海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

英語を使って仕事をしよう!フィリピンで海外就職(準備編)

フィリピンで海外就職

海外で英語を活かして仕事をしたい、英語力を身につけながら仕事をしたい。その夢、日本からたった4時間で行けるフィリピンで見つけることができます。

フィリピンは東南アジア最大の英語を公用語とする国です。企業で働くフィリピン人は、なまりの少ないアメリカ英語を話します。

そのおかげで、現在多くの外資系企業がフィリピンに参入し、コールセンターやアウトソーシング事業を展開しています。そんなフィリピン人に混じって、語学力をアップしながら働くものいいですよね。

今回はフィリピンでの就職についてご紹介します。

フィリピンではどんな求人があるのか

日本人、つまり日本語ネイティブスピーカーを求めている企業は業種を問わずさまざまです。

マニラ首都圏内では、コールセンターやITサポートなどアウトソーシング事業において、日本の個人・法人顧客へサービスを提供する業務が多くを占めています。

マニラ首都圏近郊では、自動車、バイクなど日本の製造業が多く進出しています。ここでは、製造業での経験を活かせるマネージャークラスの人材募集が多く見られます。

マニラ周辺で多い職種

マニラ圏内セールス(営業)、コールセンター、ITサポート、カスタマーサポート
マニラ近郊マネージャー、エンジニア、品質管理

フィリピン就職で生かせる自分の強みを把握する

フィリピンにどのような求人があるのかわかったら、次は自分の強みを把握しましょう。漠然とフィリピンで仕事をしたいというのも悪くはありませんが、自分の強みを生かせる仕事の方が何倍もやりがいを感じるはずです。

こういった自己分析は必ず役に立ちます。履歴書にも書けるので、この機会にやっておくと良いでしょう。

フィリピンの求人情報を探す方法(日本の大手人材紹介会社)

では、どのようにフィリピンでの求人を探せばよいのでしょうか。

最近では、日本の人材紹介会社からフィリピンへ就職もできます。まずは日本の大手のエージェントにいくつか登録して情報収集するのがいいでしょう。

リクルートエージェント

リクルート

リクルートエージェントは求人案件数や決定数が業界内でナンバーワンのエージェントです。日本国内にいながらフィリピンでの就職活動をするならとりあえず登録しておいて損はありません。アドバイザーが付いてくれるので、疑問点の洗い出しをしておきましょう。

外資転職.com(JACリクルートメント)

jac

海外求人を探すなら外すことができないのがJACリクルートメント。国内だけでなく、海外にも8拠点もの海外案件をもつ海外転職エージェントです。

レスポンスが早いので、海外就職で聞きたいことがあればとりあえず登録して聞いてみるのがいいでしょう。基本的にお問い合わせから24時間以内に返信が来ます。

フィリピンの求人情報を探す方法(フィリピンの人材紹介会社)

日本人求職者向けに就職先を斡旋している現地企業をご紹介します。

Sagass Consulting

フィリピンに現地法人を置く日本企業への就職斡旋に強い会社です。マニラ首都圏近郊の日系製造業への就職を希望するならば、問い合わせをしてみましょう。

日本人スタッフが日本語で対応してくれますので、英語に自信はなくても親切に対応してもらえます。

会社URL:http://www.sagass.com

 

J-K Network Manpower Services

こちらは、マニラ首都圏内の外資系企業からの求人情報を主に取り扱っているサービスです。

日本人スタッフもいるようですが、電話・メールなどの連絡は基本的にフィリピン人スタッフと英語でやり取りをすることになります。

やりとりするには多少の英語力が必要です。

会社URL:http://jkmanpower.jp-network-e.com/

 

Primer

マニラで発行されている、日本語無料マガジンを出版する出版社のウェブサイトです。主に日本企業からの求人情報を、自社サイトに掲載しています。

斡旋企業ではないので、よい求人情報を見つけたら、その会社に自分で連絡を取り就職活動を開始しましょう。

会社URL:http://primer.ph/

フィリピンでの就活には日英両方の履歴書を準備

フィリピンで海外就職

履歴書は、日本語・英語両方の履歴書を準備しておきましょう。日本企業であっても、人事はフィリピン人というところがほとんどです。

日本語ができるスタッフはあまりいないので、まずは英語で自分をアピールし、書類選考に通るようにしましょう。また、日英両方の履歴書の提出が求められる場合もあります。

英文履歴書は書いたことがないとちょっと戸惑うかもしれません。以下の記事で軽く目を通しておくと良いでしょう。

新卒でもフィリピン就職できるかな?

日本で学校を出てすぐに海外で働きたい!でも、新卒でも海外就職できるかと不安に思う人もいるでしょう。

フィリピンでいくつかの職場を経験した立場から考えを言うと、日本で社会人経験を積んでから海外で働くほうが有利だと考えます。

日本人は通常、即戦力として採用されます。現地採用の社員といっても、日本での新人研修で学ぶ基本的な「働くいろは」を身に着けていないと、「そんなことも知らないのか」と評価が低くなることもあるでしょう。

まとめ

フィリピンでは英語を使って仕事ができ、日本からわずか4時間で行ける職場です。自分の英語力を試してみたい人にはおすすめの国です。

もちろん文化的な違いもありますが、それも経験。自分だけの理想的な職場を探してみてくださいね!

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

 

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

海外就職・海外転職のカテゴリ

ページ上部へ戻る