アラスカ(アメリカ)で海外インターンシップ!アメリカの企業体験

アラスカ

アラスカのアウトドア旅行会社でインターンシップ。今回は、留学先のアメリカで日本語を活かしてインターンシップした女性を紹介します。

色々な国からのお客様と触れ合うことで、社交性が増したと感じています。インターンシップという立場ならではの視点で会社を見られることも、またとない機会ですね。

海外インターンシップ参加者プロフィール

35歳(女性)

海外就職先:アラスカ州(アメリカ)

給料: 週300ドル

海外の勤務先:アウトドア旅行会社

インターンシップはネットから探した

インターンシップは、人材紹介などには頼らず自分自身で探しました。

まず、興味のある職種の会社を電話帳やインターネットで探し、各ウェブサイトを訪問して、求人情報などについて載っている場合はそこから情報などを得ます。

当時は留学生として、既にアラスカで生活をしていました。卒業後は日本に帰国して就職という道も、選択肢にはありました。

しかし、せっかく日本とは違った環境に居られる時間を活かし、今しかできない経験を積みたいと思い、現地でのインターンシップを探してみることに決めたんです。

また、インターンシップ先での就職という道も、一つの可能性としてありました。

アラスカでは日本語を活かした仕事

母国語の日本語を活かし、日本企業に向けてインターンシップ先の会社が提供する旅行ツアーを宣伝するマーケティング業務をやっています。

また、アラスカでの旅行客対応、ツアーガイド、旅行スケジュール調整等も主な仕事ですし、英語で書かれたウェブサイトを日本語に翻訳する作業などもありますね。

その他、環境についてのレクチャー用書類の作成、営業活動などを行っています。

多国籍のお客様と触れ合う楽しい職場

インターンシップなのでもちろん学ぶ事も多く、ストレスを感じる日もありますが、毎日がとても充実しており楽しいと感じています。

従業員全員が自分の仕事にプライドを持ち、またそれを生き甲斐のように感じているため、社内も皆仲が良く和気藹々とした雰囲気で、とても居心地が良いんです。

また、常に色々な国からのお客様と触れ合う仕事ですから、社交性もぐっと成長したように思いますね。

会社を違った立場から見る

正社員としての採用ではなくインターンシップという立場で、色々と会社の様子を知ることが出来ていると感じています。

インターンシップは、正社員では手が回らない雑務等が多いと感じています。

そんな立場で実際の正社員の仕事内容を見ることで、もしも自分がこの会社に入社したらこうなるという現状を見る機会を得る結果となりました。

良いところも悪いところもインターンという立場で体験した後で進路を決められるという、充実した時間を過ごしています。

臨機応変さが身につく

インターンシップの期間中はとても忙しく、与えられた仕事内容も様々で、1度に色々な事をこなさなければ仕事が終わらないような毎日です。

要領よく時間を使い、同時に出来ることがないか思考を凝らさなければ仕事を終えることが出来ない状態の中で、自然と臨機応変に対応していく力を身につけたと思います。

まとめ

いかがでしたか?

仕事内容は多岐にわたり、とても忙しい職ですが、それだけ自分も成長できると感じられる充実した日々を送っています。

社内の雰囲気が良く居心地が良いからこそ、激務でも楽しいと思えるんですね。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 中国遼寧省で無農薬野菜の現場
  2. 西ベンガル州にあるリゾート
  3. SM Supermarket
  4. 中国のスリ
  5. シンガポールの交通手段
ページ上部へ戻る