海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

もうワイキキは飽きたという人へ!大人のハワイはラナイ島で手に入れましょう

  • 公開日:
  • 更新日:
ハワイの家

リゾート地として世界中のなかでも日本人に1番人気なハワイ。オアフ島、ワイキキに行くとその日本人観光客の多さにおどろく人もいます。

そして最初は楽しかったワイキキも、なんどもハワイを訪れていると知り尽くしてしまい、そのにぎやかな様子に疲れてしまうことも。

そんなときはどこに行けばいいのでしょう?その答えは、ハワイ諸島のなかでも「大人」なあの島 、ラナイ島に隠されていますよ。

ラナイ島ってどんな島?

ラナイ島

ラナイ島はワイキキがあるオアフ島の南東にあります。ハワイ諸島のちょうど真ん中あたりに位置している島です。もともとパイナップル農業がとても盛んな島だったこともあり「パイナップル・アイランド」と呼ばれていたのは有名な話です。

それから月日がたち、パイナップル農業が廃れていったあと観光業が盛んになりました。それからずっとラナイ島は観光業に支えられています

いまはオラクル・コーポレーションの創業者ラリー・エリソンが島のほとんど全域を所有しており、ラナイ島の観光業や農業の改革をしています。

大人のハワイを満喫できる5つ星ホテルチェーン

ホテル

なぜこのラナイ島が大人のハワイを実現できるかというと、ラナイ島にはあの有名な5つ星リゾートホテル、フォーシーズンズがあるからです。

2016年に大型改装が完成してからというもの、さらにラグジュアリーになったラナイ島のフォーシーズンズ。もともとラナイ島は人口がオアフ島に比べてかなり少ないうえ、ホテルの周りは自然に囲まれています。

ワイキキの喧騒から抜け出してゆったりと過ごすには申し分ない環境です。まさしく非日常を体験しながらリフレッシュしたい大人向けのハワイと言えるでしょう。

ホテルでのおもてなし体験談

私が実際にホテルで受けたサービスのいくつかを紹介します。

アニバーサリーケーキの準備

アニバーサリーケーキ

結婚記念日のお祝いのために宿泊しています、と何かの拍子に伝えていたのだと思います。プールから戻り部屋に帰ったら、かわいいケーキが待っていてくれました。

もちろんケーキはとても美味しくて嬉しかったのですが、私の心を動かしたのは日本人のホテルマネージャーさんからの直筆の手紙でした。私たち夫婦の名前入りです。

この心のこもったおもてなしにすごく感動したのを覚えています。ちなみに、シャンパンも付いてきましたよ。

一流ヨガレッスン

ホテルでいただける無料サービスのことは、英語でComplimentary(コンプリメンタリー)と言います。このコンプリメンタリーのサービスもすごく充実していました。

一般的にコンプリメンタリーのサービス内容は、ヨガやピラティスなどのレッスンから、部屋についている飲み物や軽食など多岐にわたります。その中で私はヨガレッスンを受けてみました。

ヨガの先生は、全身を白のヨガウエアで包んでいました。指導はすごく的確です。ヨガのインストラクターの資格を持っている私ですが、なんと今までずっとできなかったポーズが、先生のおかげでできるようになってしまいました。

レッスンの後に話を伺ってみると、先生はインド出身だそう。ヨガの本場インドで修行を積んでから世界中のフォーシーズンズを転々としながら指導をしているそうです。

さすがフォーシーズンズ、無料サービスのコンプルメンタリーでも質が違う!と圧倒されました。

ホテル基本情報

  • 名称:Four Seasons Resort Lanai
  • 住所:Lanai City, Hawaii 96763 アメリカ合衆国
  • 電話番号:1 (800) 321-4666
  • 日本語版公式サイト:http://www.fourseasons.com/

ホテルの外でハワイを満喫

大人のハワイはホテル内でひたすらリラックス?いやいや、リフレッシュのために外の世界に飛び出すのが粋というものじゃないでしょうか。もちろん、人混みとは無縁の世界で。

徒歩20分ほどでいける絶景ポイントがラナイ島にはあるんです。それがこちら 「Sweetheart Rock(スイートハート・ロック)」。

ホテルに直結しているビーチを目の前にみて、左端に岩場が。その岩場の頂上にこの絶景ポイントはあります。

もちろん、ポイントにたどり着くまでの道中にも素晴らしい世界が待っています。透き通った紺碧の海、澄んだ風、キラキラと輝く太陽…ビーチには真っ黒に日焼けしたロコキッズたちの元気いっぱいな姿を見つけることもできますよ。

ホテルを満喫しきったら、 ぜひ出かけてみてくださいね。

スイートハート・ロックを2倍楽しむためにするべきこと

スイートハート・ロックは海にうかぶこの写真の岩のことを指します。よく見てください。てっぺんに長方形の石のようなものが見えませんか?

スイートハート・ロック

実はこの長方形の石には、ハワイの王様とその愛する人にまつわる逸話があります。実際に行ったときの感動を残しておくためにここではお伝えしませんが、代わりにホテルで働くラナイ島出身の方にぜひ質問してみてください。

ハワイの歴史に興味を持つきっかけが、このスイートハート・ロックで見つかるかもしれませんよ。

ラナイ島への行き方

ラナイ島へ行く

ラナイ島へは、飛行機で行く方法とフェリーで行く方法があります。いずれも1日の本数は限られていますので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

飛行機で行く場合

日本からの直行便はないので、ハワイ諸島のいずれかの島から乗り継ぎをする必要があります。オアフ島からの乗り継ぎが一番メジャーですが、その場合のフライト時間は約30分 です。

フェリーで行く場合

この行き方は私のおすすめです。マウイ島にあるラハイナという港町から、フェリーを使ってラナイ島に行く方法があります。フェリーにかかる時間は約1時間です。

ハワイの醍醐味といえる海を目の前で味わえるのがフェリーのいいところ。ラナイ島の自然がたっぷり残った山肌を眺めながら乗るフェリーは、道中から非日常を体験させてくれますよ。

フェリー基本情報

ホテルまでの行き方

飛行機とフェリー、どちらを利用したとしても、ホテルまでは少し距離があります。

いずれの場合もフォーシーズンズホテルまでは送迎のシャトルバスが出ているので、そちらを利用することをおすすめします。ホテルを予約する際に送迎の有無を聞かれますよ。

シャトルバスは有料ですが、ホテルまでの道はアップダウンがあります。旅行カバンを持って炎天下の坂道を登り下りすると体力をかなり消耗するので、 ここはクーラーの効いたシャトルバスをお願いしておきましょう。

まとめ

ラナイ島には信号が1つもないことはご存知でしたか?信号が必要ないほど道がシンプルで、人口も少ない島、それがラナイ島です。喧騒から離れてゆっくりしたいと思う大人には最高の場所となります。

ホテル内も広々とした造りで、日本で日常的に乗っている満員電車の窮屈さを一瞬で忘れられるほどです。忙しく働いたあとのご褒美に、ぜひラナイ島で「大人のハワイ」を満喫してくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る