海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

ドイツ人と日本人の違い!ドイツで仕事をするなら知っておきたい4つのこと

アイディア

外国で生活することは、日本での人間関係のしがらみや社会的プレッシャーなどから解き放たれる一方で、日本では経験しなかった苦労をするということでもあります。

日本人とドイツ人は似ている」と日本人の多くが言います。勤勉、時間に正確など、表面的に似ていることは多少あるかもしれません。

ドイツ企業で働いてみて気づいた、日本人とドイツ人の違うところ、これからドイツで生活をする人なら知っておいた方が良いことをまとめてみようと思います。

できる仕事の範囲を明確にすること

ドイツ人は自分の仕事の範囲を明確にします。それ以上を求められた時は、はっきりと「それは出来ない、自分の仕事ではない」と言います。自分が責任を取れる範囲で仕事をします

それに対し日本人は求められたことをまっとうしようとする傾向がある気がします。そしてその過剰なことにまで責任を取らないといけない雰囲気があるように感じます。

日本の仕事の仕方に慣れていると、ドイツ人のやり方は「責任感がない」と思いがちですが、お互いが気持ちよく仕事をやっていく上でも自分ができる範囲を明確にするということは必要なことだと思います。

長時間働くことが「勤勉であること」ではない

時間

ドイツでは基本的に残業をしません。日本のように長時間労働をすることはまずありません。

今では少なくなってきたのかもしれませんが、長時間働くことが必ずしも「真面目」だとは私も思えません。時間内で労働することはアフターファイブでのリフレッシュを促し、ワーカーのモチベーションを保ちます。

勤務時間内のドイツ人の集中力の高さは見習うべきものがありますし、本当に効率的な働き方だと思います。

ドイツ人とは合理性を追求する国民である

打ち合わせ

日本が「おもてなし」や「気配り」等を仕事に求められているとすれば、ドイツ人はひたすら合理性を追求しています。

ドイツ人の仕事の仕方を見ていると、日本人からすると「相手に対する思いやりがない」と感じてしまうのですが、これはドイツ人が合理性や効率の良さを第一に求めるためです。

彼らの話し方も合理性を一番に考えているため、とても直接的で、日本人にとってみればきつい言い方に感じることもあるかもしれません。

個人的にはもっと配慮して欲しいと思うこともありますが、彼らには悪気はありませんので、「気にしない」ことを心がけるしかありません。暮らしていけば、慣れるものです。

意見を出さないということはいないと同じこと

日本では21世紀の今でも自分の意見を言わないことが美徳であるという意識がまだまだあると思います。

一方ドイツ人やヨーロッパの人は自分の意見をとにかく口に出します。それが間違っていても正しくてもいいのです。それは自分の意見なのですから。

日本人はそういった状況ではやや押されぎみで、自分の意見を言うまでになかなか至りません。

もしそれが日本であれば、発言しやすいように周りが仕向けてくれることがありますが、ドイツでは自分でその機会を作らない限り、機会は一生訪れません。気がつけば自分が透明人間のように感じてしまいます。

ドイツで生活しようと思うなら、発言力をつけましょう

まとめ

ドイツのよいところ、悪いところ、日本のよいところ、悪いところ、私は最近ではどちらも見えるようになってきました。

結局最終的にはバランスをどのようにとっていくかということが外国生活での鍵になってくるのではないかと思っています。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る