海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

マレーシア・ペナン島のヘリテージホテル「E&O」で優雅にアフタヌーンティーを楽しもう

  • 公開日:
  • 更新日:
E&O(Eastern Oriental Hotel)

マレーシアのペナン島にあるジョージタウンは世界遺産に登録されている趣のある町です。そのジョージタウンの海際にランドマーク的に存在するが、E&Oホテル(Eastern Oriental Hotel)です。

ペナンはマレーシアではクアラルンプールに続く第二の都市。都市機能を持ちつつ、東洋の真珠と称される美しい島であるペナン島は観光客にも人気があります。美しい異国の島の雰囲気を体験できるのがE&Oホテル。

今回はそのE&Oホテルで楽しめるアフタヌーンティーをご紹介します。1リンギット=約26円(2017年)

E&O(Eastern Oriental Hotel)ホテルとは

E&O(Eastern Oriental Hotel)

E&Oホテルは、ジョージタウンの北側の海辺に位置するホテルです。近くには歴史的建造物のブルー・マンションや、ホーカーフードを食べられるレッドガーデンというホーカーセンターがあります。

E&Oホテルの歴史は古く、創業は1885年。アルメニア人の実業家であるサーキーズ兄弟によって設立されました。

設立当時の19世紀中旬はスエズ運河が開通したことで、ヨーロッパから東南アジアへ渡る海路がアフリカ南端の喜望峰を回るコースの半分に短縮でき、ヨーロッパから東南アジアへの人の流れが劇的に増えた時代です。

E&Oホテルだけでなく、シンガポールにある有名なラッフルズホテルもこのサーキーズ兄弟が手掛け、設立されたものです。

白亜の外観に格調高い美しさとアットホームな温かさを併せ持つこのホテルは、ヘルマン・ヘッセやチャップリン等の著名人から愛されただけでなく、各国の首相にも利用される有名ホテルです。

E&O(Eastern Oriental Hotel)はコロニアル調の美しい建物

E&O(Eastern Oriental Hotel)の内装

上記の写真はロビーです。

白い建物と青空のコントラストが美しいこのホテルの建築様式はコロニアル調になっています。外観だけでなく内装も英国風のクラシカルさと南国の解放感が混じり合ったような雰囲気の調度品でまとめられています。

ヨーロッパ風の猫足のソファが解放感のある白壁の内装に引き立っています。

コロニアル調とは、植民地風の建築様式のこと。17世紀~19世紀にはアメリカを初め東南アジアなど各地がイギリスやオランダの植民地となりました。

それらの宗主国は領地とした土地に、自国の建築様式と当地の様式をミックスした住居やホテルを入植者向けにたくさん建てたのです。

ヨーロッパ風の雰囲気に溶け込むリゾート風の雰囲気は、荘厳さと解放感を併せ持ち、現代でも人々を惹きつけてやみません。

シンガポールのラッフルズホテルや、香港のペニンシュラホテルもコロニアル調の様式で作られ、今もたくさんの人に愛されています。

メインダイニング「The1885」で優雅にアフタヌーンティー

アフタヌーンティー

E&Oホテルには「The1885」というレストランがあり、ホテルのメインダイニングになっています。ロビーから1885へ続く廊下はとても美しく、結婚式の撮影をしているのを見かけるほどです。

格調高い白い廊下に白いウェディングドレスが溶け込むようで、とても素敵で見惚れてしまいました。

このホテルの雰囲気を、泊まらずに手軽に体験できるのが1885で提供されているアフタヌーンティーです。レストラン内の雰囲気も素晴らしいですし、味も美味しいです。

2段のティースタンドに、サーモンや卵等色とりどりの具を挟んだ数種類のパンやサンドウィッチ。ホロホロに焼かれたスコーンやプチケーキ類は別のお皿で出されます。

それぞれ紅茶に合ってとても美味しいですし、スコーンにつけるジャムやクロテッドクリームも美味しいです。選べる紅茶の種類も多く、ポットにお茶がなくなればおかわりをいただけます。

窓の外の海を眺めながらおしゃべりを楽しめば、あっという間に時間が過ぎていきます。

こちらのアフタヌーンティーは有名で、ガイドブックや観光サイトでも紹介されていますが、いつも混んでいないところがとても良いです。各席の間のスペースにゆとりがあり、隣のおしゃべりがうるさいなんてことはありません。

完全予約制にして人を入れすぎないことで、静かなレストランの雰囲気を壊さず、お客様に素敵な時間を過ごしてもらうことを大切にしている姿勢が窺えます。

アフタヌーンティーセット(14:00~17:00)一人65.3リンギット(約1700円)

電話で予約してから行くことをおすすめします。

  • 名称:The1885
  • 住所: Eastern & Oriental Hotel, 10 Farquhar Street, 10200 Penang
  • アクセス: ジョージタウン・ファルクハル通りのイースタン&オリエンタルホテル1階
  • 営業時間: Afternoon Tea 14:00~17:00 Dinner 19:00~22:30
  • 電話番号: 04 222 2000

海を望む美しいプロムナード

プロムナード

E&Oホテルは海に面しています。ホテル前の庭に出るとそこはすぐに海。歩きやすいプロムナードが整備されているので、アフタヌーンティー後は散歩がおすすめです。

海風に吹かれながらホテルを見上げれば、遠く植民地時代にタイムトリップできそうに感じます。ペナンの日差しは強いので、帽子にリゾート風のスカートでもはためかせればますます雰囲気に浸れることでしょう。

まとめ

美しい建築様式のホテルや、老舗ホテルに泊まることを旅行の目的にしている人も多いと思います。筆者も非日常感を味わえるようなホテルステイが大好きです。ですが、なかなかお値段が張るので気軽に行けないのが実状。

そんなときによく利用するのが、ホテルラウンジやダイニングで楽しめるアフタヌーンティーです。美味しいお菓子とホテルの雰囲気が両方味わえるところがとても魅力的です。

ペナン島を訪れたら、ぜひ、E&Oホテルのアフタヌーンティーに足を運んでみてくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Cheriko

Cherikoライター

投稿者プロフィール

香港、マレーシアで滞在。現在はマレーシア・ペナン島に滞在中。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る