海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

韓国の便利な文房具屋さん【なんでも揃う】

  • 公開日:
  • 更新日:
文房具屋

韓国の小学校の前には、必ずと言ってよいほど文房具屋(ムングジョム)があります。

文房具屋には所狭しと筆記用具やノートなどの文房具はもちろん、駄菓子やカードなどのおもちゃも置かれていて、日本の昭和の駄菓子屋を思わせるどこか昔懐かしい雰囲気があります。

私の中学生と小学生の子供は、二人とも韓国の現地校に通っています。親にとっても分からないことだらけの韓国の学校生活において、学校前の文房具屋は本当に便利で頼りになる存在です。

これから韓国の現地校にお子様を通わせる予定のある方はもちろん、韓国の昔なつかしいディープな世界を感じたい方、ぜひ小学校の前で文房具屋を探して、のぞいてみてください。

韓国の学校で使う文房具・準備物はどうするの?

文房具屋

学校での必需品

韓国で現地の小学校に子供が通い始めると、親は毎日がまるで借り物競走のように、学校から指定される準備物の準備に追われ始めます。色エンピツ12色セット、自由帳、日記帳、リコーダー、などなど。

韓国語辞書に載っているような準備物であれば問題はないのですが、聞いたこともない、辞書にも載っていない不思議な名前のものを子供から指定されると、日本人の親としてはたいへん焦ります。

子供もいまいちそれが何だか分かっていなかったり、発音が不明瞭だったりすると、謎は更に深まります。

もちろん学校からは、プリントやスマートフォンの学校用アプリでも準備物を指定されるのですが、韓国の小学校独特の略語が使われていたりすると、手も足も出ません。どうすれば良いのでしょうか?

文房具屋で、何年何組です、と言えば全部解決

文房具屋

答えは簡単です。迷わず、お子さんの通う小学校の前にある文房具屋に行きましょう。そして、学校から渡されたプリントや、スマートフォンを見せればよいのです。

文房具屋のおじさん(おばさん)が、すぐに棚から目的のものを降ろしてきてくれるでしょう。

何年何組なんですけど、というだけで必要なものを棚から降ろしてきてくれたりもします。学校の先生が文房具屋に事前に在庫の確認をしていたりするので、文房具屋もいつ誰が何を必要なのかよく分かっているのです。

学校の体操服も文房具屋で

韓国では、学校ごとに指定の体操服があります。体操服も文房具屋で購入します。体操服は小学校に入学してすぐに必要になるので、どこで売っているのか知っておくだけでも安心ですね。

準備物はスーパーで探してはダメ

韓国にも日本の大型スーパーのようなものがあります。そういったスーパーの文房具コーナーには一通り文房具が揃っているので、初心者はついつい最寄りの大型スーパーに学校の準備物を揃えに行ってしまいがちです。

でも、これは無駄足になることが多いです。スーパーに置かれているのは、あくまでも一通りの文房具です。学校からはもっとずっと細かく指定される場合があります。

例えば小学校1年生で、ハングル文字の練習に使うマスノート。担任の先生によっては、8マスだったり10マスだったり、さらには中央に点線が入っていないといけないだのという指定があるのです。

スーパーにはマスノートといえばせいぜい1,2種類しか置いていないので、学校からの指定にピッタリのものが手に入らないことがほとんどです。

韓国の文房具屋の営業時間

朝早くから夜遅くまでやっている

韓国の学校は、準備物を直前に指定してくることが多々あります。特にスマートフォンの学校アプリを利用している先生は、前日の夕方6時にいきなり明日の準備物をアップしたりする場合もあります。

そんな時、韓国の文房具屋の何が便利かというと、朝は学校が始まる前から、夜は子供が寝る直前に「あ!」と明日の準備物を思い出す時間まで、開いているところです。

正確な営業時間は文房具屋によって異なりますが、大抵朝7時半ごろから夜は10時近くまで開いています

夜のうちに準備物を揃えることが出来なかったら、次の日の朝いつもより少し早く家を出て、文房具屋で準備物を買いながら登校すれば大丈夫です。

更には、揃えるものの多い入学シーズンには、ありがたいことに営業時間を延長していたり土日でも遅くまでお店を開けておいてくれる場合もあります。

前払いという裏技

準備物を夜のうちに揃えることが出来ずに、学校に行く前に文房具屋によらなければならなくなった時などに便利なのが、文房具屋への前払い。これは学校の他のお母さんたちから教えてもらった便利な裏技です。

子供が低学年のうちは子供にお金を持たせるのも心配なもの。そこで文房具屋さんにお願いして、3千円くらいを前払いしておきます。子供が必要なものがあれば、会計は前払いした金額から引いていってもらいます

ただし、お菓子やおもちゃなどを勝手にどんどん購入してしまうと困るので、そこはきちんと学用品のみ、と事前に伝えておくとよいでしょう。

中学の参考書は学校前の文房具屋で入手すべし!

文房具屋

小学校でお世話になりっぱなしだった文房具屋。子供が中学校に上がっても引き続きお世話になります。相変わらず学校から指定される準備物の入手はもちろんのこと、中学になると、学校の準備物以外に特に重要になってくるのは参考書です。

韓国の中学で使われる教科書は、科目によっては学校ごとに異なる場合があります。教科書が異なれば進度もことなり、定期テストのテスト範囲も変わってきます。

初心者の親がやりがちなのが、学校ごとに教科書が違うことを知らずに、大きな本屋で参考書を買ってきてしまうこと。子供が参考書を開いて、「これ習ってない。」と言い始めてようやく間違いに気づきます。

どうすれば、子供の通う中学校の教科書に合わせた参考書を手に入れることが出来るのか。それは、やはり中学校の近くにある文房具屋に行くのが正解です。

中学校の近くの文房具屋に行き、「◯◯中学の◯年生ですけど、社会の参考書どんなのがありますか?」と言えば、すぐに必要な参考書をいくつか取り出してくれます。

ついでにどの参考書が人気なのかとか、どれが難しいか、等の情報も文房具屋で仕入れることが出来ます。

その他文房具屋でできること

文房具屋では文房具の購入以外にも、学校に関するいろんなことを解決してくれます。

コピー

韓国のコンビニにはコピー機がありません。では、どこでコピーをするかと言うと、文房具屋です。電子ファイルの出力は出来ない場合がありますが、プリント物のコピーは文房具屋でしてくれます。

ラミネート加工

ラミネート加工も文房具屋でしてくれます。韓国では「コーティング」と言えば通じます。

学芸会の衣装の用意

学芸会や運動会で、クラスごとに必要な衣装や小物があれば、これも文房具屋で入手できます。学校から事前に文房具屋に注文が入っているので、やはり何年何組かを伝えるだけでOKです。

学級委員の子供のお母さんが代表でまとめて買ってくれることが多いですが、知っておいて損はないでしょう。

まとめ

我が家は長男の韓国の小学校入学とともに、文房具屋のおじさんとおばさんには本当にたくさんお世話になりました。息子が中学生になった今でも引き続きお世話になっています。

こんな人情味あふれる韓国の文房具屋も、時代の流れで最近は少しずつ姿を消していると聞きました。仕方がないことなのかもしれませんが、なんだか寂しいですね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

韓国で働くには?日本人の韓国就職・転職まとめ(職種、職業、給与、求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
okamatan

okamatan

投稿者プロフィール

国際結婚をして韓国の釜山に在住。
子供二人と夫の4人家族。韓国の研究所や企業での勤務経験あり

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る