海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

アメリカに転職する方法とは?マル秘方法を伝授します

アメリカの都市

これまでに海外、特に夢の国アメリカで働いてみたいと思ったことはありませんか。人生は一度限り!アメリカン・ドリームを追いかけてみませんか?

でも実際、アメリカに転職するには何を準備すればいいのでしょうか。ここでは私の実体験をもとに、どのようにすればアメリカに転職することができるかお伝えしたいと思います。

アメリカ転職前に準備したこと

ビーチ

履歴書の更新

一番大切なことは履歴書の更新です。今までの経験を振り返り、資格も含め丁寧に記載しましょう。

また、アメリカへの転職にはどうしても英語の履歴書を用意する必要があります。最初は時間がかかりますが、一旦作成してしまえばあとは追記するだけなので、まず英語履歴書にとりかかりましょう。

英語があまり得意でないということで翻訳サーチを利用し、日本語履歴書をコピーペーストする方もいるかもしれませんが、これはすぐにばれてしまいます。高度な表現ではなく、自分が読んでわかる表現で地道に記載することをおすすめします。

日系企業は英語履歴書に加え、日本語履歴書も求めてくることがあるので、日本語履歴書も準備しておくと万全です。

自己分析

もう1つ大切なことは、自分のこれまでの社会人生活を振り返り、何が一番セールスポイントになるか自己分析をしておくことです。

新卒後の就職先ではどのような経験を積んでいるのか、どのような資格を取得して、そのおかげでどのようなプロジェクトに携わることができたのか。

自分自身の強みを自分で把握することにより、面接相手にも説得力のある説明ができるようになります。

アメリカの転職先の探し方

アメリカの夕焼け

転職エージェントの活用

アメリカの転職情報を多く持っているのは、やはり海外を専門とした人材紹介会社です。

もちろん日本国内が専門の人材派遣会社にも海外の転職情報は集まりますが、海外を専門にする人材派遣会社の情報網は大きく、各エリア(例えば東海岸のニューヨークや西海岸のロサンゼルスなど)ごとに転職情報が集まっています。

自分自身が働きたい、移り住みたいエリアを絞り込んで、具体的な転職情報を得ることができると思います。

友人に聞く

そのほか、アメリカに住んでいる友人や知り合いに問い合わせてみるのも方法の1つです。

転職情報で気にすべき点として、転職先の会社にビザサポートがあるかどうかということが挙げられます。

アメリカで働くには、アメリカ国民や永住者以外は就労ビザが必須になっています。近年では移民政策の転換期ということで、ビザ発給が厳しくなったり発給に時間がかかったりすることがあります。

そのため、多くの会社はそのような手続きをためらい、ビザサポートをするところが減る傾向にあります。まずは、転職情報からビザサポートをしている会社を探しましょう。

アメリカ転職面談で聞かれた質問内容

面談で何を聞かれるか不安になると思いますが、私がこれまでにされた質問を以下に挙げたいと思います。

  • なぜ海外に転職したいのか
  • これまでの職歴
  • 英語を通常どのくらい利用しているか(業務時間の何時間英語を利用しているか)
  • 福利厚生についての質問
  • 現在年収と希望年収 等

なぜアメリカで働きたいのか?理由を整理する

ここで重要なのは「なぜ海外に就職したいのか」と「現在年収と希望年収」だと思います。

まず海外で就職したい理由は何か、今一度頭の中で整理しておいた方が良いでしょう。優秀なアメリカ人は山ほどいます。その中で自分を売り込むセールスをしなくてはいけません。

また、上述したようにアメリカで働くためにはビザも必要です。内定を取ったとしてもビザが取れないと就職できません。

自分の経験が活かせる職場か

アメリカ政府もアメリカ人にできるだけ働いて欲しいので、なぜ日本人のあなたがアメリカで働かなくてはいけないのかをビザ面接で聞いてきます。自分が売りとする技術、アメリカ人にはない能力をその場でも説明する必要があります。

私の場合は日系企業に転職したわけですが、なぜ海外にて勤務したいかとの質問には、これまでの自分の経験が活かせる職場が海外であるという説明をしました。

長年日本企業の本社および海外拠点の両方を経験し、海外において本社の経営層へ日本語で説明をきめ細かく行うことができる調整能力があることをアピールしました。

希望年収の伝え方

「現在年収と希望年収」は、現地企業と日系企業では受け取り方が違うので使い分ける必要があると思います。現地企業には率直に金額を伝えて大丈夫ですが、日系企業では、希望年収の伝え方は少し気をつけた方がいいかもしれません。

特に物価や給与の高いアメリカでは、日系企業の本社勤務者より、アメリカ採用の現地社員の方が所得が高くなる傾向があります。

よって、ストレートにアメリカで一般的な高い希望年収を伝えると、日本人的感覚では採用側が「高いな」と感じるかもしれません。無難な答え方としては「与えられた職責に見合った年収」を希望するような表現が好ましいです。

もちろん、その後具体的な金額を教えてほしいと言ってきたら伝えても大丈夫ですし、オファーレター(内定通知書)を見てから金額交渉を行ってもいいでしょう。

アメリカ転職で大切なこと

ビーチ

アメリカ転職で大切なことは、「諦めない心を持ち続けること」だと思います。日本人はどうしても挑戦する前に、不安材料の情報を集めたり、失敗した場合のことを先に考える傾向があります。

もちろんリスク管理という面では正しいことですが、不安材料を先に集めると、チャレンジする気持ちにブレーキがかかってしまいます。

海外に転職することでメリットもたくさんあります。自分の時間が増え、能力が認められれば日本では考えられない高い報酬を手にすることも可能です。しっかり計画を立てて海外転職を進めていけば、思い悩むことは減っていくことでしょう。

アメリカで働く前に覚悟した方がいいこと

ビーチ

「働く」ということは生活の基盤も海外に移すということです。よって引越しが伴ってくるのですが、国内の引っ越しに比べて段違いの体力と気苦労があることは事実です。これを楽しめる前向きな気持ちが必要でしょう。

家を探したり、車を購入、銀行口座を開設したりするなど、日本では当たり前にできたことが文化や言葉の違う海外では苦労するので、何事も勉強だと思いトライしてみてください。

また、誰もが味わう英語の壁はどうしても避けて通ることはできません。私も8年以上海外で生活していますが、未だに聞き取れない英語が多々あります

最近は私の方も割り切っていて、わからない英語を喋る相手が悪いと自分に言い聞かせていますが。

アメリカ転職活動での失敗談

初めてオファーレター(内定通知書)をもらった時は舞い上がって、その日に承諾のサインをして返送してしまいました。よく考えると、もっと転職するアメリカの物価事情や給与事情をチェックしてから返答すればよかったと後悔しています。

アメリカは場所によっては日本では想像できないほど家賃が高かったり、教育費もかかったりするので、アメリカの事情に詳しい方や人材派遣会社にオファーレターの内容を吟味してもらうことや、自分でよく調べてから受諾することをおすすめします。

私が失敗したなと思うのは、子供の私立学校の教育費です。現在、日本の私立学校の2-3倍の教育費がかかっています。次年の年棒交渉の際にはその部分について触れてみようと考えています。

まとめ

私の海外転職に関わる経験を紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか。

アメリカの仕事は、個人を尊重し個性を高く評価します。また、自分の裁量で仕事をする範囲が広く、きちんと結果を残せば、なにも文句や苦情を言われることはありません。

またオンオフがはっきりしていて、家族との時間、自分の時間をたっぷり楽しむことができます。

人生は一度きり、ぜひ自分自身の可能性を高めるためにも海外に目を向けチャレンジしてみてはいかがでしょうか。アメリカは良い国ですよ。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る