海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外在住歴10年の海外転職のプロが監修・運営しています。

どっぷりと靴下の歴史が学べる!台湾林口の吳福洋襪子故事館

  • 公開日:
  • 更新日:
吳福洋襪子故事館

普段何気なく履いている靴下。そんな靴下も歴史があり、台湾には「吳福洋襪子故事館」という靴下の博物館を兼ねる工場があります。

中国語の“襪子”とは、日本語で言う“靴下”という意味。

今回は、台湾の新北市にあるちょっと変わった観光工場「吳福洋襪子故事館」をご紹介したます。

吳福洋襪子故事館

吳福洋襪子故事館

靴下博物館は、最近開発が進みすっかり都会らしくなった林口にあります。2016年はじめにオープンして話題になった、三井アウトレットパークもすぐ近くの好立地。

敷地内には様々な靴下が飾られています。

こちらの靴下工場が創立されたのは、日本統治時代にあたる1936年。実は台湾初の靴下製造工場はこの吳福洋襪子で、台湾の靴下業界をひっぱってきた革新的な会社なんです。

館内の様子

館内に入ると、丁度週末ということもあってかたくさんの家族連れの姿が。DIY体験教室もあるため、みなさん真剣にどれにしようかと考えておられました。

吳福洋襪子故事館のDIY

私たちもDIYの申し込みを済ませ、始まるまでの時間は館内を見て回ることにしました。

吳福洋襪子故事館の様子

まず展示があったのは、四代にまでわたる企業の経営話です。

吳福洋襪子故事館の様子

所蔵品の紹介をはじめ、日本統治時代の吳福洋靴下工場の写真なんかもあり、歴史が感じられましたね。

吳福洋襪子故事館の様子

続いての展示は、靴下の生産工程および豆知識の紹介ゾーン。映像が流れていたり、実際に手で触って学ぶことが出来るので、小さなお子さんにも楽しく学んでもらえますよね。

吳福洋襪子故事館の様子

こちらは靴下の長さとレギンスの種類の紹介!今まで気に留めてもいなかったけれど、こんなにも種類があることにびっくりでした。

靴下の紹介の正面は、ガラス張りになっており、実際に生産ラインを目で見て確かめることが出来ます。

靴下の機械

扱うのが難しそうな機械ですね~。機械をよく見てみると、「2~4歳の子供用」「赤ちゃん用」などと機械ごとに作る靴下が異なっています。赤ちゃん用靴下の可愛いこと……!

靴下の作る

こちらの作業員さんは、バレエのトウシューズ柄の靴下を生産中。

次々に出来上がる真新しい靴下は、こちらの袋の中へ。

靴下

トウシューズデザインの靴下なんて可愛いですよね。これを履いた小さな女の子はバレリーナ気分になれてしまうのかも!夢があって素敵です。

さて、生産ラインのお隣には靴下の歴史の展示ゾーンとなっています。

靴下の歴史

昔の靴下って、こんなにもイカツイのですね?!新石器時代のものなんか、靴下というより靴ですね!

20世紀の靴下

20世紀の靴下の様子も。

織り糸

様々な織り糸も展示されていました。なんだか触って確かめたくなりますが、こちらは展示のみでした。

DIY体験教室

予約していたDIY教室の時間になりました。時間になるとアナウンスがあるので、それまでは館内を見ていてOKですよ。

DIYの机

こちらがDIY教室です。机の真ん中にある機械は、100年前の手織り機を改良したもの。この体験教室では、実際に手織りを体験することができるんです。

挑戦するのは、可愛いペットボトルケース作り。

可愛いペットボトルケース

DIYにはたくさんの種類があり、こちらのケースは200元ほどだったと思いますが、そのほかマフラーや編みぐるみ作りなどを体験するとなるともう少しお値段が上がるそうです。

DIYの説明

DIYの流れとしては、体験メニューの内容によりグループ分けをされ、前に先生が一名立ち、ビデオを見ながら説明してくださいます。

わからないことがあれば、教室内を見てまわっている先生に聞けばOK。

糸

この大きな糸の太巻きから、ペットボトルケースを作ります!

糸を織る

説明された通りにくるくると機械を回していきます。

ペットボトルの先の白い部分を織り終ったら、メインの部分へ。

糸を織る

ひたすらくるくるくる……。

最初の、糸を機械に巻き付ける部分が難しかったのですが、一度巻き付けてしまえば、あとはハンドルを回すだけなので簡単でした。

糸を織る

30〜40センチの長さになるまでハンドルを回します!簡単な作業ですが、なんといっても腕が疲れる!子供たちは元気だな~と感心します。

プロの仕上げ

最後の仕上げは作業員さんがしてくださいます。さすがプロ……。ほんの3秒程度で仕上げてもらいました…!

こんな感じでDIYはあっという間に終了。かかった時間は約1時間ほど。

初めて靴下の織り機を触るという貴重な体験が出来ました。

売店ゾーン

売店

帰りに覗いた売店ゾーンでは、さすが靴下工場!たくさんの靴下がお値打ち価格で販売されていました。

大量購入する人もたくさん発見!

おしゃれな靴下

靴下だけでなく、可愛らしいデザインのペットボトルカバーも。お土産にしたら喜ばれそうです。

【詳細情報】

  • 名称:吳福洋襪子故事館
  • 住所:新北市林口區工九路3號
  • 電話番号:+886-2-2603-5008
  • 営業時間:月曜日~日曜日 9:30AM~5:30PM
  • アクセス:台北駅より1210号のバス→醒吾科技大學で下車後徒歩10分
  • DIY体験料:200~380元

まとめ

靴下の歴史をどっぷりと学び、織り機を使ったDIYまで出来る吳福洋襪子故事館。林口アウトレットにお買い物のついでに、寄ってみるのはいかがですか?

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

台湾で働くには?台湾で就職・転職したい日本人向けの仕事と求人の探し方

【台湾転職サイト】未経験からでも台湾就職を狙える転職エージェントまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

MAKOライター

投稿者プロフィール

台湾在住のフリーランスライターです。
趣味は映画鑑賞、読書、食べ歩き、観光地巡り等。
旅行で訪れた台湾に魅せられて、語学留学、その後ワーキングホリデーでも渡台。
台湾人の夫と遠距離恋愛を経て国際結婚しました。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る