海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

イギリスで就職するための仕事の探し方・就活の流れ

  • 公開日:
  • 更新日:
イギリス就職

日本から遠く離れたイギリスでの就職。憧れはあれど、実現するのはなかなか大変そうに思われるかもしれませんね。

ロンドンには駐在員として派遣される方もたくさんいますが、純粋にイギリスに住んでみたい!という思いから現地で仕事を見つけて働いている日本人もいます。

しかし、東南アジアなどに比べてハードルの高いヨーロッパでの就職。イギリスで仕事を見つけるには何に気を付けて、どのようにすればいいのでしょうか。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

イギリスで日本人ができる仕事とは

ビジネス

一口にイギリスで仕事を探すといってもいろいろな職種があります。日本人向けの求人を探してみると、以下のような仕事が見つかります。

  • 営業
  • 経理・秘書
  • シェフ
  • マネージャー
  • マーケティング
  • リテール

ある程度の英語力が求められはしますが、多くの日系企業が進出しているため、営業や営業事務、経理、秘書など日本語能力が評価される事務系の仕事も比較的見つけやすいと思います。

せっかくイギリスで働くのだから英語で職務経験を積みたいという方は、現地企業や外資系企業に飛び込むのもいいですね。

また、ロンドンにはローカルのカフェやショップ、日本食レストランや日系スーパーなど英語力に自信のない方も始めやすい接客業のアルバイト求人も豊富にあります。

まずはイギリスで働くにあたって何を望むのか、何を目的とするのか、何ができるのかを見極めましょう。

イギリスで働くにはビザの取得が必須

パスポート

イギリスで仕事をするなら、何はともあれビザの確保が第一にして最大の難関です。移民問題に揺れるヨーロッパなので、ビザの取得条件は年々厳しくなっており、費用も高額になってきています。

雇用企業がスポンサーとして就労ビザの取得をサポートしてくれることもありますが、ローカル企業の一般的な求人のほとんどはビザサポートがなく、イギリスで働けるビザを持っていることが前提となっています。

なお、日系企業であればビザのサポートをしてもらえることが多く、日本人の求職者に人気です。

イギリスで就労可能なビザは?

ビザにはいろいろな種類があるのでここで詳しくはご紹介しませんが、働くことができる一般的なビザとしては以下のものが挙げられます。

  • Tier2(労働ビザ)
  • Tier4(学生ビザ)
  • Tier5(ワーキングホリデービザ)

※ビザの正式名称は別にありますが、括弧内はイメージがつきやすい言葉に変えてあります。

Tier2およびTier4ビザ保有者の配偶者やパートナーも働くことができますが、学生ビザについては勤務時間の上限があるので注意が必要です。

もちろん、イギリスまたはEU諸国出身者や永住権保持者と結婚している、あるいはパートナーとしてビザを取る人も仕事をすることが可能です。

ビザトラブルを避ける方法

海外で働く上で、ビザの問題は必ずついて回ります。ビザトラブルを避けるには、ビザ取得をサポートしてくれるしっかりとした企業に就職・転職することが大切です。

イギリスでビザサポートのある会社を探すには2つの方法があります。

  1. 日本人が働いている企業に欠員が出たら紹介してもらう
  2. 転職エージェントを利用してビザサポートありの求人を探す

1つ目の方法は、イギリス在住であれば有効です。逆に、日本にいて仕事を探す場合は難しいでしょう。

そうすると、2つ目の転職エージェントを利用する方法が現実的です。日本人向けの大手転職エージェントであれば、大手日系企業の求人を扱っているため、ビザサポートが充実していることが多いのです。

反対に、ローカルの求人サイトに出ている企業はビザのサポートはないと思った方がいいでしょう。

おすすめ転職エージェント

ビザサポートありの求人を探すなら、大手の転職サービスに登録するのが近道。上記のようなエージェントなら、大手の求人を掲載しており、福利厚生も充実しています。

ビザで苦労しないためにも、信頼できる転職サービスを使いましょう。

イギリスの求人を探してみよう

ビジネス

イギリスの仕事を探すには、求人サイトや転職エージェントなどインターネット上のサービスを使うのが便利。ただし、利用するサイトは希望や状況によって異なります

まずは自分の希望や条件を具体的にしましょう。

  • 外資系企業または日系企業
  • 現地採用社員または海外駐在員
  • 希望年収
  • やりたい仕事
  • やりたくない仕事
  • 勤務地

など、仕事を探し始める前に程度決めておく方が効率もよくなります。

日本の転職エージェントを利用する

日本での職務経験を生かし、イギリスでもフルタイム(正社員)の仕事を探したい方には日本の転職エージェントへの登録がおすすめです。特に、海外駐在員を狙うなら非常に有効です。

イギリスの求人案件を扱っている日本のエージェントなら、登録しておくと希望給与や希望職種に合う求人を紹介してくれる上、CV(履歴書)の提出や面接のセットアップなどの対応を一手に引き受けてくれます。

また、CVの書き方や面接時に気をつけるべき点など色々な相談に乗ってくれたり、アドバイスをくれたりするので、仕事探しの強い味方になってくれること間違いなしです。

【おすすめ転職エージェント】

在住日本人向けのサイトを利用する

すでにイギリスに住んでいる、または出発間近などの状況であれば、イギリス在住の日本人の間で有名なMixbという日本語の掲示板サイトをチェックしてみましょう。

暮らしにかかわるいろいろな情報を探すことができ、求人情報も豊富にあります。

日本食レストランやヘアサロンなど個人経営のお店なども求人情報を載せているので、英語力に自信がなくアルバイトから経験を積んでいきたいという方は、このサイトから探すのがいいかもしれません。

イギリスでの就職活動にはCV(履歴書)を用意

履歴書

イギリスで仕事を探すなら、日本でいうところの履歴書と職務経歴書を足したようなCV(Curriculum Vitae)を用意する必要があります。

海外でのフルタイムの仕事には、経験不問の求人はほとんどありません。日本のように人材を教育するという観点ではなく、募集している業務ができる人を探すという観点での求人となります。

そのため、職務経歴はなるべく具体的にしっかり記載するようにしましょう。

お店や企業にCVを送り書類選考を通過したら面接となるのが通常の流れで、面接時にはCVの内容を中心に質問を受けることとなります。面接に備えて、CVの内容は自分の言葉できちんと説明できるようにしておくことをおすすめします。

イギリスで働く日本人の給料は?

ポンド

イギリスは物価も高いので、生活を満喫する上でも収入源の確保は押さえておきたいポイント。

ロンドンには日本人が多く、日本食レストランや日系スーパーでの接客業等のアルバイトでも日本式サービスが求められるため、相場より高めの時給7ポンド(970円)台の求人がほとんどです。

フルタイムの事務系でも、日系企業で日本語・英語共に生かせるポジションの場合、年収30,000〜35,000ポンド(約4,140,000円〜4,830,000円)程度の高給の仕事に就くことも可能です。

また、お給料に重点を置くのではなく、英語をしっかり学ぶために思い切ってローカルのカフェやショップで仕事を見つけ、同僚も含めて英語の環境にどっぷり浸かるのも一つの選択肢だと思います。

※1ポンド=約138円(2017年10月)

イギリス企業の雰囲気は?

イギリス

イギリスで働くといっても、日系企業で上司が日本人の場合は日本的な雰囲気です。しかし、イギリス現地企業では、やはり日本とは働き方が異なります。

いくつかその特徴を挙げてみましょう。

  • 個人の仕事の範囲がきっちり決まっている
  • 「まだ教わっていない」は通用しない
  • 金曜日からすでに週末気分
  • 上司にも気兼ねなく意見を言える
  • 気軽にたっぷり有休を取れる
  • 自らアピールしなければ評価されない

良い面も悪い面も含め、日本の働き方や企業文化とは異なる部分が多いですが、イギリス企業で働くのならイギリスのスタイルを受け入れなくてはなりません。

詳しくは以下の記事をどうぞ。

イギリスの大手企業

イギリスで有名な企業としては、

  • エネルギー関連のBP
  • 金融のHSBC Holdings、Prudential、Lloyds Banking Group、Legal & General Group、Barclays、Royal Bank of Scotland Group、Old Mutual、Standard Life
  • 投資グループのAnglo American
  • 小売のTesco、J. Sainsbury、Wm. Morrison Supermarkets
  • 保険のAviva
  • 通信のVodafone Group、BT Group
  • 鉱業のRio Tinto Group
  • 電力・ガスのSSE、Centrica
  • 製薬のGlaxoSmithKline、AstraZeneca

などがあります。世界最大級の金融街ロンドンを擁するイギリスなので、やはり金融業は盛んですね。

イギリスで日本人の多い地域

日本人が多く住んでいるのは、やはりロンドンです。その中でも、

  • スイス・コテージ
  • セント・ジョンズ・ウッド
  • ウエスト・アクトン
  • ウィンブルドン
  • フィンチリー・ロード
  • ノース・イーリング

などが人気です。

まとめ~苦労が多い分、得られるものも大きい

イギリスで就職するまでにはいろいろなハードルがありますが、やはり多かれ少なかれ英語の壁を越えなければならないため、日本での就職活動より苦労するかもしれません。

しかし、日本にいてはできない経験をたくさんできるのが海外就職。壁が高い分、その苦労に見合ったかけがえのない何かを手に入れることができるのではないでしょうか。

イギリスで働きたいという気持ちがあるなら、ぜひ挑戦してみてください。

イギリス就職・転職するには

海外就職の状況は絶えず変化しています。イギリスへの就職を進める上で大事なことは「情報収集」と「行動力」です。

効率よく就職活動を進めるには転職エージェントの利用がおすすめです。情報収集が進めば、より具体的にイギリスで働く自分をイメージできるはずです。

以下の転職エージェントは待遇がしっかりとした求人が多いので、不安の多いイギリス就職・転職でも安心して利用できます。登録は3分程度、利用は全て無料です。

転職成功者のほとんどが上記サイトを利用しています。まずはどんな求人があるのか気軽にチェックしてみましょう。

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る