)です。お客様が何か文句を言えば、売り手は土下座してでもお客様の意見を尊重します。

しかし、海外では違います。お客様も売り手側も対等です。お客様の理不尽なクレームにはそれ相応の対応をします。

日本のお客様を大切にする文化は素晴らしいです。しかし、時々やりすぎではないかなと感じることもあります。サービスしすぎると、逆に後から損することもあります。

自分の意見を素直に伝えられるようになった

日本では上司の目、会社の目を考えて、思うように意見を言えないことがありました。

しかし、海外では自分の意見を言えなければ話になりません。「あなたはどう思うの?」とよく聞かれました。

だから行動に移すときはしっかり自分の意見を持ち、曲げないことが大事です。どんなに仕事で嫌なことがあっても、自分をしっかり持っていれば負けません。

そしてしっかり相手が納得するまで伝えること。言葉も大切ですが、伝えようとする努力が大事です。

オーストラリアでは日本の常識では考えられないことが起きる

日本でも、もしかしたら似たようなことがあるかもしれませんが、日本の常識では考えられないことがよく起きます。

例えば、8時からの仕事であれば日本では最低でも10分前に出勤するのが当たり前ですが、8時丁度か少し過ぎてから仕事を始める人が多いです。

その割に、仕事が終わっていなくても定時ピッタリに終わります。サービス残業しろとは思いませんが、ではもう少し早く出勤すれば良いのにと思います。

また、すぐに仕事を辞めてしまう人も多いです。

趣味に没頭してストレス解消

私は仕事がオフのときは極力仕事のことは考えないように、趣味に没頭します。

ヨガや公園の散歩をしてリラックスしたり、お菓子を作ったりします。また、愛用の一眼レフで街中の写真を撮るのも好きです。写真は編集してinstagramに投稿します。

ストレスが溜まった時は、友達にがんがん話して、一人で考え込まないようにしています。

まとめ

いかがでしたか?

自分の可能性を広げるためにオーストラリアに渡り、意見をしっかり伝えられるようになりました。

反面、外国で働いているからこそ、日本の素晴らしさを感じることも多いようです。

日本と海外、両方で働いた経験から、それぞれの違いや良いところを見つけられるようになったのですね。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. これであなたもファッションリーダー?タイ・東南アジアの6つ最先端ファッション
  2. お好み焼き
  3. 中国での妊娠
  4. カンボジアでSIMカードを買う
  5. トゥッケー:ตุ๊กแก
ページ上部へ戻る