海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

カナダの人気スポット、赤毛のアンの誕生の地「プリンスエドワード島」でのんびり過ごしてみよう

  • 公開日:
  • 更新日:
プリンスエドワード島

カナダの人気観光スポットとして、ロッキー山脈、ナイアガラの滝の次にあげられるのがプリンスエドワード島です。飛行機で行くならば、バンクーバーからは7時間程度を要しますが、トロントからは約2時間程度と意外と身近な所にあります。

カナダに行くなら是非訪れていただきたい場所の1つです。どうしてそんなにプリンスエドワード島が人気なのか、その魅力をお伝えできたらと思います。

プリンスエドワード島とは

カナダの東側にある島で、カナダの4つの州のうちの1つになっています。カナダで最小の州です。プリンスエドワードアイランド州と言います。

この島の主な産業は農業と漁業です。小さな島ですが、島の特産物であるジャガイモ畑が広大に広がっている様子を見られるので、カナダに来た!と感じることのできる場所です。

カナダで消費されるジャガイモの約25%がこのプリンスエドワード島で生産されているそうです。英語ではPrince Edward Island の頭文字をとってP.E.Iとも呼ばれています。

カナダの中では一年を通して比較穏やかな気候となっています。しかし、海に囲まれているので風は常に強く感じます。夏は20度から35度くらいになりますが、湿気が低いのでとても過ごしやすいです。

冬はマイナス11度くらいまで下がりますが、4月前半からだんだんと雪が溶けていき様々な花が咲き出すので、観光のベストシーズンと言えるのはその後の5月中旬から6月頃だと思います。

プリンスエドワード島でできること

プリンスエドワード島

赤毛のアンを読んだことがある方なら、ご存知かも知れませんが物語の舞台になっているのがこのプリンスエドワード島です。

物語に出てくる「赤毛のアンの家」や「お化けの森」などが実際にあり今でも見ることができるので、物語に思いをはせることができます。

また、赤毛のアンの作者であるモンゴメリもこの島に実際に住んでいて、モンゴメリの生家やお墓など作者にまつわる場所も観光スポットとなっています。

全て見て回ろうとすると1日から2日かかりますし、小さな島とはいえ距離もあるので、レンタカーを借りて観光することをおすすめします。

島の運転は、道も広いですし交通量もバンクーバーやトロントの都市部と比べて少ないので、海外での運転に慣れていない方も景色を楽しみながら運転できると思います。

プリンスエドワード島の食べ物

プリンスエドワード島の食べ物

先ほどジャガイモについて触れましたが、プリンスエドワード島の土は赤土で、その土で作られたジャガイモ畑が広がっています。島の特産のジャガイモ料理をレストランで味わえます。ホクホクしていて、何もつけなくても美味しくいただけます。

また、海に囲まれているため、シーフード料理が特におすすめです。

例えば、ムール貝、カキも挙げられますが、中でも1番有名なのは何と言ってもロブスターです。丸々1匹食べることができ、身が引き締まっていてとても美味しいです。

しかし、ロブスターは保護する目的から、捕獲する期間が制限されています。シーズンは2回に分かれていて、1回目は5月から6月まで、2回目は8月から10月までです。

もし、プリンスエドワード島でロブスターも食べたい、と思って旅行に行かれる方は、シーズン中に行かれてください。

広大な土地の牧場があるため、酪農も盛んです。そのため、島にはアイスクリーム屋さんが沢山ありますが、特に「COWS」というお店のアイスは特別に美味しいです。

アイスの種類は35種類あり、季節ごとに違うフレーバーも出されているので何度行っても飽きません。カナダで10店舗あり、そのうち6店舗が島の中にあります。

どの店舗でも、 プリンスエドワード島の乳牛のミルクだけを使っているので新鮮な味わいを楽しめます。

トロントからは、ナイアガラ・オン・ザ・レイクの店舗が1番近いです。プリンスエドワード島に行く予定がない方も、ぜひこのアイスを食べて島に行った気分を味わってください。

それぞれの店舗の場所や営業時間はホームページで確認してください。

ホームページ: cowscreamery.ca

まとめ

ただひたすらドライブするだけでも本当に楽しい島です。車の窓を開けて、キラキラ光る湖や、遠くに見える牛や馬、風になびくルピナスの花など、都会では味わうことのできない時間を感じながら、一面に広がる素晴らしい光景に感動を覚えるはずです。

また、島の中心部であるシャーロットタウンでは様々なお土産屋さんが並んでいて、記念のキーホルダーやマグネットなどの小物など、買い物も楽しめます。

赤毛のアンの誕生の地としても知られている、豊かな自然に恵まれた、のんびりとした田舎の島でひと時の贅沢な時間をお過ごしください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

EHAKAM

投稿者プロフィール

カナダに来て早くも2年目になります。英語は今も勉強中!
カナダの食、文化など詳しくお伝えできたら嬉しいです

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る