ハロウィンより熱い!メキシコ最大のお祭り「死者の日」の3つのみどころ

メキシコの死者の日

毎年ハロウィン後の11月1日と2日に行われる、メキシコの「死者の日」のお祭り。

スペイン語で「ディア デ ロス ムエルトス(día de los muertos)」というこの祝日は、よく「日本のお盆みたいなもの」と言われます。

実はメキシコ、ハロウィンよりもこの「死者の日」への気合いが凄すぎて、世界中から観光客を集めるほど。では、そもそも「死者の日」っていったいどんな祝日なんでしょうか。

今回は必ずおさえておきたい見どころとともに死者の日をご紹介します。

メキシコの死者の日とは?

メキシコの死者の日

「死者の日」のコンセプトは日本のお盆と同じ、亡くなった家族や友人が家に帰ってくるというもの。日本でも迎え火を焚いたり、お墓をきれいにしてお花を飾ったりと、故人を迎える準備をしますよね。

それがメキシコ式になるともっと派手にお出迎え、という形になります。

自分もガイコツの仮装をしたり、本物のお墓を飾りたてたあげくに音楽をかけ、酒盛りしながら踊っちゃったり……。きっと戻ってきた故人も1年ぶりの「この世」でのパーティ、楽しんでいることでしょう。

見どころその1、オフレンダははずせない

メキシコの死者の日

死者の日のために何週間、あるいは何ヶ月も前から気合いを入れて準備するのが「オフレンダ(ofrenda)」という祭壇。

11月が近づくと広場やレストランの中に次々とこのオフレンダが飾られはじめます。

ど派手な町なかのオフレンダは目を引きますが、実はそれ以外にも心のこもったオフレンダが飾られている場所があります。

個人宅のオフレンダ

メキシコの死者の日のオフレンダ

オフレンダのそもそもの役割は、亡くなった家族の遺影や好きだった食べ物、お酒などを飾る祭壇。

そう、日本で言うと仏壇です。

ですからこのオフレンダ、実は個人宅にもそれぞれ趣向を凝らしたものが飾られています。死者の日にメキシコ人宅のホームパーティに呼ばれたら、ぜひオフレンダを見せてもらいましょう。

家族をとても大切にするメキシコ人ですから、供えられた故人の好物を眺めながら、いろいろな思い出話を聞かせてくれるはずです。

ソカロのオフレンダは必見!

ソカロのオフレンダ

メキシコの町の中心にはたいていソカロ(Zócalo)と呼ばれる広場があります。

なかでも首都・メキシコシティのソカロでは、毎年広大な空間に巨大なモニュメントが現れ、周りでは屋台が出たりやコンサートも行われて、かなりのお祭り気分を味わえます。

実はこのソカロの展示は毎年違ったテーマで作られているので、どの年にいっても二度と見られないアートに出会えるんです!
死者の日にメキシコシティに行くなら、このソカロのオフレンダは必見ですよ!

見どころその2、本気の仮装

メキシコの死者の日

「死者の日」の仮装は、ハロウィンでよく使われる魔女や悪魔などではなく、ガイコツをモチーフとしたものが一般的。ちなみに11月1日は子どもの魂が帰ってくると言われているので、仮装の主役は子どもたちです。

最近では伝統的なガイコツに加え、本人の希望でお姫様だったり、日本のアニメキャラのコスプレも人気が高いそうです。

もちろん大人も本気で仮装しているので、みなさんもお祭りに参加したくなったら、ぜひ仮装して町を歩いてみてください!

この時期は大きな市場やスーパーの衣料品コーナーでも気軽に衣装や仮装グッズが買えます。当日は電車でもどこでも仮装した人だらけなので、恥ずかしがらなくても大丈夫ですよ!

見どころその3、せっかくだから食べてみて、砂糖菓子カラベラ

砂糖菓子カラベラ

「死者の日」の食べ物といえば、期間限定で食べられる「パン デ ムエルトス(pan de muertos)」が有名ですが、一番目を引くのがこちらの砂糖菓子、カラベラ(calavera)。

そのままズバリ、「ドクロ」という名の砂糖菓子です。

メキシコではもともとガイコツモチーフのカラフルなデザインが多いんですが、そんなガイコツ好きが極まってもう食べちゃおう、という感じです。

このカラベラ、小さいサイズから本当の頭の大きさぐらいあるものまで様々ですが、味は100%お砂糖なので、食べる目的なら小さ目のものをおすすめします。

また、カラベラに贈りたい相手の名前を書いてプレゼントする習慣もあります。メキシコ人の友人から、いきなり自分の名前が書かれたドクロをもらってもびっくりしないでくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はメキシコ最大のお祭り、「死者の日」についてご紹介しました。

この日は地方都市オアハカでも盛大なパレードが行われたり、 ハニッツィオ島というところでは島全体で伝統的な儀式が見られたりと、メキシコ全土が盛り上がる日です。

メキシコは中南米の中でも比較的近くて行きやすいので、ラテン文化のお祭りを体験したい方はぜひ行ってみてください。ただし、世界中から観光客がやってくるので「行きたい!」と思ったら早めにホテルを押さえてくださいね!

おすすめ

アメリカ人の大好きなお祭り「ハロウィン」の正しい楽しみ方完全ガイド

メキシコの気になる治安、安全なメキシコ生活を送るために心がけるべき4つのこと

知っておいて損はない?メキシコの4つの常識

 

メキシコお役立ち

メキシコで生活するために部屋を借りよう(探し方・家賃・注意点)

あれば重宝間違いなし!メキシコへ持っていきたい4つのアイテム

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
ヒトミ☆クバーナ

ヒトミ☆クバーナライター

投稿者プロフィール

中南米と旅行に強い関西人ライター。
ラテン好きが高じてキューバ渡航4回、メキシコで2年働く。
現在はメキシコ人夫と大阪でおもしろおかしい毎日を過ごしている。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. フランス
  2. 憧れのメルボルンで働きたい!留学やワーホリで働ける仕事と給料
  3. タイの動物病院
  4. メキシコ
  5. 国際結婚
ページ上部へ戻る