フランスで携帯電話を快適に!SIMカードを契約(購入方法・必要書類)

フランスのSIMカード

いよいよ始まった憧れのフランス生活。

語学学校や趣味を通して様々な国の友人達と仲良くなって、夜は皆でバーに飲みに行ったり、休日は車を借りて近郊へドライブ……。

なんてわくわくしながら思い描いていたけれど、携帯電話がないと連絡も取れないし待ち合わせ場所も分からない!そこで、フランスについてまずゲットしたい物の一つが、現地で使える携帯電話ですよね。

でもどうやって?契約方法は?いくらかかる?

そんな不安を解消するべく、ここではフランスでの携帯電話購入方法についてご紹介します。

フランスのSIMカードを扱う4つの大手キャリアとは?

携帯電話を契約する時にまず頭を悩まされるのが、どこのキャリアで携帯電話を契約するかということ。

今日本でも、SoftbankにNTTドコモ、au、そしてYahooや楽天の格安携帯会社なんていうのも沢山溢れていて、一体どこで契約をすればいいのか分からなくなっちゃいますよね。

そこでまず、フランスの大手キャリアを4つ選んでご紹介したいと思います。

フランスの最大手携帯電話会社、Orange

フランスの主要電気通信会社の一つであるフランステレコム(France Télécom)の傘下にある携帯電話会社で、世界30カ国、220地域にも及ぶ通信サービスを行っています。

4Gへの通信は、パリ・ナント・リヨン・ストラスブール・ボルド・トゥールーズ・モンペリエ・リールなどの主要都市で可能です。

お値段は他の携帯会社と比べると少々お高めですが、携帯ショップは街の至る所で見つけることが出来、また他社で繋がらない場所でもOrangeなら繋がるという事も多々あります。

通信の安定性、便利さを求めるのならOrangeがとっても安心です。

Oange公式HP:http://www.orange.fr

 

価格重視のBouygues

これから始まる海外生活。

頑張って日本で貯金して来たけれど、食費や家賃などの生活費は何かと高いし、たまには友達と旅行にだって行きたい。

そこで、出来れば通信費は節約したい!という方におすすめなのが価格重視のBouyguesです。

親会社はフランスの大手建設会社ブイグで、1994年から携帯電話事業であるブイグテレコムを設立し、1996年よりサービスを開始しました。

2004年にはNTTドコモと提携しi-modeサービスを提供したり、2013年11月よりはLINEとパートナー契約を結んでいます。

OrangeやSFRよりは規模が小さくフランス国内では第三位といった感じですが、ブイグテレコムの自社ローコストブランドであるB&YOUは、フリーモバイルに対抗して大幅な値下げをするなど、低価格路線で勝負しています。

同社の一番安いプランだと契約不要で3.99ユーロ/月くらいからあり、これなら学生でも気軽に携帯を持つことが出来ますね。

ショップは全国に500店舗以上あるので、ある程度大きな都市部では簡単にお店を見つけることが出来ると思います。

Bouygues公式HP:https://www.Bouygues.fr/

 

バランスの良いSFR

フランスのメディア大手ビベンディの子会社として誕生した携帯電話会社SFR。

フランス国内に750店舗以上を構え、Orangeとシェア一位、二位を争うフランスの最大手携帯会社の一つです。

お値段はOrangeより少し安く、Bouyguesより少し高いかなという感じで、ちょうどOrangeとBouyguesの間といったところでしょうか。

一度はBouyguesによるSFRの買収話しも持ち上がり、フランス第二位と第三位の携帯会社が一つになって、国内最大規模の通信会社が誕生するかと思われましたが、2014年に親会社のビベンディがSFRをCATV会社ニュメリカーブルに売却しました。

そして新たな合併会社ニュメリカーブル・SFRを設立し、ますますシェアを広げています。

SFR公式HP:http://www.sfr.fr/

 

他社を脅かす第四のキャリア!Free

第四のキャリアとして注目を集めているのが、通信ベンチャー企業イリアドが提供する「Free」。

フランス国内とアメリカなど14か国へのVoIP電話かけ放題、高速インターネット、そして81チャンネルにも及ぶテレビがセットになった定額プラン「トリプル・プレイ」をわずか月額30ユーロほどで提供し、フランスの通信業界に激しい価格競争を巻き起こしました。

そしてFreeのモバイルサービスでは、フランス国内への通話とSMSが無制限、さらに4Gのデータ通信が50Gまでついた定額プランを月額わずか20ユーロほどで提供しています。

このような超低価格プランを武器に、現在加入者をどんどん増やし、お隣のイタリア通信業界にまで新規参入を果たそうとしています。

また販売方法もユニークで、Freeのsimカードはなんと店舗に設置されている自動販売機で購入することが出来るんです。

これなら混んでいる店内で何十分も待たされるということも無く、またフランス語での会話が苦手で上手く説明できないという場合でも、とっても買いに行きやすくて嬉しいですね!

ちなみにSIM自動販売機では、好きなプラン、自分のスマートフォンに適応したsimカードの種類などを選んだら、最後にクレジットカードで決済することが出来ます。

良いこと尽くめに見えるFreeですが、しかし一点だけ弱点があります。

それは、パリの地下鉄などではあまり電波が良くなく、すぐに圏外になってしまうということです。この点だけ気にならなければ、かなりコストを抑えて気軽に携帯を持つことが出来ますね。

Free公式HP:http://mobile.free.fr/

フランスで使うSIMカードはプリペイド式?それとも年間契約?

SIMカードの契約

さて、キャリアを選び終わったら、次はいよいよプラン選びです。

フランスでは下記の二通りで携帯を持つことが出来ます。

 

プリペイド式SIMカードを購入する

年間契約不要で、携帯会社でSIMカードを購入したら、使いたい分だけのプリペイドカードを購入してチャージする事が出来ます。

プリペイドは町中のタバコ屋さんやモノプリなどのスーパーでも簡単に購入することが出来、購入した際にもらったレシートに書いてある番号を携帯電話で打つだけで、簡単にチャージすることが出来ます。

また最近ではインターネットを通じてチャージすることも可能になりました。

5ユーロ、15ユーロ、100ユーロなど、様々な価格のプリペイドを選ぶことが出来、価格によって有効期限も変わります。

筆者は二回の渡仏で計三年間ほどフランスに滞在しましたが、フランスは日本よりもWIFIスポットが多い事、また滞在期間もあまりはっきりと決めていなかった為、よりフレキシブルに携帯を持つことが出来るプリペイド方式で使っていました。

契約する際の手続きも簡単で、契約に必要な書類が少ないこともポイントです。

 

年間契約をする

日本と同様、データ通信固定プランや一定料金で通話し放題のフリープラン、携帯機種本体と一緒になったプランなど、各社でニーズに合わせた様々なプランを設けています。

その中から自分の用途に合ったプランを自由に選ぶことが出来、通話料やデータ通信費はプリペイドよりも安価です。

一番安いものだと月額3ユーロほどで持てるものもあり、携帯の使用頻度が高く一年以上長期でフランスに滞在する方にはおすすめの方法です。

 

SIMカードの価格重視でおすすめ

Free>Bouygues>SFR>Orange

 

SIMカードの安定性重視でおすすめ

OrangeまたはSFR>Bouygues>Free

といったところでしょうか。

また、短期滞在する場合やなるべく簡単な契約で済ませたいという場合はプリペイドがおすすめ。

一年以上の長期滞在者やフランスでSIMカードを安く手に入れたい場合などは、定額制の年間契約の方が使いやすそうですね。

フランスでSIMカードを契約するときに必要なものを準備しよう

書類

さて、自身の滞在スタイルに合わせてプリペイドか年間契約かが決まったら、次はいよいよ携帯会社に行ってみましょう。

一般的に、それぞれの契約には下記の物が必要です。

プリペイド式SIMカードの契約に必要なもの

  • 身分証明(パスポートや滞在許可証など)
  • 住所の登録

まだ住所が決まっていない場合や、旅行でホテルに短期滞在している場合などは、住所の登録が不要な場合もあるのでお店で一度相談してみましょう。

SIMカードの年間契約に必要なもの

  • 身分証明(パスポートや滞在許可証など)
  • RIB(銀行口座証明)
  • 住居証明 (過去3ヶ月分の家賃支払い証明書や住所の記載された光熱費の支払い証明書など。)

もし光熱費込みのシェアハウスやアパートの一室を間借りして住んでいる場合は、家主から住居証明の手紙を書いてもらえれば大丈夫です。

ちなみに、simカードにはsim、micro sim、nano simの3タイプがありますので、希望のsimの種類を店員さんにしっかりと伝えましょう。

また、APNの設定は自分でやらないといけない場合が多いので、良くわからない時は店員さんにお願いして設定してもらうと安心ですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回はフランスでのSIMカードの購入方法をご紹介しました。あなたに一番合った携帯のスタイルはどれだったでしょうか?

携帯契約は海外生活の初めの難関でもありますが、事前によく調べてからお店に行くとそんなに難しいこともないので大丈夫です。

携帯を使いこなして、より一層充実した滞在生活にしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 行動力
  2. 香港で働くためには
  3. タイに海外旅行の前にチェックしておくべき3つのこと
  4. タイで中型バイクに乗る
  5. これであなたもファッションリーダー?タイ・東南アジアの6つ最先端ファッション
ページ上部へ戻る