海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです。海外転職のプロが監修・運営しています。

ハンガリーのブダペストで絶対訪れたい観光スポット5選

  • 公開日:
  • 更新日:
ハンガリーのブダペスト

ハンガリーのブダペストといえば、美しい街並みや夜景を思い浮かべる方が多いのではないのでしょうか。

もちろん、街並みや夜景も素晴らしいのですが、それ以外にもブダペストには多くの魅力がつまっています。その魅力を味わうために、1年を通して世界中から多くの観光客が訪れます。

そんな魅力溢れるハンガリーの首都ブダペストで、絶対訪れたい観光スポットを今回はご紹介していきます。

(参考レート2018年現在1HUF=約0.42円)

ブダペストの市場といったらここ!「中央市場」

中央市場

ブダペストで市場といったら「中央市場」に行きましょう。どこよりも品揃えが多く、市場自体も広々として見やすく歩きやすいです。

ハンガリーで有名な食材といえば、フォアグラやマンガリッツァ豚などの高級肉をはじめ、サラミや乳製品、大きな白パプリカなどがありますが、それらハンガリー産の珍しい食材を全て買うことができるのが中央市場です。

普段はあまり食べることのできない、高級食材のフォアグラは1kg600円ほどで手に入れることができます。

また、フォアグラ以外の肉類や加工品のハムやサラミ、野菜も日本では見たことのないものから、定番の野菜までとても多くの種類が売られていて、見て回るだけでとても楽しいです。

さらに、フォアグラなどの缶詰のお土産や、ハンガリーならではの工芸品のお土産もここで買うことができます。市場の2階部分には食事ができる場所があるので、軽食がてら休憩を取る事もでき、観光にとてもおすすめの場所です。

基本情報

  • 住所:Budapest, Vámház krt. 1-3, 1093 ハンガリー
  • 営業時間:6時〜18時
  • アクセス方法:メトロ「Fővám tér駅」から徒歩1分
  • ホームページ:piaconline.hu

温泉都市ブダペストで1番人気の「セーチェニ温泉」

セーチェニ温泉

ブダペストは温泉都市と言われるほど、数多くの温泉浴場が存在し、その歴史は古代ローマ時代にまで遡ります。そんな温泉が無数にあるブダペストの中で、最大級の広さと人気を誇っているのが「セーチェニ温泉」です。

日本の温泉のイメージとは少し違い、どちらかというと屋外のプールのような広さと豪華さです。メインは外の温泉ですが、その他にも、もちろん室内温泉やサウナ、温泉フィットネスなどもあります。

軽食をとったり、ビールを飲むこともできるので、時間がある方は1日中いられるほど楽しいです。ブダペストに来た際は、是非ハンガリーならではの温泉文化をここで体験してみてください。

だだし、日本の温泉の入り方とは少し異なり、混浴・屋外がメインの温泉で水着が必須になるので、水着を用意してくださいね。

基本情報

  • 住所:Budapest, Állatkerti krt. 9-11, 1146 ハンガリー
  • 営業時間:6時〜22時
  • 入場料:平日5700HUF、休日5900HUF
  • アクセス方法:メトロ「Széchenyi fürdő駅」から徒歩3分
  • ホームページ:szechenyifurdo.hu

ブダペストを代表する豪華すぎる橋「セーチェニ鎖橋」

セーチェニ鎖橋

ブダペストに観光に来た際は、必ず見て・渡るべき橋が「セーチェニ鎖橋」です。実は、ブダペストはドナウ川という大きな川を挟んで、西がブダ地区、東はペスト地区と別れています。

セーチェニ鎖橋とは、そのブダ側とペスト側をつなぐ大きな橋で、その間を流れているドナウ川にかかっている橋です。鎖を垂らしたように見える橋という意味から、鎖橋と呼ばれてます。

特にこのセーチェニ鎖橋は、夜のライトアップされた際に訪れるのがおすすめです。ライトアップされた鎖橋と、その間のドナウ川、ブダ側に見えるブダ城とのコラボは、夜景が美しいことで知られるブダペストの中でも特に美しい光景です。

  • アクセス方法:トラム停留所「Eötvös tér」から徒歩6分

ブダペストのシンボル的存在「ブダ城(王宮)」

ブダ城(王宮)

ブダペストの建物の中でも、一際目立ち、その存在感を放っている城こそが「ブダ城」です。

この城はハンガリーの歴史を感じるのにぴったりの場所です。ブダ城の歴史は非常に長く、最初に建てられた時代は13世紀にも遡ります。しかし、その後の戦争や侵略などによって王宮は破壊と再建を繰り返し、1980年代にようやく現在の姿となりました。

ブダ城内は現在、「国立美術館」「ブダペスト歴史博物館」「セーチェ二国立図書館」になっており、一般公開されているので、ハンガリーの歴史や芸術に一気に触れる事ができます。

また、ブダ城は高台に位置しているので、ブダペストの街並みを見下ろす事ができ、絶景と呼べるほど綺麗です。もちろん夜景もとても綺麗なので、日が落ちる頃に訪れるのもおすすめです。

基本情報

  • 住所:Budapest, Szent György tér 2, 1014 ハンガリー
  • 営業時間:博物館・美術館10時〜18時、図書館9時〜20時
  • 入場料:博物館・美術館1800HUF(ハイシーズン料金あり)、図書館1200HUF
  • アクセス方法:メトロ「Batthyány tér駅」から徒歩10分
  • ホームページ:budavar.hu

ハンガリーの暗い歴史が知れる「恐怖の館」

恐怖の館

「恐怖の館」とは、ハンガリーが、かつてドイツやソ連の支配下にあった際の歴史についての博物館です。ハンガリーをより詳しく知るためには、絶対欠かせない観光スポットです。

博物館内は、当時の写真や遺品などの展示品から、実際その時代を生きた人々の映像などが展示されています。

博物館内の演出がとても凝っており、たくさんの映像や、迷路のようになっている部分があったりと、歴史を知る以外でもとても興味深く、近代歴史に興味がない方も学ぶものが多くある博物館です。

基本情報

  • 住所:Budapest, Andrássy út 60, 1062 ハンガリー
  • 営業時間:10時〜18時
  • 入場料:3000HUF
  • アクセス方法:メトロ「Vörösmarty utca駅」から徒歩1分
  • ホームページ:terrorhaza.hu

まとめ

ブダペストは毎日でも行きたい市場から、歴史的な博物館、何時間でも見ていられる夜景、1日中いられる温泉と本当に観光スポットが満載の都市です。

また、ハンガリーは観光地ではあるものの、ヨーロッパ全体の中でも非常に物価が安い国なので、ヨーロッパではあまりできない贅沢をすることができるのも嬉しいポイントですよね。

是非、今回紹介した観光スポットを訪れて、ブダペスト旅行を満喫してください。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
nao

nao

投稿者プロフィール

ただいま海外を放浪中! ヨーロッパを中心に旅しております。

海外暮らしのカテゴリ

ページ上部へ戻る