ロサンゼルスのホテルで海外就職!残業は恥ずべきことという職場環境で働く

ロサンゼルスのホテル

ロサンゼルスのホテルに海外就職。今回は、泊まったホテルに感動して、なんとそこに就職してしまった本田さんをご紹介。

初めはホテルのコールセンターで社員となり、その後、希望していたイベント企画部署に異動できました。ロサンゼルスでは「残業は恥ずかしいこと」と考えられているなど、日本とは働き方の違いも多くあります。

今回はロサンゼルスでの海外就職についてご紹介します。

海外就職者プロフィール

35歳(女性)

海外就職先:ロサンジェルス(アメリカ合衆国)

給料:2,500ドル

海外の勤務先:ホテル

ロサンゼルスで泊まったホテルの素晴らしさに感動

当時アメリカ人と結婚し、永住権を得てアメリカで生活していました。元々旅行などが好きで、旅行業やホテル業に就きたいと考えていたんです。

ある日、諸事情から住んでいた町(ロサンゼルス)にある高級ホテルに宿泊する機会があり、そのホテルの素晴らしさに感動しました。

直ぐにそのホテルでの勤務を希望し、募集内容があるか確認し、応募し、ロサンゼルスで働くことになりました。

夜勤がなく、ホテル内部に関われる職種を探した

ホテルは24時間営業なので、ある程度の早朝・深夜勤務はあると思っていましたが、健康上の理由で夜勤は避けたいと考えていました。

なので、ホテル内で夜勤が発生しない日勤の職種を探したんです。

また、ホテルの内部に深くかかわれるポジションかどうかも、視野に入れていました。

コールセンターに始まりイベント企画部署へ

応募した際には希望していたポジションに空きがなかった為、初めはコールセンターの社員として入社したんです。英語は勿論、その他世界各国の方からの電話に対応しました。

その後、フロントデスクに異動し、チェックインやお部屋の管理などを行います。フロントデスクでマネージャーを務め、社員のシフト管理等のタスクも加わりました。

さらにその後、元々働きたいと思っていた部署に空きが出来たため異動し、ホテルの婚礼、会社会議などのイベントを企画する部署で仕事にあたっています。

仕事で残業するのは「恥ずかしい」という考え方

日本で仕事を検索すると、アピールポイント等に残業少なめなどと書かれているのをよく目にします。

けれど、私が勤めているホテルでは、残業をするというのは時間内に仕事を終わらせる能力がないとみなされ、恥じるべきことなんです。

また、どうしても残業をしなくてはいけない日がある場合は、事前に上司に確認し、許可を得てからでないと出来ない環境です。ロサンゼルスではとにかく残業は認められにくい環境にあります。

仕事のマニュアルはさほど重視されない

もちろん、各部署においてマニュアルは存在しました。研修中は、そのマニュアルを元にそれぞれが仕事にあたります。

けれど慣れてくると、マニュアルにとらわれず、自分の意志で会社の為に、お客様の為に良いとされる事を、皆が自分の意志で行っていると思います。

一社員として与えられる権限も大きいですし、それぞれの仕事に対する気構えも違っていると感じていますね。

社会保険等の適用には時間がかかる

日本では正社員、又はある一定の基準を満たした社員は、入社当初から直ぐに社会保険などが適用になるようですが、アメリカはそうではありません。

入社後3か月間は試用期間として社会保険への加入が不可能です。なので、保険に加入していない時期が発生します。

この間に個人で加入できる保険も存在しますが、保険料も安くはなく、無保険で過ごす人も少なくありません。

郷に入っては郷に従え

アメリカで生活し仕事に適応していくために大事なことは、郷に入っては郷に従うことだと思います。

アメリカに限らず、それぞれの国にはその国に伝わる文化があります。

海外に出たはいいけれど、いつまでも日本人というステータスを忘れることが出来ない人は、現地で苦労することが多いのではないでしょうか。

日本人である自分を否定する、忘れる訳ではなく、現地での風習などを理解し、それに沿って生活することが、海外生活で学べることを最大限に増やしていける鍵だと思います。

休日にはカラオケ、映画やゴルフ、アウトドア

都会に出ると日本のカラオケボックスのようなものも多くあります。休日には、そういったものを利用するのもいいと思います。

また、日本に比べて価格が安いのが映画やゴルフです。この機会に趣味を増やすのも良いかもしれません。

他にも、自然豊かな場所であれば、ハイキングやキャンプに出掛けたりとアウトドアを満喫するのも良いストレス発散方法だと思います。

渡航前には銀行口座やカード、保険の準備を

アメリカであれば 、事前準備には、現地での銀行口座と小切手を用意しておくとよいと思います。また、使用する・しないにかかわらず、クレジットカードを1枚持っておくと便利です。

保険適応までに時間を要する場合が多いので、その期間中だけでも、日本で現地用の保険に加入しておくと安心だと思います。

それから、通常仕事に通う際の交通費は支給されないので、職場近くの家やアパートを探すことをお勧めします。

まとめ

いかがでしたか?

海外には、日本と違う文化や習慣が多くありますよね。お互いの違いを尊重し、現地のやり方にならうのが、うまくやっていくコツのようです。

また、保険などの事前準備もしっかり済ませてから渡航すると、安心できますね。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. ペナン島の食事
  2. 留学じゃー
  3. インドネシアのビザ
  4. イブリックリゾートホテルの部屋
  5. L'OPÉRA French Bakery
ページ上部へ戻る