海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダのオンタリオ湖に浮かぶ島!魅力的な島トロントアイランドとは

  • 公開日:
  • 更新日:
トロントアイランドの夜景

カナダのトロントに島があるのをご存知でしょうか?ダウンタウンの綺麗な景色を一望できる自然豊かなその島は、市民の憩いの場となっています。特に夏には、ビーチで泳ぐ人や芝生の上でゆっくりと横になる人で賑わいます。

ダウンタウンからフェリーに乗ってたった10分から15分ほどの距離にあるのに、都会の喧騒から離れ大自然を感じることができるトロントアイランド。ぜひ、自然を感じながら癒されに行ってください。

トロントアイランドとは?

オンタリオ湖に浮かんでいる島をトロントアイランドと呼びます。英語では「Toronto Islands」と複数形で呼ばれています。その英語表記の通り、1つだけでなく15個の島からなっています。その中でも主要な島が以下の3つです。

  • Ward’s Island (ワーズ島)

約600人ほどの居住区となっているWard’s Island (ワーズ島)は、1890年に最初にこの島に住み始めたワード家にちなんで命名されました。

  • Hanlan’s Point(ハンランズ・ポイント島)

空港があるHanlan’s Point(ハンランズ・ポイント島)は、1878年にジョンハンラン氏によって最初のホテルが建てられたことから島の名前が付きました。

  • Centre Island(センター島)

公園になっているCentre Island(センター島)は、その名の通りワーズ島とハンランズ・ポイント島との真ん中にあるのでそう呼ばれています。

アクティビティーが多くあり楽しめる島になっています。1890年代から1910年代には大きな遊園地や野球場もあったようです。その野球場は、有名なベーブ・ルースが最初のホームランを打った場所だそうです。

今はその野球場はありませんが、そのような時代に思いを馳せながら散歩してみるのも楽しいかもしれませんね。

トロントアイランドでできること

トロントアイランド

トロントアイランド内には自転車、カヌーなどを借りられる場所があるので、そうした乗り物を楽しみながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。

レンタルできる自転車は普通のママチャリの様なものから、2人乗り用、4人乗り用まで種類も様々です。

借りなくても、ご自身で自転車を持っているならば、持ち込むことも可能です。

ボートやカヌーを借りれば、島の周りを探索することができます。トロントアイランドには35種類の以上の魚が生息しています。その他、両生類や植物も観察することができます。

しかし、そうしたアクティビティをしなくても、美しい景色を眺めてゆっくり過ごしたり、オンタリオ湖の水平線に落ちる夕日を見て楽しんだりと遊び方は様々です。朝から夕方まで1日中過ごせる公園です。

トロントアイランドで楽しめる夜景

夜景

トロントアイランドに行った際は、できるなら日が落ちるまで島にいることをおすすめします。ダウンタウンの美しい夜景を楽しむことができるからです。

段々と日が暮れていくと共に、ビルやCNタワーの明かりが灯されていく光景はとてもロマンチックですよ。

トロントアイランドに行く時の注意点

トロントアイランドへの行き方はとても簡単です。主要な3つの島にフェリーがそれぞれ出ているので、行きたい島の名前を確認して注意して乗ってください。

揺れの少ない立派なフェリーなので、船酔いする方でも安心して乗れると思います。

詳しい運行時間や運賃については、その年によって変わることがあり、2017年も4月からまた運賃の改正がありました。ですから、行く前に必ずチェックしてから出掛けてください

また、冬の時期はワーズ島のみの運行となっていますので気を付けてくださいね。

フェリーの基本情報

  • 名称:Jack Layton フェリーターミナル
  • 住所:Jack Layton Ferry Terminal 9 Queens Quay W
  • 電話番号:(416)397-2628
  • アクセスの仕方:ウエスティンハーバーキャッスルホテルの裏にあります。電車で行く場合はユニオンステーションから15分歩くか、6番のバスに乗ると着きます。
  • 公式サイト: www.1.toronto.ca

上記サイトアクセスして、下の方のResidentsと書かれている中のParkをクリックすると、Toronto Islandsが出てきます。ここで運行状況や運賃などを詳しく見ることができます。

まとめ

歴史のある島であり、アクティビティーもいろいろ楽しめる島々なので、何度行っても飽きることがありません。行く度に様々な発見がある魅力的な島です。

時間があるならば、1つの島だけでなく他の島も訪れてみてください。都会の喧騒から少し離れて息抜きしたい時など、きっとこの島の自然が癒してくれるはずです。ゆったりとした時間を是非楽しんでくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

カナダで働くには?カナダでの仕事の探し方

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

EHAKAM

投稿者プロフィール

カナダに来て早くも2年目になります。英語は今も勉強中!
カナダの食、文化など詳しくお伝えできたら嬉しいです

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る