海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ニュージーランドの国歌を聞いてみよう!

  • 公開日:
  • 更新日:
ニュージーランド

みなさんは、国歌というとどんなイメージがありますか?

入学式や卒業式、国家行事やスポーツの世界大会などでも歌ったり聞いたりしますので、自国のだけでなく、他の国のもいくつか聞いた事があるかと思います。

国歌というと、なんとなく他の音楽よりも難しかったり、単調なメロディだったりしてあまり普段盛り上がって歌おうと思わないのでないでしょうか?

今回は、ニュージーランド人でも好きだという人が多い国歌についてご紹介いたします。なぜか聞くたびに胸に響くニュージーランドの国歌の魅力に迫ってみたいと思います。

ニュージーランドの国歌は2つ

ニュージーランドの国歌は、「God Save the Queen」と、「God Defend New Zealand」の2つがあります

「God save the Queen」の方は、元はイギリスの賛歌なのですが、ニュージーランドの元首は今でもイギリスの女王なので、国歌として制定されているようです。

しかし、ほとんどの場合で歌われるのは「God Defend New Zealand 」の方で、人々に馴染みがあります。

どちらも同じ式典で歌われている映像を見つけましたので、お聞きください。

これを歌っている、Hayley Westenraさんはクライストチャーチ出身で当時19歳(2006年)。堂々とイギリスの女王の前で美声を披露しています。

God Defend New Zealandの歌詞は2つの言語で

2つの国歌のうち、最もよく歌われるGod Defend New Zealand の歌詞についてご紹介します。

テレビなどでスポーツの世界大会の開会式などを見ていると、ニュージーランドの国歌斉唱の時に同じメロディが2度繰り返されているので、見たことある方は、あれ、2番も歌うのかな?と思うかもしれません。

ニュージーランドの公用語は、英語とマオリ(ニュージーランドの先住民族)語、そして手話なんですが、国歌は大抵この英語とマオリ語の両方で歌われます。

先住民の言語や文化をとても大事にしているニュージーランドらしい気がします。因みに手話が公用語というのもとても珍しいと思いますが、ニュージーランドは2006年に世界で初めて手話を公用語にしたという国なのです

話を国歌に戻しまして、両方の歌詞の1部を日本語訳とともにご紹介します。

[英語バージョン]

ーGod defend New Zealandー(ー神よ、ニュージーランドを護りたまえー)

God of Nations at Thy feet,(神の下に生まれし国)

In the bonds of love we meet,(我等を結びし愛の絆)

Hear our voices,we entreat,(届け我らの声)

God defend our free land.(神よ我らの自由なる国を守り給え)

Guard Pacific’s triple star(太平洋に輝く三つ星)

From the shafts of strife and war,(敵の魔の手から之を守らん)

Make her praises heard afar,(響き渡る主への賛美)

God defend New Zealand.(神よニュージーランドを守り給え)  

[マオリ語バージョン]

E Ihowā Atua,(おお主よ)

O ngā iwi mātou rā(全ての人々の神よ)

Āta whakarangona;(我らの願いを聞き)

Me aroha noa(慈しみたまえ)

Kia hua ko te pai;(栄させたまえ)

Kia tau tō atawhai;(祝福を溢れさせたまえ)

Manaakitia mai(護りたまえ)

Aotearoa(白く長いたなびく雲の地、ニュージーランドを)

筆者は個人的にマオリ語バージョンの方が好きです。

英語バージョンの「神」とマオリ語バージョンの「神」では、捉え方が違うような気がするんです。

どう違うかというと、英語で歌う神様はどちらかというと「宗教でいう神様」のイメージで、マオリ語の神様というと「神話に出てくる神様」のイメージが強いのかなと思います。

マオリ語の神様は、美しい島国、Aotearoa(マオリ語でいうニュージーランド)を見つめ、育て、慈しむというような、この土地だけの神様というイメージです

なので、マオリ語で歌う方がより一層この国に自分自身が存在しているという事を実感できるような気がします。

もう一度ニュージーランドの大自然の映像とともに国歌をフルバージョンでどうぞ。

おわりに

国歌を通して、ニュージーランドというこの小さな島国には、まだ手付かずの自然が沢山残っていて、神々しいほどの景色や星空があることがイメージできたでしょうか?

ラグビーの大会などで有名なマオリのHakaもとてもかっこいいのですが、その前に歌われている国歌にも、ぜひ耳を傾けてみてください。

きっと、ニュージーランドの新たな魅力を発見できると思います。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
PoLoMama

PoLoMama

投稿者プロフィール

かれこれ13年程NZに住んでます。シェフの主人にくっついて各地転々とし、今はクライストチャーチで、2児のママなりました。ガイドブックにはあまり載らない、生活に根付いた情報を発信しています。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る