海外求人サイトGuanxi

Guanxi Timesは海外就職・海外転職、海外で働くを身近にする情報メディアです

青く輝くアルゼンチンの大氷河!ペリトモレノ氷河を最大限に楽しむポイント5つ

  • 公開日:
  • 更新日:
ペリトモレノ氷河

「氷河」と言われて何を思い描きますか?南極大陸やグリーンランドにある広大な氷河をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

筆者も氷河といえば「険しい山々の間に、ひっそりと広がる一面の氷原。しんと静まり返る中、時折聞こえてくる氷の大地が割れる音……」と、このようなイメージを抱いていました。

日本から遠く離れた地に存在する印象のある氷河ですが、実は日本にもいくつかあります。例えば、2018年1月には、北アルプス・槍ヶ岳の一部に小さいながら氷河が存在していることが、専門家により発表されました。

今回は、南米・アルゼンチンにある「ペリトモレノ氷河」についてご紹介いたします。筆者が縁あって訪れた氷河ですが、かなりの大迫力でした。

みなさまが訪れる際の参考になりますよう、事前に頭に入れておくと役に立つ5つの情報をお伝えしたいと思います。どうぞお楽しみください。

ペリトモレノ氷河とは?訪れる前に知っておきたい基礎知識

ペリトモレノ氷河

氷河とは、山間のような傾斜した土地に、長年にわたって降り積もった雪や氷(万年雪)が圧縮されることで生まれます。

氷河はGlacier(スペイン語でグラシアール・英語でグレイサー)と呼ばれ、トレッキングやクルージングの際の人気スポットとなっています。

今回ご紹介する「ペリトモレノ氷河」は、南極、グリーンランドに次いで大きな氷河で、冬の最低気温が比較的高いため活発な動きを示すことが知られています。

太平洋からの湿った風がアンデス山脈の山々にぶつかって多くの雪が降り注ぎます。それがどんどん圧縮され、山のふもとの湖へと押し出されていきます。

雪や氷の中にある空気さえも圧縮してしまうので、ほとんどの波長の光が氷河の中を通り抜けます。唯一、波長の短い青色の光だけが氷河を反射するため、青白く見えるのだそうです。

「ペリトモレノ氷河」は1年に2mほど動いており、気温の比較的高い12月から3月の間には、巨大な氷の塊が轟音をあげて崩れていく様を見ることができます。

確実に青いペリトモレノ氷河を拝めるベストシーズンは?

ペリトモレノ氷河

ベストシーズンは、やはり気温が高く氷河の動きが活発な12月~3月ごろです。

しかし、夏場といえど訪れる先は山間部になりますので、天候が常に晴れとは限りません。カメラやスマートホン、本類など特に防水が必要なものはあらかじめ防水対策をしておくとよいでしょう。

念のため、カバンをすっぽり包めるぐらい大きなビニール袋などを持っていくと、より安心です。

また、遊歩道は雨が降るととても滑りやすくなります。快適に散策を楽しむためにも、靴底の溝が深い靴を履いていかれることをおすすめします。

筆者は1月末に訪れましたが、現地に滞在していた3時間余りの間に急に雨風が激しくなることが3度ほどありました。

4月に入ると紅葉が始まり、氷河を背景に美しく色づいた木々を写真に収めることができますが、積雪や霧などで近場の氷河しか見えなくなる可能性もあります。初めて訪れる際は、夏場のお天気がいい日を狙うのがおすすめです。

ペリトモレノ氷河を満足するために!かしこいツアーの選び方

ツアー

ツアーは「ペリトモレノ氷河」から一番近い町「エル・カラファテ」にあるツアー会社で予約することができます。ツアーの形はお手軽なものから、氷河の上を歩くものまで様々です。料金はそれぞれ以下を目安にしてください。

バスツアー

お手頃価格で、気軽に参加できます。バスに乗って氷河の近くまで行くツアーです。滞在先のホテルまでピックアップしてもらい、氷河近くの遊歩道まで送ってもらうツアーです。

送り迎えのみのものから、ガイドさんと一緒に遊歩道を歩いて散策するものまで、いろいろな形があります。1300アルゼンチンペソ(約3920円)程度です。

クルーズツアー

専用のクルーズ船に乗って、極限まで氷河に近づくことができます。氷河が崩れていく様を下から見ることができる、迫力満載のツアーです。料金は3200アルゼンチンペソ(約9700円)程度です。

トレッキングツアー

このツアーに参加すると、広大な氷河の上を歩くことができます。トレッキングはツアーに参加しないとできないので、お好きな方はぜひ申し込みましょう。

トレッキングに必要なアイゼンなどの装備は基本的にツアーに含まれますが、予約の際には必ず確認しましょう。料金は7400アルゼンチンペソ(約22300円)程度です。

ツアーに関する情報

ツアーによっては国立公園の入園料500アルゼンチンペソ(約1500円)や昼食代が含まれない可能性もありますので、ご注意ください。

また、英語ガイドをオプションとして追加できる場合もあります。コーディネーターさんとしっかり相談してみましょう。

国立公園内のツアーになるので、身分証確認が必須です。予約の時点で提出の必要がある可能性もありますので、パスポートは携帯するようにしましょう

最後に、お天気が変わりやすいので、滞在期間に余裕を持たせて現地で予約することをおすすめします。

ツアー会社のオフィスはいずれも町のメインストリート「Av. del Libertador(リベルタドール大通り)」にあるので、すぐに見つけることができます。

ちなみに、筆者はバスツアーで氷河を訪れましたが、駐車場が2か所ありもう少しで置いてけぼりを食らうところでした。集合場所の確認も、予約時に行ったほうが安心です。

予約ウェブサイトやツアー会社は、以下が代表的です。筆者はCal Tur社の送り迎えのみのツアーを利用しました。バスはきれいでしたし、終始安全運転でしたので、お得に旅をされたいという方には特におすすめです。

  • Viator(トリップアドバイザーの提携サイト):https://www.viator.com/El-Calafate-attractions/Perito-Moreno-Glacier/d935-a2764
  • Cal Tur社(バスツアー最安の会社):住所 Avenida San Martin 520, El Chalten Z9301ABA, Argentina
  • Hielo & Aventura社(トレッキングツアーの種類が豊富な会社):住所 Av. del Libertador 935, Z9405 El Calafate, Santa Cruz, Argentina

日焼け注意?!ペリトモレノ氷河を訪れる際の適した服装は?

木

夏場のエル・チャルテンの町は、太陽が出ればTシャツで過ごせるほどの陽気になります。また、氷河付近は太陽の光の照り返しによって明るく見えます。

しかし実際は、氷河付近の風は強く霧状の雨が降っていることが多く、芯まで冷え込む寒さです。

そのため、Tシャツの上から長そでシャツやウィンドブレーカーなどを重ね着することをおすすめします。

筆者が訪れた日は、冷たくて強い風が吹いていました。手袋を持っておらず、体の末端まで冷え切りましたので、みなさまは同じ轍を踏まれませんよう、しっかりと準備をして行ってくださいね。

また、太陽が顔を出すと、氷河からの照り返しが思いのほかまぶしいことがあります。念のため、サングラスや日焼け止めを持参すると安心です。

ダイナミックな絶景!ペリトモレノ氷河のおすすめビューポイント

マップ

上の写真の地図の黄色いラインが、氷河に一番近づけるルートです。氷河に極限まで近づいてみたい方は、ルート選択時にこのルートを選びましょう。

迫力満点の氷河の崩落を見るなら、ツアーの発着場所である案内所(地図上アルゼンチンの旗マーク)から一番近い展望台から右に降りて2番目の展望台Segundo Balcon(セグンド・バルコン)がおすすめです。

また、氷河を最も間近で見たい場合は、遊歩道の一番左側の展望台がおすすめです。このスポットなら、氷河の端が見えなくなるくらい近くで見ることができます。

氷河が崩れ去る瞬間には、雷のような大きな音が振動として体に感じることができます。ぜひ、氷河崩落の決定的瞬間をカメラに収めてみてくださいね。想像以上の爆音で、筆者はとても感動しました。

遊歩道のすぐ外側は急な斜面になっていて、物を落とすと取り戻すことができません。カメラやスマートフォンなど、撮影時には手すりの外側に落とさないよう特に注意して楽しみましょう。

また、斜面の下は湖ですので、手すりに乗り出しすぎて落下しないようにご注意ください。霧雨程度でも、遊歩道の手すりはかなり滑りやすくなっています。

まとめ

地球の反対側と日本からは遠い場所にはなりますが、南極やアイスランドよりは、比較的アクセスが良い氷河です。

何年もかけて築き上げられた広大な氷河が、その長い旅を終えて堂々と崩れゆく様は、一見の価値ありです。

トレッキングやクルージングなど、あなた好みのツアーをコーディネイトしてみてはいかがですか?その際はお天気のチェックもお忘れなく!

遥か彼方まで広がる大氷河、機会がございましたら、ぜひ一度訪れてみてくださいね。

海外求人

あなたの挑戦を待っている!あこがれの海外企業へ就職しよう(海外求人)

あわせて読みたい

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
Guanxi [グアンシー] 編集部

Guanxi [グアンシー] 編集部ブログの編集部員

投稿者プロフィール

Guanxi [グアンシー] ブログの編集部
海外就職・海外求人マッチングサービスGuanxiを運営しているIT企業。
世界各地をお仕事で飛び回っています。

世界各地で滞在し、見たもの、感じたもののリアルを届けます。

海外移住・生活のカテゴリ

海外求人・アジア就職を面白くするGuanxi(グアンシー)

ピックアップ

  1. 50代向け転職サイト
  2. 40代向け海外転職サイト
  3. 30代向け海外転職サイト
  4. 20代向け海外転職サイト
  5. 海外駐在員
  6. ビジネス

おすすめ記事

  1. グッドポイント診断
  2. 海外就職求人サイト
  3. シティ
  4. 楽天カード
  5. リクルートエージェント
ページ上部へ戻る