台湾新北市のフィットネスジムへ海外就職、留学の思い出から台湾へ渡る

フィットネスジム

台湾・新北市のフィットネスジムに海外就職。今回は、日本の企業を辞めて学生時代に留学していた台湾で働き始めた友沢さんをご紹介します。

台湾でも日本語が生かせる職として、フィットネスジムの事務員になりました。日本と違う食べ物や習慣がストレスとなったこともありますが、発見の多い楽しい日々を送っています。

台湾での海外就職の様子をご紹介します。

海外就職者プロフィール

45歳(男性)

海外就職先:新北市(台湾)

給料:36,000元 日本円で16万

海外の勤務先:フィットネスジム 

留学していた台湾にもう一度

学生時代に半年程、台湾に留学をしたことがありました。その時に思い出ができたこともあり、もう一度訪れたいと思っていました。

一度は日本企業に就職をして働いていたのですが、それでも台湾で生活をしてみたいと思い続け、留学中にお世話になった友人の薦めもあり、以前の会社を退社し台湾で職を求めることにしたのです。

台湾で日本語を生かせる職場を探した

留学中に台湾語を学んでいましたが完璧とは言えませんでしたし、やはり言葉のハンデは少なからず感じていました。

なので、できれば日本語が生かせる職場を探していました。利用者に日本人もいる企業の場合は、日本人の従業員を求めていることもあります。

台湾でも日本人がよく利用する施設の場合は日本語が出来るだけでも重宝されますし、対応がスムーズに行えてトラブルも少ないのです。ですので、日本語が最大限に生かせる職種を探すことにしました。

日本語も台湾語も使う事務の仕事

新北市にありますフィットネスジムで、事務員として採用。施設を利用されるお客様には台湾の方もいますし、日本人の方もおり日本語も台湾語も使う環境です。

仕事内容は主に日本人の方への入会手続き等の事務処理ですが、台湾人の方への対応も求められます。日本語と台湾語で応対をしなければいけませんが、問題なく勤務に就くことができました。

考え方の違いで誤解を招いてしまう

お客様に対して的確に対応をしなければいけませんし、ご要望にお応えすることがサービス業の仕事だと思っています。

ご要望にお応えする為には時間がかかることもあるのですが、その点に対して無視をして後回しにされてしまったと思われてしまうことがありました。

確実に仕事をするためには状況を把握してから事を進めますが、日本とは違う環境のためどうしても時間がかかることがあります。その辺を理解してくれることが少なく、国民性の違いを感じました。

日本人にしか出来ない仕事で信頼を得る

フィットネスジムでは様々な仕事があります。

利用される方の対応に追われることも多く、トラブルも少なからずあるのですが、日本人の方へは私がほとんど対応をさせていただきました。

また、営業の仕事もあるんです。日本企業に赴いて施設のパンフレットを片手に会員の募集をするのですが、多くの方に入会して頂き私への評価も上がりました。

日本人にしかできないこともありますし、期待をかけられてもいますので、達成できたことへの充実感は計り知れないものがあります。

最初は食べ物が口に合わずストレスが溜まる

台湾で生活をするにあたり、台湾での風習や生活習慣等を学ばなければいけないですよね。

仕事の内容に関しては特に嫌な思いをしたこともありません。ですが、食生活に関しては慣れるのに時間が掛かりました。

日本人の場合、普段何気なくお米を食べていますが、台湾にも米があります。しかし食感が僅かに違っており、口に合うのに時間が必要だったんです。

皆さんが美味しく食べているのに日本人の私には口に合わず、一人だけ楽しんで食事をできませんでした。それでも、食べ慣れると不思議なもので徐々に美味しくなっていき、食文化に馴染んでいけたので、結局慣れるもんだなぁと思っています。

台湾での生活に適応するために

現地の生活に馴染むことは大切ですね。時には日本で学んだ習慣を忘れて生活をすることが大事です。

日本は時刻に正確であることが有名で、電車は予定時刻に到着しますが、それは日本ならではのことで、台湾ではまずありえません。

約束の時間に遅れてくることは日本では常識外れだと思われますが、その辺を日本と比べてしまうと納得のいかないことも多いですし、おかしいと思うこともあります。

日本人の常識に当てはめるのではなく現地での生活風習に当て嵌めて生活をすることが、海外での生活に馴染む第一歩だと思います。

台湾では毎日が発見

台湾という国は戦争中に日本の植民地だったことも影響しており、街の中には日本文化がありふれているんです。

日本語の看板も目立ちますし、日本食料理店も多く存在していて、日本にいるのではないかと錯覚をする時もあります。

休日には日本料理を求めてレストランに赴くことが多いですし、日本の書籍を購入して日本の状況を掴むことが楽しみです。

また台湾の友人もたくさん出来ましたので、おすすめのスポットに連れて行って頂いたりして、毎日が発見の楽しい日々を送っています。

台湾で仕事をするために備えておくべきこと

ある程度の現地の情報は頭に入れておくことも大事ですし、言葉も日常会話程度は覚えておいた方が良いです。

しかし完璧に言葉を覚える必要はありません。片言でも良いと思うんです。言葉が不自由でも現地に行けば雰囲気の中で伝わりますし、その気になれば身振り手振りでも伝わるものです。

職探しをする場合はいきなり海外に出向いても見つけるのに時間が掛かるかも知れません。海外専門の就職エージェントを探すか、現地に友人を作ってアドバイスを頂ければ、採用の枠は広がると思います。

まとめ

いかがでしたか?

言葉のハンデを逆に生かして、日本語を使う職に就いたのが良かったようですね。台湾で、日本人であるからこそ出来る仕事を見つけることができました。

とはいえ、郷に入っては郷に従えという通り、日本とは違う習慣も受け入れて生活せねばなりません。心構えは必要になるようです。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

中国とか東南アジアで海外就職をするとメリットもデメリットもあるけど総じて面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. カーレンベルク(Kahlenberg)
  2. これが中国の常識!日本の常識は通じない世界
  3. フィリピンで現地採用就職
  4. そもそもマテ茶って何?
  5. 郵便
ページ上部へ戻る