【ニューヨーク】医療機器製造の会計担当として海外就職!とにかく英語力

ニューヨーク

ニューヨークのアメリカの医療機器製造会社で働いています。今回ご紹介する古谷さんは、英語が全然できないと言いながら、スキルアップのため海外就職しました。

英語力が足りずトラブル対応が大変だった経験から、渡航前には時間がある限り語学を学んでおく方がいいと語ってくれました。

ニューヨークでの海外就職経験談をご紹介します。

海外就職者プロフィール

39歳(男性)

海外就職先:ニューヨーク(アメリカ)

給料:月80万円(手当込)

海外の勤務先:医療機器製造(会計業務)

英語ができればキャリアアップに役立つ

転職を考えていた時、たまたま海外で会計のポジションを見て興味を持ったのがきっかけです。

もともと英語は全然できなかったので、英語ができるようになればキャリアアップにプラスではないかというのが一番の理由でした。

米国会計基準が分かれば英語は中程度でも良いというようなポジションであり、応募したところ採用してもらえたという経緯です。

ニューヨークでの仕事では「給与と成長」を重視

重視していたのは給与と成長でした。成長という面については、自己満足ではなく、スキルアップして将来の転職の幅を広げたいという意味です。

その意味では、長期的に給与が高い仕事ができるようにということですから、給与と言ってもいいのかもしれません。

組織への帰属意識が低いアメリカ

アメリカでは日本とは習慣や考え方が異なるということを理解して行ったつもりだったのですが、仕事をする上で組織への帰属意識の低さには戸惑いました。

個人は会社と契約しており、労働の対価としてお金を払うということは、当たり前ではあると思うんです。

ですが、仕事が終わらないから夜までやってほしいとか、土日でカバーしてほしいとか、そういったことはまったく価値観として無いんですね。

個人主義の徹底ぶりに「こんなに深刻な話なのに」と思ってしまうことが多くありました。

ニューヨークで働き、日本の良さや悪さを見つめ直せた

日本でもいろいろな会社があり、いろいろな人がいますが、外国人はその枠を大きく超えて日本人と異なる部分がありますよね。

そのため、「日本人」というのが1つのカテゴリとして強く認識されるんです。

自分が日本人であることや、日本の会社、日本人の働き方などを見つめ直すことができたので、良かったと思っています。

特に、日本人ならではの理不尽な考え方、無駄な作業、非効率なやり方など、今まで当たり前だと思っていたことが冷静に考えるとおかしいことだと気付けたりしました。

英語でのトラブルへの対応に苦労する

車の鍵をレンタカーに入れた状態でロックしてしまったり、風呂の水を溢れさせて下の階に漏水させてしまったりしたことがあります。

これは語学の問題ですが、 そういった生活している中でたまにあるトラブルへの対処には、本当に苦労しました。

ニューヨークで何年か生活してTOEICで950点ぐらいにはなりましたが、ややこしい話の解決には全然不足しています。日本のように謝って誠意を見せれば良いものではないということもあり、本当に怖かったです。

結果的に大きな問題にはなりませんでしたが、交通事故や大きな病気などになったとしたら、と考えて不安に思っていました。

ニューヨークで働くならアメリカ人になりきるつもりで

アメリカでの生活に適応するために重要なことは、なるべく固定観念を払おうと意識的にすることではないかと思います。

私のようにそれまで日本で長年生活していた人間からすると、アメリカでの生活はあまりに異なるものです。

「なぜそうなのか?」とか、「日本は良かったなあ」と考えたりするとストレスが溜まってしまいますよ。

なので、ここはこういうやり方、日本は別のやり方、と割り切って受け入れようとしないと、人間関係などもうまくいかないと思います。

「日本人キャラ」でやっている人も見たことがありますが、そういう人はなかなか溶け込めていないように見えました。

現地人になりきるぐらいのつもりの方が、うまくいくのではないかと思います。

ニューヨークの休日はテニスで人と交流

私はテニスが好きなので、地元のテニススクールみたいなところでテニスをするのが楽しみです。そこでは他の人と交流も出来て良いですよ。

休日はあまり人と話をする機会がないので、他にも何かイベント等に参加して人と話す機会を意識的に作るようにしています。

英語で話す機会だけを作った方が英語力は伸びると思うのですが、話す機会が少なくて寂しくなってしまう時もあるため、日本の知人とスカイプで話をしたりもしますね。

時間のある限り英語を勉強しておこう

アメリカで働く場合には、ある程度現地の情報も知っておいた方が良いと思いますが、圧倒的に語学が大事だとは思います。

特に、現地ではどういう生活になり、それにどう慣れるかということについては、事前に準備するのも難しいですよね。

なので、時間のある限り語学を勉強しておくというのが良いのではないでしょうか。

日本にいると日本語と触れる機会がどうしても多くなってしまいますし、赴任後の方が圧倒的に伸びると考えると非効率かもしれません。

ですが、トラブルに巻き込まれるのをなるべく避けたり、憂鬱にならないためにも、事前に準備しておくのが良いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

習慣や考え方の違いから、日本の良い点も悪い点も見えてきたと言います。その違いを割り切って受け入れることで、現地に溶け込めるようになったのではないでしょうか。

語学力を磨いて、キャリアアップできるといいですね。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. 青島54広場
  2. イギリス
  3. ミャンマー語
  4. サウナ
  5. ディズニーランドパリ
  6. 台湾でのワーホリ

おすすめ記事

  1. タイの常識
  2. フランクフルト
  3. バリ島のBPJS健康保険
  4. オーストラリアでワーホリ
  5. マレーシアからタイへ入国ツアー会社選び
ページ上部へ戻る