ドイツ部屋の探しならこれ!Imobilien24を使って素敵なお部屋を探そう

ドイツの部屋

ドイツに住みたい、または住むことが決まっている方も、どんなお部屋に引っ越したいですか?

ドイツのお部屋はとても過ごしやすいと個人的に思っています。窓が大きく、石造りで暖かい。日本の住まいより全体的に広い造りが多いです。

ユニットバスが基本だったり、築100年の物件が綺麗だったり、日本とは違う感覚で取り組むお部屋選び。暮らしの基本となる住まいのことですから、ポイントを押さえて素敵なドイツ生活の拠点を確保しましょう!

今回はImobilien24を使ったドイツの部屋の探し方をご紹介します。

みんなはどうしてる?ドイツのお得な物件の見つけかた

まず、お部屋探しにあたって、以下の点をしっかり自分で確認しておきましょう!

  1. 場所
  2. 家賃の予算
  3. 部屋の数、広さ(何平米か)

もしすでに繋がりがあるなら、いろんな人に空き部屋を知らないか聞いてみましょう。もしかしたら「来月引っ越す人を知っている」という情報をもらえるかもしれません。

前の人が引っ越してすぐ入居者が決まるのは大家さんにとっても楽なこと。不動産で募集をかけてライバルが現れる前にアポイントが取れたら、早く決まる可能性があります。

地域にもよりますが、比較的都会、というような場所であればライバルが多く、予想以上に住宅探しが難航する場合も。甘く考えず、借りられる助けは求めてみるのも必要かもしれません。

また、インターネットで探すなら、ドイツで人気のある大手サイト「Imobilien scout 24(イモビーリエン スカウト24)」がおすすめです。

不動産サイトですが、一人暮らしのアパートから一軒家、WG(共同生活アパート)まで色々なタイプに対応しているので、要望に沿った物件を探していくことができます。

基本の”ドイツの住まい用語”解説

さて、これからお部屋選びをするにあたって、知っておくべき基本の「住まい用語」をまとめてみました。参考にどうぞ!

①Wohnung(ボーヌング)

賃貸住宅。アパート、マンション共にこう呼びます。

②Fläche(フレッヒェ)

部屋の広さ。 ㎡で表します。ちなみに1平米は約1.65畳です。

③miete(ミーテ)

家賃。 kalte mieteと記載されている場合は、純粋な家賃のみ。これに共益費なとがかかります。

warm miete(バーム ミーテ)の場合は共益費のほか、水道・暖房代などが入っています(住宅システムによるので、個別の確認が必要)

④nebenkosten(ネーベンコステン)

いわゆる共益費。エレベーター代、ハイツング(暖房)代、下水、ごみ関係などなど。

⑤stromkorsten(シュトロムコステン)

電気代。個別の契約が必要です。

⑥Etage(エタージェ)

階数。3階なら3.Etageです。ドイツの住宅は、ロビーを数えないので日本でいう2階が「1階」。ロビー(入り口)の階は Erdgeschossと言います。

ドイツのお部屋探しに「Imobilien24」を使ってみよう

知り合いもいないし、いきなり不動産屋さんに行くのはちょっと……という方のために、インターネットで簡単に住宅が検索できる” Imobilien24”での探し方を紹介します。

公式サイト:https://www.immobilienscout24.de

上記のリンクから登録ページに進みます。

imobilien24

スマートフォンからだと、トップページはこんな感じ。

矢印マークの3本線のアイコンをクリック!

アパート物件を探してみましょう。

 

imobilien24

1番上のWohnenを選択します。

 

imobilien24

希望条件を入力していきましょう!

会社や学校などが決まっている場合は、住所を細かく入れると近い場所を探してくれます。

 

imobilien24

”Suchen” が ”さがす”です。

お部屋の候補が出てきました!

家賃はもちろん場所に左右されますが、アパートは日本の同価格帯に比べると基本的に広めで、お得感があります。

気になる物件があればクリック。詳細を見てみましょう。

 

imobilien24

色々な条件が細かく書かれています。

お風呂場が2つあるんですね。写真がないので分かりませんでしたが、シャワー室と浴槽が分かれているのかもしれません。

 

imobilien24

地域の家賃相場を教えてくれるグラフがついているのが便利ですね。

濃くなっているところが平均価格帯。左側に矢印が寄るほど”格安物件”です。写真のお部屋は平均ど真ん中。

これまでの経験からは、格安物件は治安の悪い地域などの場合もあるのであまり欲を出さずに「平均価格帯の中で安め」あたりが狙い目かなぁと思っています。

ちなみに、ドイツの住宅は石造りのため築年数で家賃が下がることはありません。むしろ古くてレトロだから人気で家賃高め、という場合もありますので、年数はあまり参考にならないのが日本と違う所です。

事前に準備しておくべき必要書類

さて、気に入った物件が見つけられたら不動産屋さん、または大家さんに直接連絡して契約したいところですが、ドイツは書類に厳しい国。

書類が揃わないと時間も手間もかかるので、きっちり書類を揃えて応募したいですね。

【必要書類】

  • パスポート
  • ビザ
  • 信用情報(信用機関Schufaの書類)
  • 給与明細3ヶ月分(あれば)

この他、不動産屋さんにもらう、名前などを記入する書類(Mieterselbstauskunft)、以前住んでいた住宅がある場合は、その時の大家さんからもらう書類(Mietschuldenfreiheitsbescheinigung)などがあります。

信用情報Schufaの書類はインターネットから申し込みして、郵送で届きます。借金の返済履歴、遅延状況などが記録される機関です。

まとめ

いかがでしたか?

気に入ったお部屋に住めると、それだけで気持ちがいいものです。特に海外生活で安心してくつろげる空間はとても大切ですよね。

最寄り駅やスーパーからのアクセスなどももちろん大切ですが、通りが1本違っただけで治安ががらりと変わるような場所もあります。近年、移民問題が議論されているドイツですから、住宅周辺にどんな人たちが住んでいるのかなどの雰囲気も含めて一緒に検討できたらいいですね。

素敵なお部屋が見つかりますように!

おすすめ

ドイツ人を観察!ドイツの日本食レストランで働いて見つけた4つのこと

ドイツでの銀行口座の開設方法まとめ(種類・必要書類・維持費)

老若男女が楽しめるベルリン・ドイツ技術博物館がめっちゃ面白い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. ディズニーランドパリ
  2. 台湾でのワーホリ
  3. ベルリン
  4. ベトナム
  5. 英語力
  6. 台湾

おすすめ記事

  1. 韓国に来てよかったこと
  2. タイの飲み物事情
  3. インターナショナルな街ベルリン
  4. リーベル・プレート(RIVER PLATE)
  5. トゥッケー:ตุ๊กแก
ページ上部へ戻る