カナダでのワーキングホリデーを終え、日本に帰国してわかった10の変化

カナダ

カナダでの約1年のワーキングホリデーによる滞在を経て、日本に帰国した私ですが、日本に帰って様々な変化に気づきました。

海外生活を終え、行く前と帰国後の自身の変化についてご紹介します。

神経が図太くなった

カナダへワーキングホリデーに行くまでは、海外の人に話す掛けられるだけでビクビクしていました。

しかし、英語がうまく話せない相手でもコミュニケーションを取ろうとしてくれるカナダ人のおかげで、うまく英語で話せなくてもいいじゃんくらいの気持ちで、他人とコミュニケーションをとれるようになりました。

できないことに対しての劣等感を感じなくなりました。

外国人に親近感を持つようになった

海外に行くまでは、外国人なんてテレビの中の芸能人くらいの距離感を感じていました。

しかし、自分の力でコミュニケーションが取れ、相手も自分と同じ一人の人間なんだと実感してから、テレビに映る外国人や街中を歩く外国人はどんな人なのだろうかと考えるように。

困っている外国人を見かけると、他人事には思えなくなることもしばしば。海外に関するニュースでは、その国に住む友人たちの顔が浮かびます。

学習意欲が高まった

学習

言葉でも生活面でもわからない事だらけだった1年間。なんとか学習して生活することの繰り返しが身につきました。

また、日本で英語力を維持しようと努めたり、海外で出会った人々の事をもっと知りたくて、世界史を学んだり、その一方で、日本人として日本の事をもっと知りたいと思ったり、と無知な自分を認識する事で、学習したいという意欲が止まらなくなりました。

海外に対する批判に敏感になった

日本のメディアや普段の友人との会話で「中国人は〜だ」などという、国民を一括りにして述べるシーンがよくあります。

悪気はないのはわかっていますが、ついつい同じ中国人でもみんながみんなそうじゃない、と否定したくなります。

Facebookをよく見るようになった

以前よりも格段に国際色豊かになった私のFacebook。遠く離れた地でも、こうして友人と繋がり、近況を知ることができることは素晴らしいと実感。

その一方で、それぞれの人生を自分の知らないところで進んでいく彼らの姿を垣間見て、少し寂しくなることも。

外国人にもっと日本の良さを知ってもらいたくなる

海外に行くと、アジアの小さな島にこれほどの関心があることに驚きます。そのほとんどがプラスイメージ。

だからこそ、日本に来て、日本の良さをもっと知ってもらいたいと願います。訪日観光客を見かければ、「大丈夫かな、観光に苦労して疲れていないかな」と勝手に心配してしまいます。

他人の事をもっと知りたくなった

カナダにいた1年間は「初めまして」の嵐。国籍関わらず、相手を知り、新たな発見を面白いと感じ、親しくなる。

そんな自分にはない考え方や、自分が歩んでこなかった人生に興味をもち、知りたいと思う気持ちが強くなりました。

そして、ここで出会えたのも縁、その縁を大切にしていろんな人と関わりたいと思うようになりました。

自分で解決しようとするようになった

ここでの解決方法は、他人に任せることも含めてです。何か困難に直面した時、とにかくまずこれをして……。という解決への設計図を自分で作れるようになりました。

「どうしよう」と立ち止まっても自分が動かなければ誰も助けてくれない環境にいたからこそ、まず自分でなんとかしなきゃという意識が芽生えました。

人生や自分のことについて考えるようになった

世界

10代から30代という期間限定のワーキングホリデー制度。その期間は誰もが自分の人生や生き方を意識する期間でもあります。

そんな時、急に小学生くらい子が大人社会に飛び込むような体験をするのです。そこではわくわくする自分や臆病な自分を発見します。

いろんな人生の選択肢があるとわかった自分が、一番納得できる人生の選択を考えるために、一度初心に戻る経験をさせてくれるのが、ワーキングホリデーの意味だとも思います。

日々の生活を大切に思えるようになった

期限付きの海外生活だからこそ、帰国の日に向けてめいいっぱい楽しんで、成長して、この貴重な日々を過ごそうと思います。

しかし、それは人生でも同じ。終わりが必ずある人生だからこそ、1日1日を大切に生きようと思いました。いつまでも一緒にいられるとは限らない友人や家族。

いつまでも続くとは限らない今の生活。それを全てが大切と感じることができるようになりました。

まとめ

いかがでしたか?

私はこの1年間で人生や自分の価値観において大切なことをしっかり学んでこれたと思っています。もちろん人によって何が大切かは違いますし、ワーキングホリデーが人生でそれほど大きな意味を持たない人もいるでしょう。

しかし、どんなに帰国後苦労しても「ワーホリに行ってよかった」という言葉を多くの人が語るのは、そこで、人生において絶対に忘れたくない何かを得ることができたのだと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
naho

nahoライター

投稿者プロフィール

同志社大学を卒業後、「人生の中で、旅行じゃなくて海外に住んでみたい!」という衝動から、就活を横目に、カナダに渡航。
ワーキングホリデーを使い、カナダを西から東へと転々とするのち、運良く拾われたロッキー山脈の麓のホテル内で働くことに。アート、音楽、社会心理、旅行には目がない。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. 韓国に来てよかったこと
  2. 北京の帝玛(D-MART)
  3. 中国のイタ飯
  4. コタキナバルでトレイル
  5. 韓国の動物病院
ページ上部へ戻る