海外就職のきっかけは「あこがれ?」それとも「やりたいこと?」

海外

海外での仕事に対して、経験のない人やそのような選択肢となかなか縁がないと思っている人たちは、羨望のまなざしを向けることもあるでしょう。

しかし、日本国内で働くことが楽だといえるのかと問えばそんなことは決してなく、仕事そのものはどこであっても真剣勝負なのではないでしょうか?

海外で働く場合は、仕事そのものよりも、「現地で生活しながら」という状態が最大の特徴になります。

そこで、ここでは、海外に出て働くことを選ぶきっかけに焦点を当ててご紹介します。

自分がやりたい仕事ができる場所が「海外」である

まずは、自分がやりたい仕事ができる場所が、海外であるという場合です。

たとえば、ひとことで海外で働くと言ってもどのような仕事があるのでしょうか。

海外の学校で日本語を教える、現地で工業技術、農業技術を指導する、日系企業で働く、非日系企業の対日ビジネス部門、ホテル、旅行会社、飲食店などのサービス業、など簡単にあげられるものをはじめとして、さまざまな仕事の選択肢があると思います。

このような仕事は、企業側が、現地の人材ではなく是非とも日本人を使いたいという考えから採用するわけですから、企業側からの期待とこちらのモチベーションが合致すればとても精力的に働くことができ、非常にやりがいのある仕事だといえます。

海外で働きたいと思うきっかけが、このような仕事への強い思いであるのなら、迷うことなく海外就職、海外転職の道を進んでいけるでしょう。

いくら仕事への強い思いがあっても、海外の生活に慣れなければうまくいかないのではないかと思うこともあるかもしれません。

しかし、生活のためにも収入を得ることが重要ですし、海外で自分のやりたい仕事に就けるならば、多少の生活の不便さなどは耐えていけるものだとポジティブに考える人も多いと思います。

関連:どんな人が海外での暮らしを楽しむことができる?海外に適した人の6つの特徴

海外での生活を実現させるために「仕事」を探す

海外での生活

次に、海外での生活を実現させるためのきっかけとして、仕事を探す場合です。

実際に、海外での暮らしにあこがれて海外就職を希望する人もいるようですが、そのようなきっかけを良しとしない考えも多いことは事実です。

なぜなら、海外での仕事、働くことについての認識の甘さが感じられ、そのような中途半端な考えでは成功しないのでは、という疑問を呈す人が少なくないからでしょう。

「海外で暮らすために仕事を探す」のではなく、「海外で働きたい」という志が先立つべき、という考え方は、まさにその通りであるとも思われます。

ただ、必ずしもそのような思いだけが海外就職の成功を導くとは限らないかもしれません。

関連:海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

日本から出ることで大きな転機のきっかけになる

日本で生まれ育った者にとって、海外に出て仕事をするということは、その後の人生を左右するようなことであることには間違いないでしょう。

若いうちのワーキングホリデーやインターンよりも、ある程度の経験を積んだ上で臨んだ海外転職のほうが、より人生への影響が大きくなるとも言えます。

若いうちに挑戦し期待した結果が得られなかった場合、時間的にまだやり直しがきくかもしれません。

しかし、30代以上の場合は結婚して家族もいるかもしれませんので、生活を守る安定した収入を得ることが第一となり、それまで日本国内で働いていた人が海外転職の選択肢をとることは、非常にリスクの高い大きな挑戦となります。

配偶者が続けている仕事はどうするか、子どもの教育環境に問題はないか、などの家族に関わる事柄は、自分自身だけで簡単に決めることができない問題であるといえるからです。

海外での生活は日本とは違ったプレッシャーもある

海外生活

海外に出て働き、現地で生活を送るということは、実際に非常に厳しい側面があります。

海外での生活で、何か苦しいこと、つらいこと、どうしても納得のいかないことなどがあると、日本国内で経験する何倍ものストレスがかかりますから、さまざまなストレスを乗り越え、本当に現地での生活を楽しめる人こそが仕事にもフルに打ち込め、成果を出せるともいえます。

そのような厳しい側面は、日本国内にいるだけではなかなか理解できない部分も多く、実際に経験した者同士で話すトピックとしては、最も盛り上がる話題となります。

海外生活を本当に分かってる?

海外に出て働きたいという思いをもつ人たちの中で海外旅行の経験がない人はあまりいないのではと思いますが、海外の有名な都市に限って言えば、メディアを通して多くの情報が入ってくるため、行ったことがなくても現地の状況がわかっている気分になり、その結果そこで働くことが目標に掲げられることもあります。

たとえば、アメリカではニューヨークやロサンゼルス、イギリスではロンドン、アジアでは上海やシンガポール、中東のドバイなどが、働いてみたいと思う人が多い人気の都市ですが、「実際に行ったことはないけれども現地で働いてみたい」という人は多いようです。

しかし、勤務している会社の海外転勤のような場合ではなく、自分自身の意志で海外に出ることを選ぶなら、希望の勤務地には一度は訪れてみるべきでしょう。

最低でも1週間は滞在して海外の様子を体験すること

海外生活

現地の生活を垣間見るためには、滞在日数として最低でも1週間はほしいところです。

観光目的のよくあるツアーでは、街の様子や現地の人々の様子はなんとなくわかるかもしれませんが、現地で自分が生活するイメージはしにくいのではないかと思います。

実際に通勤などで利用するであろうと思われる交通機関を利用してみたり、ふだんの食事で利用しそうな飲食店や、食材や生活雑貨の調達に利用できるスーパーマーケットなどに行ってみることを、朝、昼、夜のそれぞれの時間帯で体験してみることがよいのではないでしょうか。

また、日系人向けの不動産会社の窓口を訪れることができれば、現地で働く日本人がどのような住宅を借りて住んでいるのかなどの情報を得ることもできるかもしれません。

1週間ほどの自由な時間があれば、そのような情報収集を十分にできるはずです。

そして、日本に帰国後落ち着いて振り返ってみて、「また行きたい」とか、「是非現地で働きたい」という思いがあるようなら勤務希望の地として選択肢にあげてよいのだと思います。

「あまり魅力がなかった」と感じるようであれば、もはや選択肢からもれているも同然ですので、その土地に対する自分の素直な印象や感覚は大切にしてよいのではないかと考えます。

自分が海外で暮らしたいと思う理由をもう一度確認してみよう

海外での暮らしへのあこがれから海外に出て働くことを選ぼうとしている人は、少しさかのぼって、自分が海外で暮らしたいと思う理由をもう一度確認しておきたいものです。

具体的に説明できる理由があれば、自分の気持ちもぶれることなく、多少の困難には動じない精神力で立ち向かうことができるでしょう。

物事の流れの中で、自分の想定内で済むこともあれば、想定外の結果を招く場合も少なくありません。

どのような場面に遭遇しても、自分の中でゆるぎない志があれば乗り越えていけると思いますので、確固たる理由のもとで海外での暮らしを望み、現地で働くことを選ぶのであれば、その気持ちを大切にして、まずは前進してみることがよいでしょう。

まだまだ海外就職や海外転職はメジャーとはいえないかもしれませんが、それでも少しずつ勇気ある選択をとる若者が増えていけば、彼らが日本の真の国際化をリードしていくこととなるのだと考えます。

まとめ

いかがでしたか?

自分が働きたいと思う場所が国内であれ海外であれ、ただ流されるのではなく自分の意志をもって仕事に対する展望をもつことは、非常によいことだと思います。

もちろん、海外を選んだ場合の情報収集から就職活動、手続きなどのすべては、国内のそれと比較できないほど時間や労力がかかることですが、それをひとつずつ乗り越えることも、実際に働き始める前の関門ですので、自分と向き合いながら一歩一歩着実に進み、海外就職を成功させてほしいと思っています。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. 白いコーヒー?マレーシアでコーヒーをたしなむ
  2. ダイナソー・バーベキューDINOSAURBAR-B-QUE
  3. トゥッケー:ตุ๊กแก
  4. タイの刺繍クッション
  5. 北京空港
ページ上部へ戻る