ロンドンの日系商店に海外就職!日本語新聞で求人を探しロンドンで働く

ロンドン

ロンドンの日系商店に海外就職。今回は、イギリスの暮らしが気に入ってロンドンで就職した女性の海外就職経験談です。

イギリスで働くための就労ビザの取得にはとても苦労しました。また、海外の日系企業ならではの社内の狭い人間関係は窮屈な時もあり、休日には新しい人間関係を広げるよう出かけていくそうです。

今回はロンドンでの海外就職についてご紹介します。

海外就職者プロフィール

51歳(女性)

海外就職先:ロンドン(イギリス)

給料: 約30万円

海外の勤務先:日系商店

ロンドンの日本語新聞の求人広告に応募

イギリスの大学に留学していたので、初めは学校経由での就職活動をしていました。しかし、ビザの取得が必要な外国人の採用に不慣れなイギリス企業ばかりで、うまくいきませんでした。

最終的にロンドンの日本語新聞に出ていた求人広告に応募してアルバイトとして採用され、就労ビザを取得してもらったんです。

イギリスの暮らしが気に入って、海外就職へ

最初はフルタイムボランティアとして1年間、その後大学に留学し3年間滞在し、イギリスでの暮らしがとても気に入っていました。

当時、大学内には外国人が少なく、クラスメートは最終学年になるとみんな就職活動をしていたので、自分もその流れでイギリスで就活を始めたんです。

当時は長い不況を脱してイギリスの景気が上向き始めていた頃でもあり、いくつか合格通知はいただけました。

ですが、就労ビザの取得について知識や関心のある企業はなく、最終的に日本語新聞で就職先を見つけることになりました。

職業選択の自由がない

自国に住んでいれば当たり前すぎて意識することもありませんが、どこで働くか、どのように働くかを選ぶ自由は、とても貴重なものです。

海外で働くためには就労ビザが必要ですが、これは個人が申請したり取得したりできるものではないんです。就労先の企業が自分の雇った労働者とそのポジションのために申請し、就労の許可として与えられるものです。

そのため、海外で働く身には、就労先を変えたり勤務形態を選んだりする自由はありません。極端な話、今働いている職場をクビになれば、即強制送還もあり得ます。

ロンドンで仕事をすると個人主義を満喫できる

日系の企業に就職したので、職場環境はある意味で自国にいる時よりも濃い「日本村」です。

ですが、一歩会社を出ればそこはイギリス・ロンドンなので、完全な個人主義を謳歌することができるんです。

プライベートな時間にどこで何をするかが自分次第で決められるという環境は、特に独身女性の場合、実は日本にいてはとても難しいのではないかと思います。

友人や会社も含めて、社会全体が一切個人の生き方に干渉してこないので、快適な生活を送ることができていますね。

うわさが広まりやすい

海外で働く人は、原則として全員就労ビザに縛られているため、人材全体にも限りがあり、流動性も極めて低い状態です。

そのため、良くも悪くもうわさが広がりやすく、一度固定された評判を覆すのは容易ではありません。

そのような人間関係を断ち切りたいと思っても、現地採用の場合は個人の裁量で転職することは許されず、狭い職場で難しい舵取りを迫られることになります。

ロンドンでの休日は人脈を広げる

ありがたいことに仕事とプライベートな時間を完全に切り離すことができるので、早朝出勤があっても遅くまで残業しても、会社の外に出ればすべて忘れることができます。

職場以外の人脈を持っていないのは厳しいので、休日は興味を惹かれる場所やイベントにどんどん出かけて行って、新しい人間関係を広げることを心がけています。

まとめ

いかがでしたか?

海外で働くには、ビザの問題は付きものです。なかなか自由にいかないようですが、それでもここで働きたいと思える土地を見つけられたのは、良かったのかもしれません。

個人主義の国で、快適な生活を送っています。

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

海外で新しい働き方をしよう

海外での仕事に挑戦しよう!海外就職を成功に導くための13の能力

海外就職や海外転職に成功した人がやっていた4つの事前リサーチとは?

20代から視野に入れたい海外就職の4つのメリット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. トロント
  2. リヨンの交通機関
  3. ヤンゴン動物園
  4. ドイツのビザ
  5. 青島54広場
  6. 葡萄

おすすめ記事

  1. ジョリビーくん
  2. レディーファーストを徹底する
  3. タイ語の曖昧な返事
  4. バリ島の治安
  5. マレーシアで中古車を探す
ページ上部へ戻る