ドイツのベルリンで賃貸物件探し!ベルリンの住宅事情について

ベルリンのお部屋

ドイツの首都であるベルリンは緑に溢れ、住んでいる人たちも穏やかでヨーロッパのなかでも比較的治安の良い街です。物価もそこまで高くないのでドイツだけでなくヨーロッパの中でも住みやすい街の一つ。

また、多くのアーティストが暮らしていて、魅力溢れるエキシビションやイベントが多く行なわれているのでたくさんの刺激を受けることのできる街でもあります。

そんなベルリンで暮らしてみたいと考えられている方も、最近は増えてきているようです。海外で長期にわたって暮らすためにはまず家探しから。

今回は、ベルリンでの住宅の種類と探し方についていくつかご紹介します。

ベルリンの賃貸物件について

ベルリンの住宅

海外で長期生活を送るためには、生活のベースとなる家を探すことが必要です。ベルリンはここ最近人口の増加で家探しが困難になっているのが現状です。またベルリンの人でも家を探している人が多いので、家賃が年々少しずつ上がってきています。

それでもまだ他の都市に比べると比較的安価で家を探すことができます。ベルリンの住宅は大きく分けて部屋ごとに借りる方法か、WG(ヴェーゲーと呼びます)という他の住人とのシェアハウスで借りる方法の2つがあります。

一部屋を借りる場合、広さや場所にもよりますが、安いところでも600ユーロ以上(光熱費は別)の物件がほとんどです。WGの場合も条件により次第ですが400から600ユーロの間くらいが今の相場となっています。

もちろんWGで借りる方が家賃は安く済みますが、他の住人との共同生活になり、それによって起こるトラブルも少なからずあることを知っておいた上で、自分に相応しい住宅を探されるのが良いかと思います。

もちろんWGには良い面もたくさんありますので、自分に合っていると思えばチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ドイツの住居は天井が高くとても開放的です。なので部屋の敷地の広さ以上に広く感じるのではないかと思います。せっかくクラスのあれば自分のイメージに少しでも近い住宅を探しましょう。

関連:ベルリンでの生活を始める時に必要な7つのこと

日本でベルリンの賃貸物件探し

ベルリンの部屋を探す

ドイツへ渡航してすぐに契約した住居で生活するためには、日本にいる間にあらかじめ契約を結んでおく必要があります。日本に居ながら家を探す方法としては、ベルリンの住宅情報サイトから部屋を探す方法が便利です。

ベルリンだけでなくヨーロッパの様々な街の不動産を紹介する「ユーロエステート」や、ワーキングホリデーを考えられている方向けの情報サイト「あっとベルリン」、またドイツで暮らす日本人向けの情報交換サイト「MIXB」などでベルリンの物件を紹介しています。

関連:ドイツのベルリンで生活しよう!お部屋の探し方マニュアル

またインターネットではなく、ベルリンに知人や友人など知り合いのいる方は、その方を通して住宅を紹介してもらう方法もありますし、何よりそのような友人や知人のツテが一番確実であったりします。

実際に部屋を見られないなかで部屋の契約を結ぶのは不安かと思いますが、ベルリンでは引越しをする人も多くいます。特に7月や8月は学生達が新学期を迎える前で人が流動的になって部屋を探しやすい季節。その機会に次の物件を探すという方法もありますよ。

関連:ドイツ・ベルリンでの物価はどれくらい?1ヶ月の生活費シミュレーション

ベルリンでのネットを使い賃貸物件探し

ベルリン

やはり日本で実際に物件を見ずに契約を結ぶことに不安を持つ方もいるかと思います。その場合はホテルや知人宅、ショートステイ用の部屋を借りながらベルリンにて物件を探す方法があります。

先ほど紹介したユーロエステートやあっとベルリン、MIXBから現地で探すことが出来ますが、それに加えベルリンの不動産サイトから住宅を探すことができます。

日本同様、様々な不動産紹介サイトがありますが、たくさんの物件を紹介しているサイトでは「immobilien scout 24」が有名。日本で探すよりも様々な物件が紹介されているので、選択肢は大きく広がります。

しかしベルリンで探す場合、ある程度のドイツ語や英語が話せないと住宅の内容について理解することができませんし、そのようにコミュニケーションが出来ない方に住宅を貸したくないという不動産や大家さんもいます。

またドイツの不動産で物件を借りる場合は、いくつかの証明書が必要になります。シューファーと呼ばれる無借金証明書に、貯金残高証明、収入証明が必要になるケースが多いです。

要は貸す側が、借りる人がきちんと支払いをしてくれるのかどうかを審査するのです。

とりわけ外国人の場合は、そのような証明がさまざまなケースで必要になってくることがあります。なのでベルリンで探すことを考えられている方は、あらかじめ収入証明や残高証明を日本で準備しておくことをおすすめします。

関連:海外での家探しを経験豊富な先輩がアドバイス!入居時の注意ポイントは?

ベルリンで足を使い賃貸物件探し[その2]

足で探す

ベルリンで物件を探す方法はインターネットだけではありません。街の中には不動産屋さんがあり、日本と同じようにショーウィンドウに物件を貼り出しているので、そこから良い物件を探すという方法があります。

また不動産屋さんだけでなく、普通に街を歩いていると「部屋を貸します」という看板や紙が貼ってあり、そこに住所や電話番号、アドレス等の連絡先が書いてあるので気になった物件があれば直接連絡をとって契約をするという方法もあります。

これらはアナログの探し方ではありますが、とても良い点が一つ。それは歩いて探すことでその街の雰囲気を感じられることです。

ベルリンはいくつかの大きなエリアに分けられていて、そのエリアごとによって雰囲気はそれぞれ違っています。そしてそのエリアの中でも一つ通りが違うだけで、雰囲気ががらりと変わるのです。

インターネットで探す場合はどうしても気になった物件だけを見がちになりますが、歩いて探すとその街の雰囲気を感じながら探せるので、より自分に相応しい物件と出会える可能性が高まりますよ。

まとめ

いかがでしたか?

ベルリンで生活するための物件探しについていくつかご紹介しました。

海外での新生活は気に入った家でスタートしたいものですよね。説明した中でも触れていますが、住宅探しは例えインターネットで探すことはできても、人と人との関わりがとても重要になってきます。

いくら大家さんが日本人だったり、日本人向けの住宅もあるからといってあまり安易に考えず、やはり最低限の語学力は身につけておくことをおすすめします。言葉が上手でなくてもコミュニケーションを積極的に取ることで相手も安心するからです。

住宅探しはとても骨の折れるものですが、楽しみながら自分に相応しい素敵な家を探してみて下さい。

海外求人

【採用担当者の方】海外就職希望者への新しい求人広告(無料キャンペーン中)

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

おすすめ

海外での家探しを経験豊富な先輩がアドバイス!入居時の注意ポイントは?

ドイツベルリンでの健康保険の加入について

ベルリンでの交通機関の切符の種類と買い方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

ページ上部へ戻る