就職や転職で海外へ!20代のうちに海外就職に挑戦するべき3つの理由

海外で働く

今回は、「海外に就職先や転職先を求める決断は若い方がよい」と言われる理由にせまります。

まだ若いので海外就職や転職に踏み切る勇気がないと思っている人にも、ポジティブな考え方ができるようになれるよい機会ですので、1つずつご説明していきます。

海外に出て働くなどということは、日本で生まれ育った者にとっては一世一代の賭けのように思うかもしれません。

それでは、実際に海外に出て仕事をしている人たちはどんな感想を抱いているのか、特に20代で海外に挑戦して正解だと思えたという人たちの見解をもとに見ていきます。

旅行だけでは到底得ることができない貴重な経験ができる

筆者が20代で海外に仕事を求めたのは、学生時代からずっと海外に出たいという気持ちが強かったからです。

学生時代に留学するという選択肢がなかったわけではありませんが、そのときの自分には留学にかかる費用を準備することもできず、あきらめていました。

20代半ばという、世間ではまだまだ若輩と言われる年代で、友人のほとんどは国内での仕事に従事しています。

そんな中で、海外に出る決心をしたことは非常に大きなことであり、そしてそれを実現できたことは自分の大きな自信となっています。

自分のライフプランについて考える場合、20代でしたいこと、30代でしたいこと、というように年代で目標を立てることが重要だと思います。

時間

筆者自身は、安定した収入を求める生活は30代になってからだという考えをもっています。

なぜならば、企業内で中間管理職へと昇進したり、さまざまな能力を身に付けた30代になると収入格差が大きくなっていきますが、それ以前の20代ではまだ格差はそれほど大きくないからです。

そんな20代、友人たちとそれほど収入格差がないのならば、日本国内よりも海外をとるほうが、人生経験のひき出しが増えるのではと思うのです。

残念ながら、日本で生まれ育った若者は、使える英語を操れる人はまだ多くなく、国際感覚もなかなか育ちにくいのが現状ですので、若いうちに英語もマスターし、海外生活にも慣れることができれば、キャリアにおいて非常に強みになります。

海外での生活には苦労も当然あり、時には気持ちが折れそうになることもあるかもしれませんが、そのような経験を持つことで同世代の中でも非常に貴重な人材となり得ることを考えると、その経験は手に入れて決して損はないといえる大きな財産であると思います。

そして、海外就職が実現したら、現地の日々の中で契約期間満了後の帰国までにどれだけスキルアップできるかを意識しながら過ごすこととなります。

もし、帰国を考えるよりも、より長い期間の現地滞在や他の国への転職を考えるようになったとしても、さらにその先に必要となる能力を身に付けるために努力する必要が出てくることから、海外就職はそれぞれの目標を立てやすく、それに向かって前向きに努力できるポジティブなフィールドであり、挑戦する価値があると考えます。

関連:海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外を知ることで、母国である日本を改めて客観視できる

日本

私たちのほとんどは日本で生まれ、日本で育ち、身近な人は日本人ばかりという生活を送っています。

この状態でいられることが母国で暮らすということで、当然といえば当然のことであり、私たちはそのことを全く意識することなく日々を過ごしています。

そんな中での話題は、インターネットやテレビからリアルタイムで得られる情報がほとんどで、国内の話題のほうが海外の話題よりも多くなります。

日本人は、日本のよいところや日本の文化などを外国人に尋ねられたときに、うまく説明できないことが多いとよく言われています。

さまざまな情報がインターネット上で得られるようになった昨今、日本人の間では特に有名ではないような場所に、多くの外国人観光客が訪れていたりすることもあるようです。

これは、日本にいる日本人には当たり前で気づかない良さに、外国から来る人たちが気づくという典型的な例だと思います。

海外に出てみると、自分が実際に目でみた外国での様子と日本のそれとを比較することができ、日本のよいところもあまりよくないところも、はっきりと見えてきます。

そのようにして発見した日本のよいところは、外国の人たちに自信をもってアピールすることができるようになり、逆にあまりよくないと思われる部分の発見は、外国での良い例を参考にして少しずつ「よい」と思う方向へ変えていくきっかけとなるのだと思います。

人と人が出会う時、日本人同士の場合と、日本人と外国人の場合を例にとっても似たようなことが言えます。

日本人同士のときには、おもしろみに欠け普通であると感じる話題やリアクションも、日本人と外国人の場合はお互いの価値感、文化の違いのぶつかり合いになるものです。

しかし、その一つ一つに納得がいくかどうかはさておき、異なる考え方を認識することで、自分が持っているものへの認識も深まり、自分を冷静に見極める力も育つのではないかと考えられます。

以上のようなことから、若い世代でこのようなものの見方、冷静な判断力を身に付けることが可能な海外就職は、人間力を高めるためにも非常に役に立つことだと思います。

関連:海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

非英語圏の場合、英語の他に現地語が覚えられる

言語

勤務する国が英語圏であれば、学生時代から勉強し続けている英語を仕事で操れるようになるまでに上達させることができ、国内での学習では限界があることを考えれば、それだけでも十分メリットといえるかもしれません。

しかし、もちろん世界は英語圏だけではないのです。

海外に出て働いている日本人がいる国は、非英語圏も多くなっており、そこでの生活には現地の言葉の習得が必要になります。

しかしながら、非英語圏では全く英語を必要としないのかといえば、そうではなく、その土地柄や、職種によっては、仕事上の会話は英語ということもよくあることです。

例をあげれば、ベトナムでは、公用語がベトナム語でも社内では英語、フィリピンでは、フィリピン語(タガログ語)と英語が公用語であり、仕事でも街でも両方の言語が入り混じります。

日本人のクライアントとは日本語を話し、現地スタッフとは英語で話し、さらにローカルな地域の言葉が必要な場面もあったりします。

インドネシアではインドネシア語が公用語ですが、日系企業を含む外資系企業では、担当する職種によって仕事上に現地スタッフと会話するときは英語となっており、仕事を離れた生活面ではインドネシア語が必須となり、両方を使い分けていく必要があります。

東南アジア地域では、タイやベトナムなどでもおそらく同様で、英語と現地語の両方を必要に応じて使いこなすことになります。

また、カナダの東部の都市での生活には、フランス語が必要となっていたり、スイスでは地域によって、ドイツ語やフランス語、イタリア語などが生活に必要となるでしょう。

このように、英語と他の言語をうまく使い分けていける力を身に付けることができるのも、海外就職のメリットといえます。

外国の言葉を操れるようになるということは、自分のキャリア形成のために本当に強みになります。情報収集のアンテナもそれまで以上に国際的になり、自分自身の将来的な可能性が何倍にも広がります。

また、外国語の学習には、若い脳のほうが吸収がよいという話もありますから、若いうちに海外に出て働き、自分の語学力を最大限にアップさせてみてはどうでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

以上のように、海外就職や転職を20代のうちに挑戦するべき理由を、「貴重な経験」「母国日本の再認識」「語学力アップ」という3つのポイントでご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

物事には必ずメリットとデメリットの両面があり、判断や決断を迫られたときは、その両方のすべてを1つ1つ確認していくことが重要なステップとなると思います。

ここでご紹介した「若いうちに挑戦するべき理由」はメリットの側面ですが、反対にデメリットとなる側面もいくつかあるという考え方があることも、冷静に受け止めなければなりません。

人生設計について考えることは、若いうちだけにとどまらず、生きている限り何度も見直す必要が出てくることでしょう。

一度は海外で働いてみたいという希望がまだ小さなものだとしても、自分にとって本当に可能なことであるのか、あるいは、やはり不可能であると思われるのかを判断していくために、今回メリットとしてご紹介した内容を参考にしていただければと思います。

そして、そのように検討を重ねていくことは、その後の人生設計にきっとよい影響をもたらすこととなるのではと考えています。

これを読んでいる皆さんが、近い将来、海外のどこかの地で、自分で納得し手に入れた職業に果敢に取り組んでおられることをお祈りしています。

海外求人

【採用担当者の方へ】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外就職に挑戦しよう

逆張りとしての海外就職、日本の景気が良い今だからこそアジアへ行け!

ネット上にない隠れ求人に応募しよう!海外へ飛び込み自ら就職活動する方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. スーパーマーケット
  2. イギリスのキッチン
  3. バス
  4. ソウル
  5. お金
  6. フランス人

おすすめ記事

  1. タイで現地採用
  2. タイは気軽に小旅行が出来る
  3. グァーバはタイ語ではファラン
  4. ストレスの対処法
  5. ダイナソー・バーベキューDINOSAURBAR-B-QUE
ページ上部へ戻る