海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

クアラルンプールにある大きな自然公園「ボタニカルガーデン」に行ってみよう

  • 公開日:
  • 更新日:
ボタニカルガーデン

クアラルンプールの列車の中心駅、KLセントラル駅。

近年、この駅の周りには高層ビルが建設され、多くの日系企業がオフィスを構えています。そんな交通の中心であり、街の中心を担うエリアの裏手に、大きな自然公園「ボタニカルガーデン」と呼ばれる公園があることをご存知でしょうか?

仕事帰りにジョギングをしたり、仕事で疲れた脳や身体を休めたり、自然と触れ合ったり…そんな用途におすすめのボタニカルガーデンをご紹介したいと思います。

ボタニカルガーデンの概要

Perdana Botanival Garden、これがこの公園の正式名称です。以前は英語でレイクガーデンと呼ばれて親しまれてきましたが、近年名称を変更しました。

こちらの公園は、1880年代に英国政府によって、中心地の喧騒から離れて静かに散策ができる場所…として造られました。専任の造園師によって整備された美しい芝生が続き、公園内のあちこちに南国の植物が生い茂っています。

湖、子供の遊び場、バラ園などがあり、歩く場所によって表情が変わるのも魅力です。公園の広さは約91.6ヘクタール(約92万㎡)もあり、様々なな施設が併設されています。

どこにあるの?

公園の場所ですが、KLセントラル駅の北西側に位置しています。

地図上でみると駅からすぐの場所なのですが、駅から徒歩でとなると、入り口がかなり遠いところにありますので、徒歩で行く場合は、その分もウォーキング、ジョギングがてらというつもりで行くといいかと思います。

マレーシアは車社会のため、公園に来る際も車で、という方が多いようです。また、旅行者の方は自転車を借りて、サイクリングがてら訪れているようです。

ボタニカルガーデン内には何があるの?

公園内に併設されている施設には次のようなものがあります。バードパーク、バタフライパーク、オーキッドガーデン、ハイビスカスパークなど。(一部の施設では入場料が必要です。)

施設の簡単な説明をしますと、バードパークは21エーカー(約8500㎡)という広さを誇ります。パーク内には国内外から集めた約5000種類の鳥たちが飛び回っています。

バードパーク内の鳥たちもさることながら、バードパークを覆うネットの周りでは、なんと野生の猿もいて、ここは街の中心地なのか??と一瞬目を疑うほどです。

バタフライパークは巨大なビニールハウスの中に、様々な蝶々達が自由に飛び回っています。蝶々以外に熱帯特有の虫達もいますので、昆虫好きの方は必見です。

オーキッドガーデン

各種の蘭が飾ってあるスペースです。

ガーデンとは銘打っていますが、鉢植えに植えられた蘭が置いてあると言った感じのため、よっぽどの蘭やお花好きの方以外は拍子抜けするかもしれません。

ハイビスカスガーデン

マレーシアの国花であるハイビスカス。このハイビスカスを約500種類以上集めて展示しています。

その他、公園周辺には、国立博物館やイスラム博物館、プラネタリウムなどの施設もあります。

園内はかなり広いので、例えば駐車場に車を止めて歩いてプラネタリウムまで、地図でなんとなく把握してから歩いて行く!とすると、想像以上に時間がかかりますのでご注意下さい。

また園内には売店などはあまりありません。お水や食べ物などは持参したほうがいいでしょう。

園内は1日で見て回るのは大変なほど広いので、ある程度のポイントを絞って散策されることをおすすめします。

歩くのはちょっと…という方には、園内では専用のカートが巡回していますので、こちらを利用して効率よく園内を回るのもおすすめです。カートは朝の9時〜19時の間で30分間隔で回っています。(有料)

ボタニカルガーデンを散策してみましょう

それでは早速散策してみましょう。

ボタニカルガーデンの地図

広大な敷地の様々な場所に見どころがあります。

葉っぱのトンネル

芝生が続く敷地内。

遊歩道はしっかりと整備されていますので、ベビーカーでも安心です。

池

湿地があったり

南国の花

南国の植物が咲き乱れていたり

南国の花

このような色合いのお花は、やはり南国特有といった感じです。

こちらの公園のすごいところは、街中にあるにもかかわらず、公園内のいたるところで野生の動物が見れることにあります。

例えば

隠れたとかげ

上記のどこかに何がいるか見えますでしょうか?

小さなトカゲですが、全長は20cm程あります。

また、こちらの木には

木にいるリス

リスが木と木の間を飛び跳ね、芝生の上を走り…と日本ではなかなか見ることの出来ない光景です。

通路

そして上記の写真は、何がどこにいるのかわかりますか?

写真中央辺りに、奥に向かってのそのそと歩く比較的大きなトカゲ。

体長約1mです。

こちらマレーシアでは、オオトカゲを見ることができます。

余談ですが、マラッカというマレーシアの都市を訪れた時、川で優雅に泳ぐ体長2mほどのオオトカゲを見ました。

また、クアラルンプール市内を少し南に降りた辺りにある通称ピンクモスクと呼ばれるモスクがあるプトラジャヤというエリアでも、川べりでゆったりとくつろぐ体長約1〜2mのオオトカゲに遭遇しました。その川べりのすぐ隣は一般の住宅地です。

そして、このボタニカルガーデンでも、何匹ものオオトカゲを見ることができました。繰り返し言いますが、この公園は街の中心駅のすぐ裏手。そのような場所でも、野生の動物がゆったりと、自然に生きているのです。

池

公園内をしばらく歩くと、このような池が出現します。

この池の真ん中にある小さな孤島は鳥の楽園。

アヒルや、カモやさらに大きな鷺のような鳥達が所狭しと巣を作り、せっせと子作りに励んでいるのです。

公園内のアクティビティ&サービス

散策以外のアクティビティとしては、公園内の湖で自分で漕ぐボードに乗ることができます。日本と同じく、デートなどでのんびりボートなどはいかがでしょうか?

他には、不定期ではありますが、園内で観葉植物を販売するイベントなども行われています。

また、園内の情報や植物に関しての情報などを知りたいゲストの方のためのインフォメーションセンターも完備されていますので、何か困ったことや、あのエリアで見たこの植物の情報を知りたいなどがあれば、是非活用して頂きたいサービスです

まとめ

初めて訪れたとき、街中にも関わらず、静かで自然が溢れていてとても驚いたと同時に、近くにこのような公園があることが嬉しくもありました。オフィスの近くにこのような自然あふれる公園があるのは、とても魅力的だと思いませんか?

仕事で疲れた時、旅行の合間になんとなくボーっと過ごしたい時、動物を見たい時、立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

マレーシアで海外就職!現地採用として働くなら気になる仕事や給料相場

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る