海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

韓国企業で働くと毎日が事件?仕事中に起こったハプニング・トラブル

  • 公開日:
  • 更新日:
釜山

今回は、私が韓国の釜山で4年ほど働いた、ローカルの小さな貿易会社で起こったさまざまな事件を紹介したいと思います。貿易会社は、古い商業地域の築30年ほどの雑居ビルの2階にありました。

古い建物だったので、雨漏り、ゴキブリは当然のこと。他にも、韓国ならではのハプニングが4年間のうちにたくさんありました。

業者が売掛金を払わず逃げる

韓国の中小企業の社長は皆そうなのか分かりませんが、私の勤めていた貿易会社の社長は、契約を書面ですることを嫌いました。いわゆる口約束でなんでも進めようとするので、それが原因となるトラブルが絶えませんでした。

一度は、商品の卸先の業者に売掛金400万円ほどを丸ごと支払ってもらえずに逃げられたことがあります。

けれども、契約書がないので法的に処理することはできません。結局そのまま泣き寝入りすることになりました。そんな事件があった後でもなお、社長は口約束での契約のスタイルをやめることはありませんでした。困ったものでした。

海外就職求人サイト
海外就職

社長が音信不通

これは結構深刻な事件でした。

2012年に当時の李明博大統領が竹島に上陸し、日韓関係が一気に悪くなった時のことです。私の勤めていた貿易会社は日本向けに商品を輸出をしていました。そのため、日韓関係の悪化の影響をもろに受け、会社の経営状態は一気に傾きました。

さらに、前述の卸先の業者が売掛金を支払わずに逃げてしまう、というトラブルまで重なったのです。そんなある日、社長が会社から姿をくらましてしまいました。ちょっと気分転換に旅行に行ってきます、というメッセージを残して。

社長がいない間に会社にはあちこちから支払いの催促の電話がかかってきました。社長は携帯電話の電源を切っていて音信不通。為す術のない私たち社員は、ただただ掛かってくる電話に出ては相手に怒鳴られるのに耐えるだけ。

まるでドラマに出てくるシーンを演じているような気分でした。数日後、なんとか資金繰りをした社長が帰ってきて、督促の電話から開放されました。日本も韓国も、経営者のストレスは計り知れないものがあるのですね。

事務所の入ったビルがリフォームをはじめた

リフォーム

貿易会社の入ってる雑居ビルは3階建てで、ビルの所有者が3階を住居として使用していました。途中で所有者が小さな子どものいる家族に変わった時に問題はおこりました。

なんと新しい所有者が、建物をリフォームしたいと言い始めたのです。もともとのビルは、韓国の古い建物によくある、赤レンガ造りのビルでした。

新しい所有者も以前の所有者と同じく3階を住居にするようで、赤レンガのビルを真っ白な壁のメルヘンチックな外観にする計画だと言うのです。外観だけを変えるのではなく、住居の3階は柱などを全部取り払って、全く違う間取りにするのだとか。

工事期間は約3ヶ月。まさか、とは思いましたが、本当に建物のリフォーム工事は始まりました。工事期間中だけ事務所を移す経済的余裕は、ビル所有者にも貿易会社にもなかったので、私達は3ヶ月の間、工事中の建物の中で仕事をすることになりました。

毎日絶え間ない騒音と振動。粉塵にまみれての業務。よくもあの状態に3ヶ月間も耐えたと思います。晴れてリフォーム工事が終わった時は、静寂がどれほどありがたいものだったか身にしみて感じることが出来ました。

トイレの水が凍った

トイレ

釜山は朝鮮半島の南端にある都市です。海に面しているので気候は温暖で、冬は雪もめったに降りません。けれども、真冬の何日かは明け方に気温が氷点下まで下がることがあります。

そんな寒い冬の朝会社に出勤すると、トイレの水が凍って使えなくなっている、というトラブルが度々ありました。建物が古いためにトイレの窓の建て付けが悪く、完全に窓を閉めることが出来なかったからです。

そんな時は、やかんにお湯を沸かしてタンクと便器の氷を溶かして対応します。ただ、水道管が凍ってしまった時はどうしようもありません。凍えながら、近くの地下鉄の駅まで走って用を足しに行きました。

見かねた近所のコンビニの店主さんが、トイレが使えるようになるまではコンビニのトイレを使って良いよ、と言ってくれました。とってもありがたかったです。

新聞が届かない

会社では新聞をとっていました。ビルに新聞受けはあったのですが、毎朝配達の人が2階の事務所のドアの前に置いていってくれていました。

ある時、新聞配達員が変わったのか、新聞が1階の建物の入り口に置かれるようになりました。

それからしばらくすると、毎朝くるはずの新聞が、日によっては届いていなかったりするようになりました。その度新聞の集配所に電話をして問い合わせても、配達員はきちんと配ったと言います。

そんなことが続いたある日、ついに新聞が届かなかった原因が判明しました。用事があって早朝に出勤した社員が、廃品回収のリヤカーを押したおばあさんが新聞を回収していこうとするのを見つけたのです。

韓国の古い住宅地や商業地では、老人がリヤカーを引いて新聞紙やペットボトル、空き缶などの廃品回収をして回ります。廃品回収の仕事をして日銭を稼いでいる貧しいお年寄りの姿は、韓国ではたまに見かける光景です。

おばあさんには申し訳なかったのですが、新聞は以前とおなじようにビルの2階の入り口に置いてもらうようお願いし、問題は解決しました。

冷蔵庫でキムチが……

冷蔵庫

韓国ならではのハプニングもありました。会社には休憩室があり、そこで社員が昼食を食べることが出来るよう冷蔵庫や電子レンジ、テーブルが置いてありました。

昼食はお弁当を持ってくる人が多かったのですが、たまにキムチを入れたタッパーをそのまま冷蔵庫に保管している人もいました。

冷蔵庫の中は各自自分のものを管理していました。そういう状況で、冷蔵庫に黒いビニール袋が長い間放置されていましたが、誰も気に留めることはありませんでした。

でも、さすがに半年ほど過ぎてから、誰とも言わずその黒いビニール袋をどうにかしないとと思うようになりました。

勇気のある社員が黒いビニール袋を取り出して開けてみると……。これ以上は文章で詳しく書くことは控えますが、とにかく中身はかなり発酵して黒くなったキムチだったようです。

まとめ

どれもこれも、適当さが原因と思われる事件の数々。韓国に来たばかりの日本人だったら、耐えられない人もいるかもしれません。これらの事件を乗り越えることができたら、すっかり図太い日本人になれるでしょう。

韓国在住10年を超えた私は、この程度のハプニングは軽く笑って流せるようになりました。この先日本人を相手に仕事をすることがあったら、もう少し繊細な感覚を思い出す必要があるのかもしれません。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

韓国での現地採用はどうなの?就職あれこれ(職種、職業、給与など)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
okamatan

okamatan

投稿者プロフィール

国際結婚をして韓国の釜山に在住。
子供二人と夫の4人家族。韓国の研究所や企業での勤務経験あり

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る