海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ベトナムにディレクターとして転職してわかったベトナム流の働き方

  • 公開日:
  • 更新日:
ベトナム

日本は他国よりも労働時間が長いというのはよく言われていることですが、国によって働き方というのは本当に違います。

海外就職することは、日本と全く異なるルールや常識の中で働くことを意味します。その国で人々はどんな働き方をしているのか、実際に行ってみないとわからないことがたくさんありますが、できれば事前に一般的な傾向だけでも把握しておきたいですよね。

私がベトナムのホーチミンへ転職し、ベトナム人と働いて感じた日本との違いを紹介します。

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

ベトナム人は休憩時間と終業時間をきっちり守る

時間

ベトナムというと、なんとなくゆったりしていてルーズなイメージがありますが、実はある意味、時間に厳しいです。こちらで働いて驚いたのは、ベトナム人は絶対に休憩時間には休憩を取り、残業は基本的にしないことです。

このような働き方が当たり前といえば当たり前なのですが、日本人の感覚だと緊急の案件があるときはついお昼を取らずに作業を続けてしまったり、残業もやってしまったりしますよね。

仕事を優先するという発想がない

ベトナムでは、基本的にとても重要でない場合以外はどんなに早くやってくれと急かしてもお昼休憩はきっちり取る上、「これをやっていたら定時に退社できないから明日やるね」と言って次の日に回します。

こちらとしては「え、早くやってほしいのに……!」と思ってしまいますが、ベトナム人には一般的に残業をしてまで仕事をするという発想自体がないのだと思います。

ベトナム人と話していると、よく「過労死」というものを理解できないと言われます。そのため、日本人的な発想で「残業でなんとかすればいいや」と思っていると痛い目を見ます。

ベトナム人の感覚に合わせてスケジュール調整

納期のある案件の場合は、仕事を回す側が絶対に期限に間に合うようにスケジュールを調節するしかありません。前述したように、本来はベトナムのこの働き方が当たり前だと思いますが、ディレクターとしては時々じれったい思いをします。

ちなみに、ベトナム人が時間に厳しいのはランチと退勤のときくらいで、朝の出勤は渋滞も多いため、ほとんどの人が勤務開始時間に遅れて来ます……。

ベトナムの職場にも上司と部下の上下関係は存在

ベトナムお店

日本の会社だと上下関係が面倒だったりしますよね。ベトナムにも一応、上下関係はあります。日本ほど色々と気を遣ったりはしませんが、基本的にベトナム人は上の言うことには従順です。根が真面目な人が多いので、ルールを提示されればそれを守ろうとします。

ただ、いくら上の言うことを聞くとは言っても、上司からプレッシャーをかけられたり、みんなの前で怒られたりというのは非常に苦手なので、スタッフと親密になって一体感を出していく必要があります。

会社では、家族のような雰囲気で仕事をすることを好んでいる人が多いように思います。

ベトナム人は自分の仕事が終われば好きなことをする

ベトナムにいる猫

日本だと、自分のやるべきことが終わっても何か仕事を探してやらないとサボっているという評価をされてしまいますが、ベトナム人は自分のやるべきことが終われば堂々とサボります

「余裕あるし、ちょっと昼寝するわ」とか、「作業が一段落したし、ゲームしよっと」と言いながら本当に堂々と休憩を入れます。こちらとしても仕事が終わっていれば良いので、特に何も言うことはなく、自由でいいなと思います。

私の会社だけかもしれませんが、なぜか夕方ごろ誰かがご飯を買ってきたり、いつのまにかカップラーメンを作り出したりと間食タイムが始まります。このときばかりは「あの仕事終わってる?」と聞きにいかなければいけません。

ベトナムでは転職は当たり前

パソコン

ベトナム人は、今の会社よりもいい会社があるとすぐに転職します。一つの会社で長く働かなければならないという意識はほとんどなく、条件が良いところにどんどん移るのが普通です。

私はまだ実際に見たことはないですが、日本のように1ヶ月前には申告して……ということもなく、「来週辞めます」という人も多いそうです。

日本では「新卒入社なら3年は続けないと」と言われたりしますが、ベトナム人は特に気にせず「仕事がきついなら辞めればいい」という感じです。

ベトナムは国民総フリーランスとよく言われるように、確かに副業も転職も当たり前にするので、常駐型フリーランスと言っても過言ではありません。

旧正月の休暇後は採用されやすい?

ちなみに、テト(旧正月)休暇の前にボーナスを出す会社が多いのですが、ボーナスをもらって辞める人が多いので、テトの後はとても採用されやすいそうです。

企業としても、ボーナスを出した後に辞められてしまってもまた別の人を採用できるため、あまり焦りません。

まとめ~もう日本では働けない!

本文でも述べましたが、ベトナム人は日本人と似て根が真面目なので、仕事もそれなりにちゃんとします。頭の良い人が多いため、仲良くなってうまくやる気を引き出してあげれば、スピード感もクオリティもある仕事をしてくれるようです。

私はベトナムで就職してから1ヶ月ほどなので、その辺はまだあまりコントロールできていませんが……。

とにかくベトナムはワークライフバランスが抜群で、ここで働くともう日本では働けないかもしれないと思うくらいです。仕事だけでなくプライベートも充実させたいという人には本当におすすめです!

【海外求人をチェックしたい方はこちら】

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ベトナムで働くには?ベトナム就職・転職したい日本人向け就職情報まとめ

【ベトナム求人】未経験からでもベトナム就職を狙える転職サイトまとめ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

浅倉まみ

投稿者プロフィール

福岡県出身。約1年半日本のIT企業で働いた後、ベトナムのホーチミンへ海外就職。猫派です。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る