中国中級者はこれ!ザ・中国を体感するおすすめのお土産

中国

海外に住んでいて日本に一時帰国する際、悩ましいのがお土産。

中国の食品などはお値段も手頃なものが多く、その土地独特の文化を気軽に味わえるので、意外におすすめのお土産です。

しかし、中国では食品安全問題等も多く報道されており、特にあまり中国と接点がない方からは食品関係は敬遠されがち。せっかくの気持ちが全く喜ばれず、かえって逆効果に……なんてことにもなりかねません。

そこで今回は、ある程度中国に対する知識や理解のある中国中級者向けのおすすめのお土産をご紹介します。

中国中級者向けのおすすめのお土産

中国に免疫がある方用であれば、やはり食品が手軽でいいです。

ここでは特にスーパーで気軽に手に入るおすすめのお土産を紹介します。

酒類(白酒)

中国の白酒

中国でお酒といえば、やはり白酒です。

アルコール度数が非常に高い蒸留酒なので、中国人との宴会の際に痛い目にあった経験のおありの方も多いかと思います。

中国の白酒

最近は40度以下の低アルコール度数(それでもキツいですが……)のものが主流ですし、スーパーなどでは手頃な値段で売っています。

中国経験のある方との会食等で一本持参すれば、中国の思い出話に花が咲き、大いに盛り上がること間違い無しです。

酒類(紹興酒)

中国の紹興酒

お酒はいいけど、さすがに白酒は……という方には紹興酒がおすすめです。

スーパーにもたくさんの銘柄が売ってあります。

中国の紹興酒しかも、とにかく安い!

中国の紹興酒瓶なので少し重くなってしまうところが少々の難点ですが、20元(約310円)以下がほとんどなので、呑んべえの方には確実に喜ばれる、コストパフォーマンスの高いお土産の1つですね。

酒類(ビール)

中国のビール

ビールも安くていいです。

1本2〜5元(約30円〜75円)くらいですから、たくさん配ってもたかが知れてます。

ただ、ちょっと重いです……。

中国のビール

日本のビールもいいけど、中国の味が薄いビールも懐かしくなるもんです。特に辛いものを食べる時は、中国のビールが進みますよね。

ご当地の色々なビールがありますから、以前住まれていたご当地のビールをプレゼントしたり、飲み比べしてもいいですね。

調味料類

調味料

料理をされる方なら、調味料はいかがでしょうか?

日本ではなかなか手に入らない、もしくは日本で売っていても高いものも多いですから。

調味料「李錦記」日本でもお馴染みの「李錦記」ブランド。

調味料「李錦記」

こちらも瓶タイプなので、少々重いですが、おすすめです。

老干妈

中国の麺屋や餃子屋には必ずあった「老干妈」の油辣椒なんかもイイですね。

火鍋の素

何と言ってもイチオシは、火鍋の素ですね。火鍋は最も本場の味が恋しくなる料理の1つではないでしょうか?

なかなかこの辛さは日本では再現しづらいですから、間違いなく喜ばれます。

番外編

ピーナッツ

ちょっとしたおつまみで個人的にも好きなのが、黄飛紅の麻辣花生(ピーナッツ)。

辛いのが大好きな人に限りますが、是非中国のビールとセットでプレゼントを。気軽に中国が思い出せる逸品です。

ここからは正直少し難易度高いですが、なかなか中国に帰国していない中国人や、中国人の奥さんをお持ちの方などへプレゼントされると、きっと喜ばれるはず……試しにどうでしょう。

枸杞

枸杞です。

中華スープには欠かせませんが、日本では手に入りづらいですから。

 

タネ類

次はタネ類。ひまわりの種やかぼちゃの種など。

中国人の昔ながらのスナック?といえばコレ!です。

山楂(サンザシ)

これも好きな中国人多いですよね、山楂(サンザシ)のお菓子。

その他には、こんなのもあります。

鴨舌

鴨舌。

鴨爪

鴨爪。

喜ばれるかどうかの保証は、自己責任でお願いします。

まとめ

いかがでしたか?

今回は中国中級者向けのおすすめのお土産をご紹介しました。

このように中国には、値段もお手頃でお土産向けの食品だけでもたくさんあります。中国に慣れている人向けのお土産であればほとんど悩むことはないでしょう。

少し気になったら自分のお土産にしてみるのもいいかもしれませんね!

海外求人

採用担当者の方へ!海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

中国の市場ってどうなの?ローカル市場での買い物の楽しみ方

実際どうなの?お隣の国、中国の7つのいいところ

アプリで支払い!中国での支払いはWechatウォレット(微信支付)が超絶便利

 

中国お役立ち

外国人臨時宿泊登記と中国生活で知っておきたい各種手続きまとめ

中国で携帯SIMカードを購入してみよう(料金・キャリア)

中国で働くためにZビザを取ろう!就業ビザ取得まで(費用・日数・必要書類)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
拉麺王子

拉麺王子ライター

投稿者プロフィール

商社マン、公務員(某県上海事務所長)を経て、今は上海にて起業。
02年から現在までずーっと中国ビジネスに足を突っ込みっぱなしです。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. 中国青島湛山寺
  2. ミャンマーのビザの取り方
  3. 美味しいマテ茶の淹れ方はこれだ
  4. レストランのキッズスペース
  5. 香港
ページ上部へ戻る