フィンランドで移住生活!生活してよかった7つのこと

フィンランドの自然

フィンランドに来て半年が経ちました!

初めての海外生活……。言葉、人種、宗教など、たくさんの不安だらけの中スタートしました。日本にいたときのフィンランドのイメージは「寒い」、「サンタクロース」、「ムーミン」など漠然としていましたが、実際に住んでみるととても住みやすい国だということがわかりました。

そこで今回は、フィンランドで生活して特に良かったことを、7つに分けてご紹介します。

フィンランドはどこでも英語が通じる

フィンランド

フィンランドと言えば教育水準が高い国として有名ですが、まさにその通り。

ヨーロッパは観光地に行けば比較的英語が通じますが、フィンランドの英語の通じやすさは別格です。小さなスーパーのレジ等でも問題なく通じます。

フィンランドの公用語はフィンランド語、スウェーデン語の2つですが、どちらも全く話せなくても特に支障もなく生活できるのは大きな魅力の一つです。

フィンランドはカード社会である

クレジットカード

フィンランドはカード社会なので、ほとんどの人は現地の銀行のデビットカードで生活しています。なんとコンビニでジュース1本買う時もみんなカード決済なんです。

例えフィンランドに銀行口座を持っていなかったとしても、日本のクレジットカードさえあれば生活できますし、紙幣をたくさん持ち歩く必要がないことはセキュリティの面でも安全です。(VISA、Masterが一般的です。)

面倒なチップの習慣もないので、初めての方でも短い滞在でも快適に過ごせるでしょう。

フィンランドは治安がいい

ヨーロッパと言えばスリが多いなどあまり治安が良くないイメージがあります。

しかし北欧4か国はとても治安が良く、その中でもフィンランドは特に良いです。夏は日照時間がかなり長いため、夜でも明るく安心して歩くことができます。

もちろん海外ですので、日本のそれとは違うということを念頭においておけば、大きな犯罪に巻き込まれるようなことはまずないでしょう。

フィンランドは仕事の定時が早い

仕事

会社や学校などにもよると思いますが、フィンランドは定時が早く、午後3~4時ごろには帰宅を始める人が多いです。

その分始業も午前8時からと早めで、ランチタイムも午前11時ごろからです。そしてコーヒーブレイクタイムも取っています。

これはフィンランド人が効率性を求めて仕事をし、早めに家に帰って家族や自分の時間を充実させるためだと聞いたことがあります。そのおかげで、平日の夜でもゆとりをもって生活することができています。

フィンランドは自然がいっぱい

フィンランドの自然

森と湖がたくさんあるフィンランド。

夏は森にベリーを摘みに行ったり、湖畔のサウナからクールダウンのため湖に飛び込んだり。冬は雪景色の中ウィンタースポーツを楽しんだり、ラップランドの方へオーロラを見に行ったり。

緯度が高いためどうしても寒さはぬぐえませんが、その中でうまく自然と共存して生きているフィンランド人。アウトドアに関する知識をたくさん持っており、休日には都心から少し足を伸ばしてゆったりと自然の中で過ごす人たちがとても多いです。

フィンランドはヘルシンキ国際空港(ヴァンター空港)がとても便利

飛行機

ヨーロッパの国の中で、日本から一番近い国であるフィンランド。

日本からの飛行時間はおよそ9時間半です。ヴァンター空港はヨーロッパ有数のハブ空港であり、ヘルシンキからヨーロッパ各都市へのアクセスが非常に良いです。

週末を利用して、近くの国へ旅することが簡単にできます。とても小さい空港であり、最低乗り継ぎ時間(MCT)は驚異の35分!日本語表記が至る所にあるので、トランジットも安心です。

また、ヘルシンキ市内からヘルシンキ空港のアクセスもバス、電車で30分前後と近く、乗り換えもないため非常に便利です。

フィンランド人が優しい

フィンランド人

フィンランド人はいい意味でとても日本人に似てると思います。

シャイで人見知りな人が多いようで、しかし仲良くなるととても優しくしてくれるのが特徴です。一見仏頂面で愛想がないように見えますが、少し会話をしてみるとニコニコ話してくれる人が多いことに気づくと思います。

お人好しな人が多く、街中で困っている人を見ると、すぐに笑顔で助けてあげているフィンランド人をたくさん見てきました。控えめで自己主張をあまりしない人が多いので、私たち日本人からはとても「謙虚」に見えます。

まとめ

いかがでしたか?

多くの面で日本人と似た感覚を持っているフィンランド。街行く人の人種が違うだけで、日本に住んでいる時と大した生活様式の差はないように感じます。

フィンランドには移民が多いので、外国人だからと浮いてしまう場面もそんなにありません。穏やかな人が多く、まじめできっちりとした国民性なので、私たち日本人にとってとても付き合いやすい人種と言えるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. ホーチミンの賃貸物件事情
  2. 水道水
  3. シンガポールでの銀行口座開設あ
  4. 台湾の自助餐(バイキング)
  5. L'OPÉRA French Bakery
ページ上部へ戻る