Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

イギリスで就職活動をしよう!初めての仕事探し

イギリス

日本から遠く離れたイギリス生活……憧れはあれども実現するのはなかなか大変そうに思われるかもしれませんね。

ロンドンには駐在員として派遣される方たちもたくさんいらっしゃいますが、純粋にイギリスに住んでみたい!という思いで、現地採用として働いている方もいます。

特に後者の方の場合、渡英前に日本である程度の準備をしたとしても、収入源の確保は気になるところ。今回はイギリスの就職事情についてご紹介します。

イギリスで仕事を探す前にやりたいことを考えよう

一口にイギリスでお仕事を探すといってもいろいろな職種があります。ロンドンには日本食レストランや日系スーパーなど英語力に自信のない方も始めやすい接客業のアルバイト求人が豊富にあります。

また多くの日系企業が進出しているため、ある程度の英語力が求められはしますが、経理や秘書、営業事務などで日本語能力が評価される事務系の仕事も比較的見つけやすいと思います。

せっかくイギリスにいるのだから英語で職務経験を積みたいという方は、求人広告を出しているローカルのカフェやショップ、企業に飛び込むというのも一つの方法です。

まずは自分がイギリスで働くに当たってことに何を望むのか、何を目的とするのか?何ができるのかを見極めましょう

イギリスの転職エージェントを活用してみよう

日本での職務経験を生かして、がっつりフルタイムのお仕事を探したい方には転職エージェントへの登録がおすすめです。

ロンドンには日系の人材紹介会社が複数社あり、登録をしておくと希望給与や希望職種に求人が出た場合、CVの提出から面接のセットアップ等の対応を一手に引き受けてくれます。

CVについてや面接時に気をつけるべき点など色々な相談に乗ってくれたり、アドバイスをくれたりするので、お仕事探しの強い味方になってくれること間違いなしです。

ビザの種類を確認しよう

英国でお仕事をする場合、何はともあれビザの確保が第一にして最大の難関です。現在移民問題に揺れるヨーロッパですので、ビザの取得条件は年々厳しくなっており、費用も高額になってきています

企業側がスポンサーになってビザを出してもらうこともできますが、一般的な求人のほとんどはビザサポートなし、英国で働くことのできるビザを持っていることが前提となっています。

イギリスで働くことのできるビザは?

ビザにはいろいろな種類があるのでここで詳しくはご紹介しませんが、働くことができる一般的なビザは

  • Tier2(労働ビザ)
  • Tier5(ワーキングホリデービザ)
  • Tier4(学生ビザ)

があげられます。

Tier2およびTier4ビザ保有者の配偶者やパートナーも働くことができますが、学生ビザについては勤務時間の上限があったりするので注意が必要です。

もちろん英国またはEU諸国出身者、永住権保持者と結婚している方またはパートナーとしてビザを取られる方もお仕事をすることが可能です。

※ビザの正式名称は別にありますが(括弧)内はイメージがつきやすい言葉に変えてあります。

Mixbを通して実際に仕事を探してみよう

Mixb

イギリス在住の日系人の間で有名な”Mixb”という日本語の掲示板サイトがあります。

暮らしにかかるいろいろな情報を探すことができるのですが、求人情報も豊富にあります。

特に日本食レストランやヘアサロンなど個人経営のお店なども求人情報を載せているので、英語力に自信がなくアルバイトから経験を積んでいきたいという方にはこちらのサイトから応募したい求人を探すのがぴったりかもしれません。

CV(Curriculum Vitae=履歴書)を用意しよう

イギリスで就職をする場合、日本でいうところの履歴書と職務経歴書を足したようなCVを用意する必要があります。海外でフルタイムでお仕事を探す場合、経験不問のような形態の求人はほとんどありません。

日本のように人材を教育するという観点ではなく、募集している業務ができる人を探すという観点での求人となります。そのため職務経歴の部分はなるべく具体的にしっかり記載するようにしましょう。

お店や企業にCVを送り書類選考を通過したら面接となるのが通常の流れで、面接時にはCVの内容を中心に質問を受けることとなります。面接に備えてCVの内容は自分の言葉できちんと説明できるようにしておくことをおすすめします。

イギリス企業の雰囲気は?

イギリスの企業といっても、日系企業で上司が日本人の場合は、やはり日本的な雰囲気が残っています。しかし、イギリス外資系企業では、やはり日本とは働き方が異なります。

イギリスで海外就職をした時のトラブル

イギリスで働く上ではビザはついてまわる問題です。外国人として働くにはやはり苦労が伴うものです。

まとめ

イギリスは物価も高いので、生活を満喫する上でも収入源の確保は押さえておきたいポイント。

ロンドンは日本人が多く、日本食レストランや日系スーパーでの接客業等のアルバイトでも日本式サービスが求められるため、相場より高めの時給7ポンド台の求人がほとんどです。

事務系のフルタイムのお仕事でも、日系企業で日本語英語共に生かせるポジションの場合、年収30,000〜35,000ポンド程度(約4,140,000円〜4,830,000円)の高水準のお仕事につくことも可能です。

またお給料に重点を置くのではなく、英語をしっかり学ぶために思い切ってローカルのカフェやショップでお仕事を見つけ、同僚も含めて英語の環境にどっぷり浸かるのも一つの選択肢だと思います。

イギリスでの就職活動は多かれ少なかれ英語の壁を超えなければならないため、日本での就職活動より苦労するかもしれません。

苦労に見合ったかけがえのない何かを手に入れることができるとよいですね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る