不覚にもイタリア滞在中で感じてしまった、ミラノが持つ5つの魅力

ミラノ

みなさんはイタリアのミラノというとどのようなイメージをお持ちですか?

首都のローマに続くイタリア北部の第二の大都市、パリやロンドン、ニューヨーク、東京に並んでミラノコレクションで有名なファッションのおしゃれな街、そんなイメージが常につきまといます。

他の都市出身のイタリア人に、「ミラノってどう?」と尋ねると、

「ビジネスの街だよ。」

とか、

「物価が高い。」

とか、

「ミラネーゼ(ミラノに生まれ育ち、ずっと暮らしている人)は勤勉だけど真面目すぎる。性格も冷たい。いつもせかせかしている。」

という答えが返ってきます。

ミラノという街はいったいどんな街なのでしょうか。

『訪れてみる』、『住んでみる』価値があるミラノの5つの魅力の紹介をします。

ヒューマンスケールな街=歩いてまわれる

一般的にヨーロッパの国の街の中心は、その街の守護神を祀った教会や大聖堂の場所です。イタリアはその典型と言えます。

鉄道が発達する以前より街の中心が作られていたので、日本のように鉄道の駅を中心に栄えているところは大変少ないのです。

ミラノもその例にもれず、紀元4世紀からのミラノの守護神アンブロージョを祀ってきたサンタンブロージョ教会の周辺が、そしてその後は14世紀から500年以上の年月をかけて作られたミラノのシンボルとなったドゥオーモ(大聖堂)を街の中心として栄えてきました。

今もなおこのドゥオーモを拠点として、発展、拡張を続けてきているミラノですが、一番の特徴は、パリやロンドン、ベルリンなどのヨーロッパの大都市に比べて街の規模がとても小さいことです。

ミラノ

ミラノでは、公的機関の乗り物(地下鉄、バス、トラム)に乗らなくてもほとんどの場所は歩いて廻れます。

いつもせかせかしているミラネーゼですが、バスやトラムの待ち時間が長いと知ると、すぐ歩きだします。通勤ラッシュの時間には、背筋を伸ばして颯爽と歩くミラネーゼでいっぱいです。

また、イタリアでよくありがちな公共機関の乗り物のストライキに遭遇しても、地下鉄やトラムの終電を逃しても、歩いて異動できる街なので、さほど問題はありません。

天気がいい日や、歩くのはちょっと、と言う場合には、ミラノ市が運営している貸し自転車で街を廻るのもおすすめです。

世界中の最新トレンドが集まる

トレンド

ファッションの祭典であるミラノコレクション、ファニチャー・デザインやインダストリアル・デザインの国際イベントであるサローネ・デル・モービレ、またオペラ界の重要な位置をもつスカラ座など、ミラノはファッション、アート、デザイン、クラシック音楽界には欠かせない街です。

新しいギャラリーのオープンも頻繁ですし、いつもなんらかのイベントやコレクション、またパーティー等の催し物が街のどこかにあります。

最新トレンドのプレゼンテーションをする企業やメーカー、新しいものを探しもとめるクライアントたち、そして、いつかその世界で名を成したいと思っているデザイナーやアーチスト、クリエイターたちで活気に満ちています。

ミラノは『今、世界で何が流行っているのか』を感じられる特別な街なのです。

昨年開催された食をテーマとした国際博覧会が開かれたのもミラノで、食の分野でも常に新しいテイストを発信してきました。

ビジネスに関しても、イタリアで新しいことを試してみるには、ミラノが最適だと言われています。

新しいことにとてもオープンなので、どの分野においてもクオリティーが高ければ受け入れてもらえる可能性が大きいためです。これは他のイタリアの都市にはなかなかない特徴です。

食にオープンなミラノ!レストランのバリエーションが豊富

レストラン

イタリアは食に関してとても保守的な国です。大部分のイタリア人が、イタリア料理、それも自分の住んでいるところの地方の郷土料理が世界一美味しいと思っている、と言っても過言ではありません。

このため、イタリアは他のヨーロッパの国に比べて、イタリア料理以外のレストランの数が少ない、というのが現状です。

でもミラノは違います。先にあげた『新しいものを試してみる』オープンな性格から、いろいろな国のレストランが数多くあります。

どこの都市にでもあるチャイニーズレストランはもちろんですが、その他、フランス、スペイン、ドイツ、ギリシャ、ペルシャ、ロシア、アメリカ、アルゼンチン、タイ、ベトナム、アフリカの様々レストラン、モンゴル料理のレストランまで、世界各国の様々な料理を提供してくれるレストランが至る所にあります。

またイタリア料理に関しても、各地の専門レストランがたくさんあるので、ミラノにいるだけでイタリア全土の伝統料理や名物料理が楽しめます。

どこもクオリティーがとても高く、食に対するアプローチの仕方も様々なので、次々に試してみたくなります。

日本の味を再現、日本料理レストランがある

日本食

長く海外に滞在していると、やっぱり日本の味が恋しくなりますよね。

イタリアは、どこに行っても美味しいイタリアンに巡り会うことができる食の国ですが、パスタ、ピザ、リゾットを食べ続けるのはちょっと苦痛になってしまいます。

そんなとき、訪れたいのが日本食のレストラン。

近年の世界的な和食ブームにのって、ミラノには数多く、天ぷらといった伝統的な日本料理を食べさせてくれるレストランから、和とイタリアンのテイストを融合させた様々なスタイリッシュなレストラン、また「おにぎり」や「お好み焼き」、「たこ焼き」といった軽食を楽しめるレストランも話題になっています。居酒屋も何件かあります。

「ラーメン」もミラノでは大ブームです。日本のアニメや漫画でラーメンを食べているシーンを見たイタリア人が、

「あれは何なの?ぜひ、食べてみたい!」

と興味を持ち始め、和食レストランがメニューに取り入れだしました。

ラーメンマニアのイタリア人シェフが日本に修行に行った後、ミラノにラーメン専門のレストランをオープンさせた例もあります。

ミラノもそうですが最近のヨーロッパの各地で、中国人が多くの日本食レルトランをオープンさせ、お手軽な価格で食事ができることを謳ってお客さんを獲得している例がたくさんあります。

残念なことに、素材のクオリティーが低いところや、日本食そのものを知らないシェフが料理をしているところの数も多く、日本人としてはあまりおすすめできません。

日本から離れて生活している日本人にとって、日本の味が常に身近にある、ということはとても大切なことだと思います。

ミラノは、イタリア人のお箸の使用可能率(こんな言葉が存在するか疑問ですが)がどのイタリアの都市よりも高い街。これからもますます新しい日本レストランがオープンしていくことでしょう。

ミラネーゼとは一緒に過ごしやすい

ミラノの人びと

はじめにも書きましたが、ミラネーゼは、

  • 勤勉
  • 真面目
  • 時間にうるさい

という印象を持たれることが非常に多いです。

一般的にはそうかもしれませんが、実は日本人の性格にとてもよく似ています。

どこの地下鉄や鉄道のエスカレーターも、日本と同様、急いでいる人のため片側(ミラノの場合は左側です)を開け、右側は歩行しない人が列をつくります。

時々、エスカレーターの幅いっぱいに並んだり、左側で立ち止まって後ろから『片側を空けろ。』と注意されている人がいますが、 これは別の地方から来たイタリア人だったり、日本人以外の外国人がこの慣習を知らないためです。

基本的にイタリア人は時間に寛容ですが、ミラネーゼは他の都市のイタリア人とは少し違う、時間を厳守したいひとたち。『何時に待ち合わせね。』と約束したら10分15分の遅れはあるかもしれませんが、それ以上は皆無です。

また、日本人にとって当たり前のことですが、遅れてしまうことになればきちんと事前に連絡がきます。

もちろん、ミラノ以外の都市出身のイタリア人も時間にきちんとしている人はいますが、そうでない人が多いのがイタリアの実情。その点、ミラネーゼとの交流はストレスなくとてもスムーズです。

またミラネーゼの別の側面に、自分の好きなこと、信条にしていることにこだわりを持った人が多い、ということです。

それぞれがおすすめの食べ物、ファッション、映画、書籍、スポーツ、休日の過ごし方等、生活していく上で常にこだわりを持っていて、それを友人知人にお披露目するのが大好きな人たちです。

彼らと一緒にいても話題に困ることはなく、楽しい時間を過ごせます。慎重なミラネーゼとのつきあいは、はじめはとっつきにくいかも知れません。

でも、時間をかけながらお互いを知り交際を繰り返すと、信頼のできる関係が築け、一生の友達になることが多いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ローマ、フィレンツェやヴェネチアに比べて観光スポットが少ないように思われがちですが、そんなことはありません。

今回は触れませんでしたが、ミラノには見ておきたい重要な歴史建造物や美術館、博物館もたくさんありますし、まだまだ知られていない慣習や文化でいっぱいの素敵な街です。

ぜひ、一度ミラノにいらしてくださいね!

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

陽気すぎるイタリア人男性の3つの特徴、合い言葉は「君の瞳に宝石を見つけた」

イタリア在住1年の私がイタリア移住を熱烈に薦める5つの理由

「Amore(アモーレ)」イタリアでモテる日本人の特徴

 

イタリアお役立ち記事

スリ被害によく遭う日本人がイタリアを歩く時に必ず気を付けるべきこと

イタリアの学生ビザは申請書類が盛りだくさん!学生ビザの取り方徹底ガイド

イタリアに長期滞在するために知っておきたいビザに関する3つのこと

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部員
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。
1%でも人の役に立つことが2016年の目標。

この著者の最新の記事

Guanxi [グアンシー]

記事カテゴリ

本日の最新記事

  1. お金
  2. フランス人
  3. フランス生活
  4. workingholiday
  5. 海外で働く
  6. 馬車:delman(デルマン)

おすすめ記事

  1. ミャンマーの物価
  2. ニュージーランドは出産費用が無料
  3. 知らない人が寝ている
  4. 中国青島湛山寺
  5. 韓国での働き方
ページ上部へ戻る