海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ドイツで足を運んでみよう!ベルリンで体験したいイベント6選

  • 公開日:
ベルリン

ドイツの首都であるベルリンには1年間を通し、様々なイベントがあります。ベルリンならではのイベントもあれば、ドイツだからこそのイベントもあります。またベルリンでは、日本にまつわるイベントも開催されています。

イベントでは、日本ではなかなか馴染みの無い習慣に触れることができるので、新鮮な気持ちになれて楽しいですよ。ぜひいろいろなイベントに足を運んでみてください。

今回はベルリンの体験したいイベントをご紹介します。

ベルリン国際映画祭

ベルリン国際映画祭

毎年2月の上旬に開催されるのが、日本でもすでにお馴染みのベルリン国際映画祭です。カンヌやヴェネツィアと並ぶ世界3大映画祭としても有名ですね。

シーズンになると、ポツダマープラッツを中心に、町の様々な場所にポスター等が貼られ、今年も始まるのだなぁとワクワクしてしまいます。

ベルリンだけでなく、世界の映画ファンが押し寄せるこのベルリン国際映画祭は、世界各国の新作映画からクラシックな映画、アニメーションなどが上映されます。

なのでこのベルリン国際映画祭は、なかなか見られなかった映画を見る大きなチャンスでもあります。

もちろん日本からの映画も出典されており、有名な監督さんや俳優さんを近くで目の当たりにすることもありますよ。

また映画だけでなく、開催期間中はオフィシャルグッズも販売されます。毎年販売されるベルリン国際映画祭オリジナルのカバンは人気が高く、町中ではそのカバンを提げている人をよく見かけます。

ベルリン国際映画祭で上映される映画を鑑賞する場合は、ポツダマープラッツ駅にある専用のチケット売り場か、インターネットでチケットを事前に購入しましょう。

  • 特設チケット売り場:Potsdamer Platz Arkaden – Alte Potsdamer Straße 7, 10785 Berlin
  • ベルリン国際映画祭オフィシャルサイト:https://www.berlinale.de/

オースタン(イースター)

オースタン(イースター)

オースタンとは英語で言うイースター、復活祭のことを指します。ドイツでは毎年3月終わりがオースタンとなり、長かった冬がようやく終わり、春の訪れを感じる季節となります。

ドイツに暮らす方はキリスト教徒が多いので、オースタンはベルリンでも大切なイベントとなっています。

イースター当日は、伝記に基づいて前日にオースタンハーゼ(うさぎ)が隠したとされる卵を家族で探し見つけます。(実際に卵を隠すのはウサギではなく人ですが)

なぜウサギや卵かというと、ウサギは繁栄の象徴、そして卵は新しい命の象徴とされているからです。

卵を見つけた後は家族で共に食事をし、無事にオースタンを迎えられたことを祝います。

このオースタンが近づくと、ドイツのスーパーではウサギや卵をかたどったチョコレートなどのお菓子やグッズが並びます。

またオースタンは先述したように、春を知らせる行事なので、家族や友達にお手紙を送ることも慣例となっています。

オースタンはドイツ全体が祝日となるので、スーパーなどのお店が閉まり、町は静かになりますが、日本ではなかなか体験できない風習なので、新鮮に感じられるのではないでしょうか。

桜祭り

桜祭り

知らない方も多いと思うのですが、ベルリンには多くの桜(ソメイヨシノではなく八重桜がほとんどです)が植えられていて、春になると日本と同じように濃いピンク色の花を咲かせるのです。

なのでベルリンではほとんどの人が、桜のことを知っています。

また、ベルリン郊外にあるテルトウ市では、毎年4月下旬になると桜祭りが開かれます。桜祭りでは日本と同様に、桜を見ながらお酒を飲んだり、お弁当を食べたり、お喋りしたりと、花見スタイルで人々が桜を楽しんでいるのです。

日本の文化がベルリンにも浸透していると思うと、何だかドイツという国に親近感を覚えてしまいます。

国際ベルリンビールフェスティバル

国際ベルリンビールフェスティバル

ドイツのビールフェスティバルと言えば、オクトーバーフェストを思い浮かべる方がほとんどだと思います。しかし、ベルリンでも大きなビールフェスが毎年開催されているのです。それが「国際ベルリンビールフェスティバル」。

国際という名前がつくだけあって、ドイツやヨーロッパ諸国だけでなく、世界中の様々なビールが出店しています。日本のビールも出店していますよ。

このビールフェスは8月初旬に、ベルリンの中心地ミッテからほど近いカールマルクス大通りにて開催され、期間中は大勢の人で賑わいます。

ユニークなのはビールの販売方法です。会場入口にはフェス専用のビールジョッキが4ユーロ前後で販売されていて、そのジョッキを購入しておくと、大半のお店で買ったジョッキに通常より安くビールを注いでもらえます(0.2リットルで2ユーロ)。

もちろんジョッキを購入しなくてもビールは楽しめますが、専用ジョッキを買った方が安くてお得、つまりいろんなビールを楽しむことができますよ。

またジョッキは持って帰ることもできるので、そのまま家でビールジョッキとしても役立ちますし、来年のフェスに持ち込んでもOKです。

ビールだけでなくホットドッグなどのフードも揃っているので、夏の暑い盛りに世界中のビールを堪能してみてはいかがでしょうか。

クリスマスマーケット

クリスマスマーケット

10月の短い秋が終わると、ベルリンは日が短くなり、いよいよ長い冬に入っていきます。しかし冬の始まりである11月下旬からは、クリスマスマーケットが開催され、町が賑やかになります

ドイツの冬と言えば、クリスマスマーケットを思い浮かべられる方も多いと思います。

クリスマスマーケットでは、グリューワインと呼ばれる温かいワインや、ブラートブルストと呼ばれるホットドッグ、さらに日本でも御馴染みのシュトレンや焼き栗などが並びます。

クリスマスマーケットは先述した11月下旬から12月23日までのところが大半なので、1つだけでなく、いろいろなマーケットに足を運んでみると面白いですよ。

ジルベスタ(大晦日)

ジルベスタ(大晦日)

ジルベスタとは日本で言う大晦日にあたる日。つまり12月31日のことです。ベルリンのジルベスタは、様々な会場でコンサートが開催されたり、カウントダウンライブが開かれたりと、日本と似ているところもあります。

しかし大きく違う所もあります。海外の都心で年末年始を迎えたことがある方ならご存知かもしれませんが、町の至る所で地元の人たちが中心になって花火を打ち上げるのです。

特にベルリンは、かなり盛大に地元の人たちが花火を打ち上げるので、夜中は外出するのをためらってしまうほど危険な状態になるので注意してください。

まとめ

春夏秋冬を通して、ベルリンでも日本と同じように様々なイベントが開かれます。上記で紹介したイベント以外にも、ベルリンではたくさんの魅力的なイベントが開催されているので、ぜひチェックしてみくださいね。

どのイベントもそうですが、人が多く大変賑わう場所では盗難などのトラブルが発生しやすくなります。せっかくの楽しい思い出がつらい思い出に変わらぬよう、しっかりと注意して楽しみましょう。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

ドイツで仕事に挑戦、海外就職してみよう!ドイツ就職のあれこれ

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
yasu

yasuライター

投稿者プロフィール

ベルリンで文房具屋を経営しながらフリーランスとして活動しています。以前ベルリンに旅行したことがきっかけでこの街に引っ越してきました。
ベルリンは緑に溢れ穏やかな時間が流れる素敵な街。そんなベルリンのいろんな文化や習慣、また暮らす上で役立つ様々な情報を中心にご紹介します。

海外旅行・観光のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. 旅行バッグ
  2. 楽天カード
  3. シティ
  4. リクルートエージェント
  5. グッドポイント診断
ページ上部へ戻る