海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

タイへ出向!バンコクでのお仕事って?JUNさんにインタビュー

バンコク

海外で仕事をする方法の一つに、日本の企業へ就職し、その企業の国際事業担当として現地へ派遣され働くというものがあります。

今回はタイのバンコクに日本の企業から出向という形で働いていたJUNさんへのインタビューです。

簡単な経歴を教えてください

大学を卒業後、ブライダル業界に就職しレストランサービス部門で働いています。

社会人6年目の20代後半で、現在は日本で仕事をしています。2015年10月〜2016年8月にバンコクへ出向という形で働いていました。

バンコクではどのような仕事をされていましたか?

バンコクのバイク

働いていたのはバンコク中心街にある、日本食レストランです。日本で就職したブライダル関連の企業から、現地の日本食レストランに出向という形で派遣されました。

仕事内容は日系企業が経営するバンコクにある日本食レストランのサービス指導でした。レストラン従業員は現地採用のタイ人だったので、タイ人へ日本のレストランサービスをレクチャーする必要があったのです。

またそのレストランのオープンに合わせて赴任したので、サービス指導だけでなく、店舗の立ち上げと経営部分で結果を残さなければならないという使命もありました。

サービス指導ではオープン前から従業員に研修を実施し、お客様に対する日本式サービスの提供方法をレクチャーしました。そしてオープン後は自分も現場に出て、実際にサービスの提供を見せながらタイ人に指導をしました。

どのような経緯でバンコクで働くことに?

現在働いている会社から、取引先の企業がバンコクに新規で日本食レストランをオープンさせる計画があり、サービス指導と店舗立ち上げに人材を必要としているという話をもらったことが始まりでした。

私が所属している会社は、新卒で就職した若手に海外で新しい経験を積むことで、人材と会社の成長につながるという考えがあり、もともと海外に興味があった私に提案してくれたのです。

またタイでは日本人女性に対する好感度が高いらしく、レストランサービスの指導をするのであれば女性の方が重宝されるという理由もあり、任せてもらえることになりました

働く上で大変だったことは何ですか?

やはり言葉の壁に苦労しました。私はもともとタイ語ができるわけではありません。仕事をする際には英語と、簡単なタイ語を使っていました。

また週2回は日本人もしくはタイ人の通訳の方が来てくださり、タイ語に訳してもらいサービス指導をしていました。

しかしたとえ通訳を通してレクチャーをしても、細かなニュアンスを上手く伝えることができず、思うようにこちら側の意図を伝えることができないことがたくさんありました。

またタイでは英語を話すことができる人が少ないので、英語もあまり通じません。

お客様対応する際の心構え、相手を敬う日本式サービス提供の基本等の意味を説明し、理解してもらうことは文化の相違もあり難しいことです。

相手に自分の考え、意図、思いを伝えることに大変苦労しました。

仕事を通して嬉しかったことはありますか?

バンコク

現地従業員の成長していく姿を間近で見ることができる点が何よりも嬉しかったです。はじめは言葉の壁により、自分の教えていることがきちんと理解されているのか不安でした。

しかし月日が経ち、こちら側の意図することがきちんと実践され、立派にお客様対応をしている姿を見ることができた時は、嬉しさとやりがいを感じました

また日本式レストランサービスがタイでも喜ばれ、受け入れられているということをこの仕事を通して実感することができました。

今後の目標はありますか?

現在は日本で働いており、仕事も好きでやりがいを感じています。しかし学生時代からもっと英語を勉強したいという思いもあります。

そこでステップアップとして、今年の秋を目処に現在の仕事を退職し、まずは2ヶ月ほどセブ島へ英語留学をしようと考えています。そしてその後はニュージーランドへ1年間のワーキングホリデーに行こうと計画しています。

セブ島では短期で英語学習を強化的に行い、ニュージランドでは働きながらゆったりと英語力を伸ばすことができたらと思います。

ワーキングホリデー後のことはまだ先すぎてわかりませんが、将来的には英語を使った仕事に就くことが現在の夢であり目標です。

まとめ

海外で働くことの大変さややりがいについて、今回のインタビューを通して知ることができましたね。特に「言葉の壁」というのは外国人と仕事をする上では必ず起こりうる問題です。

また「日本式のサービスとおもてなし」が海外でも受け入れられ、喜ばれるということもJUNさんの仕事を通して知ることができました。

JUNさん、「英語を使って活躍する」という目標に向かって、この秋から新たな一歩を踏み出せるように頑張ってください!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
shoko

shokoライター

投稿者プロフィール

現在教育関係の広告代理店でフランス人向け日本留学企画の担当として勤務する会社員。
フランス留学と出張の経験を活かしてライターとしても活動開始。これまでに旅した国は16カ国。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る