Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

外資系企業に海外転職!外資系企業勤務者が教えるメリットとデメリット

ビジネス

海外現地採用においても、日系企業と外資系企業とでは、社内の雰囲気から福利厚生にいたるまで文化が大きく異なります。

筆者はこれまでに数回転職しましたが、ずっと外資系企業で働いてきました。

今回は、筆者の経験から外資系企業で働くことのメリットとデメリットをまとめました。

メリットその1:フランクな人間関係

人間関係

上司や同僚との関係に悩む日系企業勤務の友人からよく愚痴を聞かされますが、外資系は全体的に人間関係がさっぱりしており、職務を全うさえしてくれれば皆あまり細かいことは気にしません。

飲みニケーションも強制されることはないので、他に予定があれば社内の飲み会も断って大丈夫です。

なお、外資系企業での勤務においても、ほうれんそう(報告・連絡・相談)は重要ですが、上司とのコミュニケーションも日系企業のそれと比較すると、ずっとラフな雰囲気です。

筆者の現上司はシンガポール人の女性。要所要所でメール報告だけ忘れずにしておけば、あとは自己の裁量で仕事を進められるので仕事がしやすいです。

メリットその2:お休みの取りやすさ

外資系で働く大きなメリットの一つは、有給が取りやすいこと。日系企業で働く知り合いに言わせれば、数日まとまったお休みを申請すると、上司に渋い顔をされたり却下されることもあるそうです。

外資系の場合、社員の権利としてみんな堂々とお休みを取りますし、有給申請が却下されることもほとんどありません。

これまでの勤務先での経験を振り返っても、筆者自身も周りの同僚も有給はほぼ100%取得していました。現在の勤務先でも、ほとんどの社員は年に1~2回は1週間ほどの連続休暇を取っています。

メリットその3:出世のしやすさ

ビジネス

外資系企業では、仕事が出来る人は年齢や社歴に関わらずどんどん昇進します。

男女の差別もほぼないので女性のマネージャーも多いです。

女性は特に、出産や育児などのために一定期間の休職を余儀なくされる場合もありますが、そういった個人的な事情が出世の足かせになるといったことは、外資系企業では少ないと感じています。

また、外資系企業の離職率は日系企業より高いとされますが、その分ヘッドハンティングの機会も多くあります

デメリットその1:即戦力が求められる

ビジネス

転職サイトを眺めていると、よく「人物重視、未経験可」なんて言葉を目にしますが、外資系企業の採用で重要視されるのは、なんといっても即戦力。そのため、基本的には中途採用のみの募集となります。

同業種・同職種で経験があることが大前提なので、業務のトレーニングは最小限。短期間のOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング=日常業務を通じた従業員教育)のあと、すぐに実務に放り込まれます。

その後は、自分の経験と勘を頼りに仕事を進めていくことになります。新入社員といえど、時間をかけた丁寧なトレーニングは期待できません。

また、業種・職種にもよりますが、外資系企業での就業には英語が必須です。

直属の上司が日本人の場合でも、採用面接は人事担当(外国人)と英語で行われる場合が多いですし、日常業務でも英語を使用する場面が多々あります。入社時点で業務上困らない程度の英語力があるのが前提です。

デメリットその2:安定面では日系に負ける

一般的な日本の企業の場合、終身雇用を前提に採用活動が行われるため、安定して働くことができますね。一社の中で様々な部署や職種を経験し、長期的かつ多角的なキャリアを形成できるのは日系企業の大きなメリットだと思います。

外資系企業は、日系企業と比較すると安定性には欠けます。仕事が出来る人のためにどんどん出世できる環境が整えられている代わりに、職務を全うできなければ常に退職勧告と隣あわせともいえるでしょう。

また、海外の本社が基盤となり指針が決定されますので、事業が突然縮小されたりアジア市場から撤退したりするリスクもあります。

筆者は以前とある外資系企業の日本担当部署で働いていたのですが、経営方針変更によって日本支社に業務が移管されることにあなり、部署自体が消滅してしまったことがありました。

デメリットその3:福利厚生はあまり充実していない

ドル

日本企業で働く友人から話を聞くと、毎月のお給料やボーナス以外に、家賃手当や家族手当といった諸手当が加算されたりレジャー施設の割引があったり、福利厚生が充実しているのだそうです。

外資系企業では福利厚生面はあまり充実しておらず、また、長期雇用を前提としていないため退職金もないことが大半です。その分、年収は日系企業に比べて少しだけ高く設定されているケースが多いです。

まとめ

外資系企業が合うか合わないかは、個人の性格によるものも大きいと思います。

また、海外(特にアジア圏)においては外資系の求人数は日系企業のそれと比べて圧倒的に少ないです。

外資系を希望される方でも、移住当初は日系企業で働いて現地の求人の流れを見つつ、のちのち転職を狙うのもアリだと思います(外資系企業では、転職回数が多くてもあまりマイナスになりません)。

筆者は、デメリットと多少のリスクを考慮しても、自由度の高い仕事ができる外資系企業での勤務を気に入っています。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

外資系転職特集(JAC Recruitment)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

ばき子ライター

投稿者プロフィール

マレーシア・ペナン島の外資系メーカーで働くアラフォー。
学生生活終了後、新卒で念願の海外就職を果たし、それ以降シンガポール(6年半)、東京(2年)、マレーシア(1年半)を渡り歩く。
座右の銘は「住めば都」。のんびりした南国の暮らしが気に入っているため、このままペナンに半永住の予定。

ページ上部へ戻る