海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

スペインに行ったら絶対に訪れたい!アンダルシアの美しい街グラナダの魅力

  • 公開日:
  • 更新日:
グラナダ

スペイン旅行に行ったらまずどこを訪れたいでしょうか?バルセロナのサグラダファミリアやアンダルシア地方に多くある白い家の美しい街など、スペインには様々な観光地があります。

その中でも私がおすすめするのは、スペインのアンダルシア地方にある、地中海に面した都市グラナダ。かつてはイスラム教の王国が栄えていた場所で、異国情緒ただよう神秘的な街です。

せっかくスペインへ行くのなら、絶対に訪れて欲しい街の一つ!ここでは、そんなグラナダの魅力をご紹介いたします。

アルハンブラ宮殿(La Alhambra)

アルハンブラ宮殿(La Alhambra)

グラナダの南東の丘にある、13世紀前半に築かれたイスラムの宮殿。スペイン語では「h」を発音しないので、「アランブラ」と発音します。世界各地から観光客が訪れる定番の観光地です。

私が6年前に初めて訪れた時も観光客でいっぱいで、入場するために行列に並んだ記憶があります。

事前予約が必要!入場制限あり

アルハンブラ宮殿は1日の入場制限があるので事前予約が必要です。数ヶ月先まで予約がいっぱいということもあるようですので、アルハンブラ宮殿を訪れる予定の方は早めに予約をしましょう。

私は当時、要予約ということを知らなくて予約なしで訪れたのですが、並んだ後入場することができました。その当時から予約が必要だったのかはわかりませんが、もしかするとラッキーだったのかもしれません。

アルハンブラ宮殿の敷地内は広大で、入場チケットが必要な場所は、「アルカサバ」「ナスル朝宮殿」「ヘネラリフェ」の3か所。

美しい風景

敷地内はたくさんの緑に囲まれており、とっても空気がきれいです。イスラム建築も大変見応えがあり、また庭園も美しくうっとりしてしまいます。

アルハンブラ宮殿は、高い場所に位置しているため、グラナダの町並みを一望することができます。青い空と白い家の町並みが本当に美しいです!

歩きやすい履きなれた靴で

坂道が多いので、当日は歩きやすい靴で来られることをおすすめします。

とにかく広いので、余裕を持った旅のプランを考えるといいでしょう。アルハンブラ宮殿は時間厳守なので、入場時間には遅れないように気をつけでくださいね!

アルバイシン地区(El Albaicín)

アルハンブラ宮殿の西側に位置するグラナダの旧市街地です。このアルバイシン地区も、アルハンブラ宮殿と同様世界遺産に指定されている美しい街です。

坂道になっており、道が狭く入りくんでいてまるで迷路のよう。石畳の小道に、グラナダで最も古い真っ白の家々が建ち並びます。迷いながら歩いてみるのも楽しいかもしれません。

また、アラブの雑貨屋が並ぶ通りがあり、見ているだけでも楽しくなってしまいます。アクセサリーやアラブの布、バッグなど安価なものが多いので、お土産を選ぶには最適です。

散策をしていると、街のいたるところからアルハンブラ宮殿を望むことができます。背景にはシエラネバダが続いており、夏でも雪が積もっていてなんだか不思議な光景です。

夜のライトアップされたアルハンブラ宮殿や、アルバイシンも美しいですが、人通りが少ない場所は危険ですので注意してくださいね。

サンニコラス展望台(Mirador de San Nicoras)

サンニコラス展望台(Mirador de San Nicoras)

私がグラナダで最もお勧めするスポットです!

アルバイシンの小高い丘の上に位置し、アルハンブラ宮殿、シエラネバダ、グラナダの町並みを一望できます。天気のいい日中や夕暮れ時に訪れたい場所です。

ヌエバ広場から小型のバスも出ていますが、徒歩でも訪れることができます。ゆっくり時間があるのでしたら、徒歩でのんびり散策しながら登るといいでしょう。まっすぐに目指すのでしたら、30分程で到着できます。

私が訪れた時は、サンニコラスの広場にギターを演奏している人や歌を歌っている人がおり、とってもロマンチックな雰囲気でした。

向かいの丘に静かに佇むアルハンブラ宮殿は壮大で、グラナダの歴史を感じることができます。その後ろには白銀のシエラネバダが煌煌と存在し、そのコントラストがとても神秘的でため息が出てしまいます。

また、展望台のすぐそばには「Mirador de San Nicoras」というレストランがあり、この美しい景色を見ながらお茶や食事を楽しむことができます。日曜や祝日はお休みなので注意してくださいね。

洞窟フラメンコ

スペイン、アンダルシアを訪れたら絶対に見逃せないのが、スペインの伝統的な文化であり、無形文化遺産にも指定されているフラメンコ。

その起源は、アンダルシア土着の民族音楽と放浪の民ジプシー達との融合であると言われており、迫害され続けた彼らの嘆きや叫びが表現されています。

アンダルシア地方の中でも地域によって違う特色を魅せるフラメンコは、本当に独特な文化です。洞窟フラメンコはグラナダでしか観ることができませんので、ぜひ訪れたい場所ですね!

グラナダでフラメンコが観られるタブラオをいくつかご紹介いたします。

場所によって違いますが、21時15分と22時30分スタートの2ステージあり、約1時間ほどのショーを楽しむことができます。

ステージを囲むように観客席があるので、臨場感抜群です。ドリンク片手にグラナダのフラメンコを堪能してはいかがでしょうか?

また、宿泊ホテルまでの送迎付きプランもあるので、こちらを利用されると夜遅くなっても安心かと思います。ホテルからの予約も可能で、フラメンコとアルハンブラ宮殿の夜景鑑賞がセットになったプランも大人気です!

また、Casa del Arte Flamencoは洞窟フラメンコではなく普通のタブラオですが、洞窟でのフラメンコが見たい、というこだわりがない方でしたらこちらのタブラオもおすすめです。質の高いフラメンコを観ることができます。

こちらのショーは洞窟フラメンコよりもスタートが早いので、ホテルへの帰宅も早めにでき安心です。

タパスの街

タパス

タパスというのは、スペインのバルで提供される小皿料理のことで、魚の揚げ物や肉の煮込み、サラダなどその種類は豊富です。

グラナダのバルやレストランでは、1つドリンクを注文するとタパスが1つ付いてくるというシステムがあります。

私もその噂だけを聞いてグラナダに旅行をした際、「本当にドリンク1杯でタパスが付いてくるのだろうか?」とワクワクしながらビールを注文しました。すると、1杯ビールを頼むごとにタパスも1品付いてきて本当にびっくりしました。

タパスの種類はお店ごとに違い、色々なお店をはしごして楽しむことができます。

グラナダのビール「alhambra」を飲みながら、絶妙な塩加減でお酒のすすむタパスを堪能する。まるで地元グラナダっ子になったような気分でした。

グラナダの街にはたくさんのお店がありますが、今回はその中から厳選したお勧めのバル・レストランをご紹介いたします。

  • Los Diamantes Ⅰ(Calle Navas 28):ここは、魚の揚げ物が安くて美味しいお店です。有名店なので、いつもたくさんの人で溢れています。
  • El mentido(Calle Piedra Santa 15):タパスも美味しく、またワインの種類も豊富です。
  • Los Manueles(Calle Reyes Católicos 61):人気店でいつも人がいっぱいです。コロッケがオススメ。(スペイン語でcroqueta
  • Taberna Salinas(Calle Elvira 13):中心部に位置し、雰囲気も良く料理も美味しいです。
  • Bodegas Castaneda(Travesia Almireceros 1-3):グラナダの有名な老舗バルです。旅行者も多いですが、地元の人も多く感じられました。美味しいタパスが豊富にあります。
  • CARMEN DEL AGUA(Placeta del Aljibe Trillo 7):アルハンブラを見渡せるテーブルもあり、とってもロマンティックな雰囲気のレストランです。何かの記念日に利用される方も数多くいます。こちらは予約が必要です。

他にも美味しいお店はたくさんありますので、ふらふらと散策してインスピレーションで決めて入店してもいいですね。

ただしグラナダは観光地なので、観光客向けの高くてあまり美味しくないお店も存在します。そういうお店に注意しながら、タパス天国グラナダで食を思いっきり楽しんでくださいね!

グラナダのホテル

グラナダにはたくさんのホテルがあります。エクスペディアアゴダHotels.comなどでホテルを見つけることができます。宿泊してゆっくりとグラナダを堪能するものいいですね!

また、海外ではいろいろと調べ物が増えるもの。そんな時にグローバルWiFiがあると便利です。1日あたり921円から利用可能です。(2017年10月現在)

まとめ

スペインのことわざで「Quien no ha visto Granada no ha visto nada.」というものがあります。「グラナダを見たことがない人は何も見ていないのと同じだ」という意味です。

私はグラナダには何度か訪れましたが、本当に美しく異国情緒ただよう神秘的な街で、毎回うっとりしてしまします。特に、アルバイシンから眺めるアルハンブラとシエラネバダの風景が大好きです。

また、アルハンブラ宮殿内には「パラドール」というスペインの国営ホテルがあります。「パラドール」とはスペイン各地にあり、古城や修道院など歴史的建造物を宿泊施設にしているものです。

宿泊料は高いですが、美しいロケーションとそれはそれは優雅な時間を堪能することができます。グラナダの「パラドール」には泊まったことはありませんが、いつか滞在するのが私の夢です。

皆さんがグラナダに足を運ばれる際には、ぜひこちらの情報を参考に楽しんでいただければと思います!

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部Guanxi 公式

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] 編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る